野鳥の宝庫
出雲探訪編・最終回。


3日目。
この日は午後1時過ぎの飛行機で東京に戻ります。
本当ならもう一本後の飛行機にしたかったんですが、
帰りは飛行機にしようか電車にしようか迷っているうちに満席になってしまいました。
おまけにこの飛行機も残りわずかに!
最終便で帰ると翌日がつらいし・・・(一度乗ったことがあるんですが、ほんとしんどい( ̄д ̄;)
ということで、あわててこの便を押さえたというわけです。


そんなこんなであまり遠出もできませんので、定番の出雲大社を訪ねることにしました。
今年から5年間に渡って「平成の大遷宮」が行われます。
来る4月20日に執り行われる「仮殿遷座祭」を皮切りに、本殿の屋根の葺き替えを始めとする大改修がなされるんですね。
当然、現在の本殿を外から見られるのは今シーズン限り。
完成は2013年5月を予定していて、それまでは現在の拝殿が大国様の「御仮殿」となるわけです。


出雲大社公式HP









c0081462_12352859.jpg
境内の西にあるこの巨大な建物は「神楽殿」
本殿や拝殿と比べると妙に新しい建物に見えたので今まで素通りしてました。
mizuhoさんには「なんで~!?」と、あきられてしまいましたが(^^;
何しろ拝殿の注連縄よりこちらのほうが大きいってことも、知りませんでしたし(汗)


c0081462_1248634.jpg
拝殿よりたくさんの小銭が注連縄にささっています。
この日は注連縄に湿気があって固くなっていました。
よく下から投げつけてさそうとする人がいますが、よくささるもんだと感心します(^^;


c0081462_12481177.jpg
大きな注連縄も固定は意外とシンプルにされていました。
こんなんで重さ5トンもあるものをよく支えてるな~と、またまた驚き☆


c0081462_1248174.jpg
朝日を受ける本殿。
1953年(昭和28年)の「昭和の大遷宮」から55年の歳月を経ています。
檜皮葺(ひわだぶき・ヒノキの樹皮を用いた屋根葺のこと)の屋根からは湯気が立っていました。
次にこの姿を見られるのは5年後です。
それまでに来る機会があれば別ですが・・・(^∇^ゞ


c0081462_12482272.jpg
本殿の北西角にあるのが「彰古館」。
1914年(大正3年)に宝物館として建てられたものだそうです。


c0081462_12482752.jpg
窓も雨戸も木製です。


c0081462_12483329.jpg
本殿の裏手の地面は苔むしています。
表とはちがい、静かでゆったりとした時間が流れているように感じます。


c0081462_12483810.jpg
普段は、参道を抜けた正面に大きな注連縄がある拝殿が見られます。
しかし、今年は御仮殿にするための工事が行われているため周囲に囲いがされていました。

囲い越しに屋根で遊ぶスズメを撮っていたら、mizuhoさんが瓦のところに「ハートマーク」を発見☆
わたしも望遠でのぞいて見たら・・・・・あった♪



本殿の周囲にある「十九社」のあたりを歩いてる途中、キクイタダキがいました。
でも、森の中で薄暗かったのでふたりで大苦戦!
わたしなんかピントが全然合わせられませんでした・・・・・>┼○

そして、参道を歩いているとハクセキレイが芝生の上をちょこちょこ。
ツグミもいそうな雰囲気。
そうして、しばし鳥探しとなりました。


c0081462_12484479.jpg
ヤマちゃんこと「ヤマガラ」出現!
ようやくつかまえました。
やや甘めなのはご容赦!(^^ゞ


c0081462_12485220.jpg
枝の間にキクちゃんこと「キクイタダキ」発見!!
でも、ちっちゃーー!!!>┼○


c0081462_12485794.jpg
芝生にツグミンこと「ツグミ」発見!
ちっちゃかったけどピントが来てそうだったので、必殺・原寸トリミ~ング!!


とまぁ・・・・・収穫はこの程度でしたが、結構楽しめました♪


c0081462_1249389.jpg
参道の入口から大社駅方面をのぞみます。
風もなく、ほんとにいい天気でした(^^)


c0081462_1249870.jpg
お昼ごはんは、無料駐車場ちかくにあるそばや「八雲」で。
いつもなら「五色割り子そば」なんですが、今回はmizuhoさんオススメの「にしんそば」にしました。
やや甘めのつゆとみがきにしんがおいしかったです♪

そば処 八雲


c0081462_12492590.jpg
まだ少し時間がありそうなので、境内に戻ってみます。
すると「アカタテハ」が日向ぼっこをしていました。



このチョウ、成虫の状態で越冬するんだそうです。
よく見てみると、体にたくさんの毛が生えているのがわかりました。
これが防寒の役割をしているんでしょうね。

※写真をクリックすると、アップ写真が見られます。
 念のため、虫が苦手な方はご注意ください。


アカタテハ@ウィキペディア


c0081462_13242497.jpg
撮影状況はこんな感じです(^^ゞ


この後、出雲空港まで送っていただきました。
当日行われていたマラソンの交通規制でちょっとハラハラでしたけどね(^^;
でも、空港についてみたら手荷物チェックの長い列ができていたのでちょっと安心(笑)


今回の3日間も天気に恵まれ、盛りだくさんのオフになりました。
mizuhoさん、ほんとうにありがとうございました!


1~7、12、13枚目 D40+DX17-55mm
8~11枚目 D300+VR70-200mm
14、15枚目(リンク先も含む) D300+VR105mm/micro
16枚目 D300+AiAF35mmF2D(mizuhoさん撮影)


次回は番外編、夕暮れの羽田国際空港です。
by sampo_katze | 2008-03-17 20:15 | 山陰・山陽 | Comments(4)
Commented by ironsky at 2008-03-17 23:29
出雲大社、さすがですね。
スケールが違います。
一度行ってみたいところです。
おそばがとても美味しそうです。
Commented by OM1ユーザー at 2008-03-18 23:57 x
今年から5年間に渡って「平成の大遷宮」が行われるのですか。
もう当分今までの姿は見られなくなってしまうのですね。

今まで神楽殿には全く気がつきませんでした。
ましてやそこに大きな注連縄があることなんか、今度行った時は必ず見たいと思います。

今回は野鳥と蝶も撮られたんですね、キクイタダキは私も挑戦したことがありましたが、動きが激しくて非常に難しいですね。

家内の実家は出雲空港の近くに(車で5分位)あります。
この空港が出来て本当に便利になりました。
Commented by sampo_katze at 2008-03-20 09:21
ironさん、おはようございます♪

出雲大社は何度来てもいいです!
本殿は周りからしか見られないんですが、それでも圧倒的に大きいですしね。
これが創建当時はもっと高いところにあったというのだから驚きです(^^)

ただ、今後5年間はこの本殿に覆いがされます。
もし行かれるなら4月中旬までか、5年後になってしまいますね(^^;

八雲のそばはおいしかったです♪
今後はにしんそばが定番になりそうな感じでした。
Commented by sampo_katze at 2008-03-20 09:30
OM1ユーザーさん、おはようございます♪

そうなんです。
あの壮大な本殿が5年もの間、覆いがされて見えなくなってしまうそうです。
その間、修復されますので5年後が楽しみではあるのですが
ちょっと長いですね~(^^;
でも、その間に丁寧に修復されるわけですから楽しみに待つだけですね!

神楽殿の今の建物は昭和56年に建てられたものだそうです。
日本一の大注連縄もこのときにかけられたのかもしれないですね。
わたしもここには・・・5、6回は来てるはずなんですが初見でした(笑)

今回はmizuhoさんと一緒だったこともあって、野鳥撮りにかなりはまりました(^^ゞ
仰るとおり、キクイタダキはほんと難しいです!
木々の間を移動するものですから、暗くてピント合わせからして大変ですからね~。
もちろん、慣れもあるかとは思いますが・・・難易度は相当高いです(汗)

出雲空港はわたしも松江に行くときはよく利用します。
高速道路がもう少し空港近くまで伸びていると、もっと便利になると思うんですけどね~。


<< 機械の翼 天使の梯子 >>