人気ブログランキング |
屋内で花マクロ
夢の島熱帯植物館編・第1回。


5月の連休、前半は天気がよかったのに体調がわるかったのでどこにも行けませんでした。
で、後半ようやくよくなってきたと思ったらそれにあわせるかのように天気が悪くなるし・・・・・>┼○
でも、そのまま無為に過ごすのももったいない。
ということで雨でも撮影できる「夢の島熱帯植物館」に行ってみることにしました。


「夢の島」は、もともと東京湾に飛行場を造る目的で埋め立てられたことが始まりなんだそうです。
戦前の1939年(昭和14年)のことです。
しかし資材不足からこの計画は頓挫し、しばらくは海水浴場として賑わっていました。

戦後の1950年代には復興とともに増大した東京都内のごみを処分する場所に決定。
1957年(昭和32年)12月から1967年(昭和42年)まで埋め立てが続きました。
その間、「夢の島」=「ゴミの島」というイメージが徐々に定着していったようです。

しかし1978年(昭和53年)の「都立 夢の島公園」開業に伴って整備が進み
かつてのゴミの島は都内有数の緑地地帯へと変貌を遂げていきました。
現在では陸上競技場をはじめとするスポーツ施設が充実し、
周辺地域は東京湾の夜景鑑賞スポットとしても注目されています。


前置きが長くなりましたが、今回は温室植物の定番といえるものを紹介します(^^)


都立 夢の島公園
夢の島@Wiki









c0081462_21481315.jpg
温室を入ってすぐのところで出迎えてくれた「フウリンブッソウゲ」です。
漢字で書くと「風鈴仏桑華」。

このしべのかたち・・・どこかで見たような気がしませんか?
実はこの花、「コーラル・ハイビスカス」という別名を持つ「ハイビスカス」の一種なんです。
漢字の「仏桑華」は(一般的に)ハイビスカスのことを指し、その花の形が風鈴のように見えることからこの名がついたようです。


ハイビスカス@Wiki



c0081462_21453580.jpg
「ブーゲンビレア」です。
赤が一般的ですが、このときはピンク系の花が満開になってました(^^)

フランスの科学者で探検家 「ルイ・アントワーヌ・ブガンビユ」が初めて発見したことにちなんで命名されたのだそう。
花言葉がまた素敵で「あなたは魅力に満ちている」!!


c0081462_21462328.jpg
といっても、ピンクに見える部分はガク。
真ん中に見える白いのが花です。


c0081462_21483059.jpg
真っ赤なうちわからニョキっと伸びた天狗の鼻??
なんとも不思議な形をしかこの花は「アンスリウム」といいます。
別名の「ベニウチワ」のほうが日本人には親しみやすいかも?(^^)


c0081462_21483647.jpg
これって見た目では、どこまでが花なのかわかりませんよね(^^;

一番目立つ赤い部分は花びらではなく「仏炎包」(ぶつえんほう)といって、葉が変化したものです。
花は長く伸びた黄色い部分にたくさん並んで咲いています。


c0081462_21484112.jpg
別の花に小さなカタツムリがいました。
今年生まれたばかりのようですね。
花の先端がなくなってるところを見ると、食べられてしまったのかも?(^^;


c0081462_21484876.jpg
観葉植物の「ピレア」
小さな花が咲いていました。


c0081462_21485341.jpg
「ベゴニア」。
葉っぱの間から並んで顔を出していました(^^)

ベゴニアにはこのように小さな花をつけるもののほか、大輪の花をつけるものがあります。
松江フォーゲルパークのベゴニアは種類も豊富でしたね~☆


c0081462_21485970.jpg
「ベニヒモノキ」、再び。
周りの青々とした葉で赤い花をより引き立てるようにしてみました。


c0081462_2149526.jpg
黄色の穂先から白い花が顔を出しています。
この花は「パキスタキス・ルテア」。
ギリシャ語の「pachys(太い)+ stachys(穂)」が名前の由来で、「lutea」は黄色を意味します。


c0081462_2149118.jpg
巣から顔を出して大きな口を開けてえさをねだるヒナのようですね(^^)


c0081462_21491721.jpg
このように中段から咲くこともあります。
もう少し遅ければ、もっとたくさんの白い花が見られたかもしれません。


c0081462_21492299.jpg
奥のほうに咲いていた赤い花。
名前は「メガスケパスマ・ エリスロチラミス」と、ちょっと舌をかみそうな長い名前です(^^;
パキスタキスそっくりなのは同じ「キツネノマゴ科」だからかも?
先のほうはきれいに咲いていたのですが、それ以外はちょっと時期が遅かったよう。
なので手前の葉っぱでちょっと隠して・・・・・。


1~2、4、5、7枚目 D300+VR105mm/micro+TC-14EⅡ
3、6、8~13枚目 D300+VR105mm/micro


次回は小笠原諸島をメインとした亜熱帯植物をご紹介します。
by sampo_katze | 2008-05-22 21:00 | マクロ | Comments(2)
Commented by 放浪中 at 2008-05-23 06:21 x
ココは現役時代に練習へ行く途中にあったので何度も前を通過してましたが、一度も入ったことありませんでした。

小さいカタツムリ、ホントにちっちゃい(笑)

猫さんはいろんな花を本当によくご存知で感心させられます。
Commented by sampo_katze at 2008-05-23 22:05
放浪中さん、こんばんは♪

練習というと、あのあたりかな?
近くに体育館とかありますものね(^^)

ここの植物館は、全館温室なので雨の日でも大丈夫なのがありがたいんですよ~。
日が差さないと撮影条件はかなり厳しいんですけどね(苦笑)
でも、最近の機種は高感度でも安心して使えるので助かりますね☆

小さいカタツムリは偶然見つけました!
カタツムリ自体が見るのが久しぶりだったんですが
こんなに小さい個体は初めてです。

花の名前ですが、名札があるものについては
花を撮った後に一緒に名札を撮るようにしてるんです(^^;
そうしないと後でわからなくなるものですから(笑)


<< 亜熱帯の花 宍道湖の夕景・再び >>