人気ブログランキング |
野鳥にも出会えるかも?
山陰オフ会編・第8回。


「松江フォーゲルパーク」は、名前だけは2001年に初めてこの地を訪れたときから知ってました。
そのときに一畑線全線を乗りとおしたのですが、駅名にその名があって
「変わった名前だなぁ、どんなとこなんだろう?」
って思った記憶がありました。
「フォーゲル」という言葉から、サークルにあった「ワンダーフォーゲル」に関係する何かなのかな?なんて思ったことも。
ちなみにこのときわたしがイメージしていた「ワンダーフォーゲル」とは、「山岳部」的な何かでした。

で、今さらながら調べてみました・・・。
「ワンダーフォーゲル」(Wandervogell)とはドイツ語(直訳)で「渡り鳥」を意味するんだそうです。
そして「フォーゲル」はドイツ語で「鳥」を意味すると。

なるほど~☆
これで長年どこかひっかかっていた疑問が解けました(^∇^)
余談ですが「vogell」の「o」の上には「ウムラウト」という記号がつきます。
でも、ここでは表記できないので省略してありますのでご注意を!


ワンダーフォーゲル@ウィキペディア
ウムラウト@ウィキペディア









c0081462_12534641.jpg
「サンショクキムネオオハシ」です。
ほかにもたくさんの種類がいるのですが、近くに人が来るとみんな奥のほうにいっちゃうんですよね(^^;
でもこの子は人慣れカメラ慣れしているのか、ガラスのすぐそばにいてくれました☆

ガラスの映り込みを最小限に抑えるため、レンズをガラスにくっつけて撮ってます。
でも、真正面ではないので少し映りこんじゃってますね~。
まぁ、これくらいは仕方ないかな?と(^^ゞ


c0081462_12593335.jpg
この日はペンギンのヒナが公開されていました。
ラッキー♪
まだ全身がもこもこの産毛で覆われています。


c0081462_1305378.jpg
カメラに向かって「なんだよ~!」

ヒナの公開は2月現在行われていないそうです。
ストレスになるからでしょうね。
3月下旬に再公開されるようなので、それまでお預けです。


c0081462_131244.jpg
屋外のペンギンプールの向こうは林になっています。
そこにはメジロが!
初メジロだったんですが、見事にブレてました。
VRつきなのに・・・・・アホー!>┼○
なのでトリミング後のアップでの写真はなしです(汗)


c0081462_1311345.jpg
水鳥池にはフォーゲルパークに住むものと、越冬にきたものが混在しているようです。
自由にえさを与えることができますが・・・。
ひとたびえさが投げ込まれるとご覧の通り、押すな押すなの大混雑になります(^^;


c0081462_131258.jpg
マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、そしてコクチョウがいます。
中にはほかの鳥を乗り越えようとしているのもいますね~!(笑)


c0081462_1314171.jpg
そんな喧騒をよそに、のんびりひなたぼっこをするペリカンたち。
真ん中の大きいのが「モモイロペリカン」です。
両側にいるのは「フィリピンペリカン」でしょうか。


c0081462_1315114.jpg
悠然と泳ぐモモイロペリカン。
目の周りにある皮膚の色が黄色なので、オスのようですね。
ここが赤いのがメスなのだそうです。


c0081462_132126.jpg
フクロウの飛行ショーでの一コマ。
ここのフクロウたちは一芸に秀でたものばかり。
この子は飛行ショーなのに、床をトコトコ散歩する姿を見せてくれます(^^)


c0081462_132960.jpg
こちらは「メンフクロウ」です。
飛行前にお客さんにこうしてお披露目するんですが、スタッフの指をずっとカジカジしていました(^^;


c0081462_1321693.jpg
飛行シーンにも挑戦!
こうして横に飛ぶのはオートAFが追従してくれますが、前後方向はさすがに弱いですね~。
背後にお客さんがいるような状況も厳しいです。
これは唯一まともに撮れたもの(^^ゞ
この後、輪くぐりをするパフォーマンスを見せてくれました。


c0081462_1322471.jpg
飛行ショーの後はお客さんとの記念撮影です。
メンフクロウと、掛川の「ポポちゃん」で一躍有名になった「アフリカオオコノハズク」がモデルです。
メンフクロウはモデル慣れしてるようでカメラ目線ですが、アフリカオオコノハズクはメンフクロウが気になるようですね。
そっちばかり向いてました(^^;


今回は撮ってないので載せていませんが、ここのベゴニアの展示数はハンパじゃなく多いです!
季節を問わず色とりどりの花が目を楽しませてくれるのでいいですね~♪


1~3枚目 D40+DX18-55mmⅡ
4~12枚目 D300+VR70-200mm+TC-E14 Ⅱ


次回は最終回、夕暮れの日御碕を歩きます。
by sampo_katze | 2008-02-22 17:45 | オフ会 | Comments(2)
Commented by mizuho-24 at 2008-02-23 10:26
こんにちわ♪(* ̄〓 ̄*)

7年目にして初めて足を踏み入れたというのがなんとも可笑しいですね♪ワハハハ!:・(*^∀^)∵
去年の出張の際にも不思議とここは素通りだったんですね~~~
掛川に定期的に通う猫さんにしては意外な事実でした~~
でも名前から山岳関係の施設かと勘違いするのは同感です。(笑)
鳥の写真つきの看板とかも一切無いですしねぇ・・・(^-^;)

今年の野望その9!掛川に行ってみたい~~~
Commented by sampo_katze at 2008-02-23 20:54
mizuhoさん、こんばんは♪

初めてここを通ったとき、掛川花鳥園の存在すら知らなかったですからね~。
わたしが掛川の存在を知ったのは2005年7月のことだし。
ん~でもって、去年のときは望遠をかついで来るなんてことは考えもしなかったし(^^;
もし、今くらい鳥撮りに興味があったら間違いなく訪ねてたでしょうね~。
ほかの荷物を減らしてでもVR70-200mmを担いで出張!なんてね(笑)

フォーゲル=山岳ってイメージ、日本人には多いんじゃないでしょうか。
国道の案内看板にはオオハシのイラストが一緒に描かれてますけど
それでも鳥とこんな風にふれあえる施設とは想像できないですし(^^;

>今年の野望その9!

その1~8はどうなんでしょ?(笑)


<< 終わりよければ? 冬でも常春? >>