雪辱戦?
山陰散歩編・第2回。


山陰はコンデジ時代から何度も来ていますが、
不思議と雨が降っていたという記憶は少ないです。

その反面、夕焼けの名所が多いにもかかわらずいいシーンにめぐり合うことがないんですよね~(^^;
うまくバランスが取れているというのか、なんというか・・・(苦笑)
まぁ、わたし自身の土地勘の悪さとかタイミングもあるんでしょうけどね~。


特に昨年の宍道湖での夕景は「最高の夕日」が見られたはずなのに
「最大の選択ミス」のおかげで見はぐりました・・・・・>┼○
その失敗のすべて(?)は、昨年3月の記事「落日」にあります。


でも、今回はタイミングはバッチリ☆
同じ轍を踏まないようにちゃんと考えてきました!
ただ、そういうときはたいてい雲が広がったりして夕日が見えないことが多いです。
「夕焼けマーフィーの法則」ってやつですよね~。

橋の上から見えた「雲間からの日差し」も、美術館のあたりでは隠れてしまっていたし・・・・・。
あぁ、またあのときと同じことが繰り返されてしまうのか~!?










c0081462_1425140.jpg
前回のお地蔵様を撮ったあたり。
雲間が広がって、光の筋が増えてきました☆
わー!これはまさに宍道湖の守り神のご加護だ!!

そう思って、光のカーテンと島が重なる位置まで急いで歩きました!(汗)






c0081462_142574.jpg



c0081462_14324.jpg



c0081462_143626.jpg



c0081462_1431068.jpg



c0081462_1431543.jpg



c0081462_1431967.jpg
刻一刻とその姿を変える光。
それにすっかり魅せられてました。


c0081462_1432460.jpg
湖岸の石畳の上を歩いていた一人の女性。
白い帽子と風になびくコート。
思わず撮らずにはいられませんでした。



その後もしばらく光のショーを楽しみました。



・・・・・ふと光の方向をみて思う。

「もしかしたら、出雲のほうがきれいに見えたのかもしれない」






だめだだめだ!

写真には「タラ、レバ」は厳禁なんだー!!






c0081462_1432954.jpg
帰り際にもう一度、お地蔵様の前を通り心を鎮めます。


「写真は心で・・・」

穏やかな湖面を見ていると、そんな諭しの言葉が聞こえてくるようでした。



c0081462_1433346.jpg
美術館の手前にある屋外オブジェのひとつ「風門」(WIND GATE)です。
その向こうの湖面を遊覧船が走っていきました。


c0081462_1434182.jpg
電車の時間があるので、暗くなるまでねばれませんでした。
というか、三脚がないのでどちらにしても無理なんですけどね(苦笑)

でも、どうしてもこの赤く染まった光だけは押さえておきたくて・・・。
さすがにあまりきれいに撮れませんでしたが(^^ゞ


1、6~10枚目 D40+DX18-55mmⅡ
2~5、11枚目 D40+VR70-200mm


次回は、陽春の大山を訪ねます。
by sampo_katze | 2008-05-10 16:00 | 山陰・山陽 | Comments(8)
Commented by OM1ユーザー at 2008-05-10 22:16 x
またまた出雲に行かれたんですね。

嫁が島の後ろの光のカーテンが刻一刻と変わる様子が分かります。

二度と同じ景色は撮れない一回限りの自然が作り出すパノラマショウですね。

この後電車に乗ってお泊まりは何処だったのでしょうか。
Commented by 放浪中 at 2008-05-10 22:30 x
こんばんわ!

ひかりのカーテンはすごい素敵ですね。
別世界のような感じがします。

そうそう、「写真はココロで」です。
決して「写真はフトコロで」ではありません(笑)
Commented by xharadax at 2008-05-11 04:44
おはようございます(^_^)

光が変化していくさまがよく分かりますね
しかし、夕焼けを撮るのは難しそうですね
もう少し赤く染まった空を見てみたい、、、、って
言いたい事を言っちゃってます(^◇^;)

縦構図の写真が好きです。
これが真っ赤に染まっていたらきれいでしょうね、、、
あ、たら、れば、、、は無しでしたねm(_ _)m
Commented by mizuho-24 at 2008-05-12 17:55
コンバンワ☆(〃゚∇゚〃) ☆

なかなか思うように行かないのが
自然相手の難しい所であり
いい所でありもあり・・・
だから同じ場所で同じ場面を撮っても飽きないというか。
特に夕暮れってその最たるものだなぁ~って思いますね♪

今回の夕暮れはすごいドラマチックに展開する光を追えてさぞ楽しかったと事思います。

どうなるんだ~
どうなるんだ~
おおおおおお!!!!
む?もしかして・・・
ドキドキ!!

そんな先の展開の読めない夕暮れという印象ですね~~
あの日は宍道湖で撮って正解だったですよ!!(笑)
ステキな彼女もいたし!!(爆)

でもいつか思い描く夕日が撮れる日が来るといいですね!
Commented by sampo_katze at 2008-05-13 07:58
OM1ユーザーさん、おはようございます♪

またまた行ってきちゃいました(^^ゞ
っても、仕事がらみですけどね。

嫁が島の夕景はほんとにすばらしいです。
天使のはしごが刻一刻と変わっていくので、撮っても撮ってもあきませんでした☆

この日は、出雲市に泊まりました。
一畑線に乗るのですが、1時間に1本でしたから・・・(^^;
あったかい日だったら1本遅らせてもよかったんですけどね。
Commented by sampo_katze at 2008-05-13 08:00
放浪中さん、おはようございます♪

光のカーテンは「天使のはしご」と呼ばれますが
まさに別世界のものですよね☆
これが雲の流れに合わせて姿を変えていくのですからたまりません!

>決して「写真はフトコロで」ではありません(笑)

思わず吹出しちゃいました(爆)
Commented by sampo_katze at 2008-05-13 08:03
haradaさん、おはようございます♪

光の変化を追いかけるのは楽しかったです(^^)
でも、おっしゃるとおりもう少し赤く染まっていたらなぁと。
ちょっと空気が澄んでたからかもしれませんね。
まぁ、この光のショーが見られただけでもよしとしないと
バチがあたりそうです(笑)

縦構図は7枚目ですかね?
手前に広がる雲を広角で取り込んでみたもので、個人的にも気に入ってます☆
これがもっと赤くなってたら最高なんですけどねぇ・・・・・。

あれ??(笑)
Commented by sampo_katze at 2008-05-13 08:12
み~さん、おはようございます♪

ほんとになかなか思い通りにいかないですよね~。
日の沈む時間はわかるけど、天気や雲の動きはわからないし。
でも、今回はいいシーンにめぐり合えてよかったです(^^)
まだまだ満足はしてないから、また機会があったら来ると思いますが(笑)

光のカーテンは、まるで風にふかれてたなびいてるような変化をするんですね~。
見ててほんとに飽きません。
デジタルでよかった~、と思う瞬間でもありますね(^∇^)

素敵な彼女?
う~ん・・・・・やっぱりみ~さんにいてほしかったよ♪


<< 山の春 湖畔の道 >>