亜熱帯の花
夢の島熱帯植物館編・第2回。


夢の島熱帯植物館は、AドームからCドームまで大きくわけで3つの温室があります。
といっても各ドームはつながっているんですけどね。

Aドームは熱帯のジャングルをイメージしたもの。
Bドームは同じ熱帯で、食物など生活に役立つものがメインです。
そして、Cドームは東京都の亜熱帯・小笠原諸島の植物が集められています。

小笠原は東京都といっても、都心から南へ1000kmの距離。
そこでしか見られない固有種もたくさんあるんですが、ここではその一部を見ることができます。
高山植物などは現地に行かないとなかなか見られませんが(^^;


小笠原村









c0081462_2281014.jpg
温室の入り口付近に咲いていました。
名札から「インドボダイジュ」と思ったんですが、ちがっていたようです・・・(汗)

白いほうずきの実のような中から、こんな鮮やかな赤い花が顔を出しているというのが面白いです☆
ちょっと窮屈そうですけどね(^∇^;


c0081462_2281762.jpg
前回紹介した「パキスタキス」とよく似た花が咲いています。
この花の名前は「コエビソウ」
見た目がエビの背中に見えたことからつけられたんでしょうね。

別名に「ベロペロネ」(Beloperone)というのがあります。
ギリシア語で「矢のとめ金」を意味するのだとか。
人種によって連想するものがちがうので、呼び方もさまざまということですね。


c0081462_2282887.jpg
花の部分をアップに。
ここだけ見るとエビっぽさはなくなります(笑)


c0081462_2283479.jpg
アオイ科の「ウナズキヒメフヨウ」です。
グミのような実がなっていました。


c0081462_2283919.jpg
黄色い花は「マンデヴィラ・ボリビエンシス」の「サマードレス」。
「キョウチクトウ」という聞きなれない花の仲間だそうです。

キョウチクトウ科@Wiki


c0081462_2284635.jpg
「ペンタス」。
星型をしたきれいな花ですね♪

「ペンタ」でピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんね。
5枚の花弁を持つことから、その名がついたのだそうです。
ギリシア語で5は「ペンタ」(pente)ですから。


c0081462_2285239.jpg
「コダチヤハズカズラ」。
これも「パキスタキス」などと同じ「キツネノマゴ科」に属する植物だそうです。
花の見た目はぜんぜんちがいますけどね(^^;
でも、花びらの根元の辺りにそれらしき形が見えるかな?


c0081462_2285858.jpg
真横から見ると、花の大きさの割につるが細いです。
絶妙なバランスって感じがしました☆


c0081462_229487.jpg
「サンタンカ」。
花の色から「イクソラ・キネンシス」という品種のようですね。
丸っこい部分がグーにした手みたいに見えます(^^)

「イクソラ」(Ixora)とはサンスクリット語の「シバ神」をポルトガル語訳した言葉で、
シバ神にこの花をお供えしたことに由来するのだそう。
原産地は中国南部やマレー半島なのに、なぜポルトガル語なのかは・・・??


c0081462_2291018.jpg
「ムニンヒメツバキ」。
小笠原諸島の固有種で、村の花にも指定されているそうです。


c0081462_2291694.jpg
外はあいにくの曇り空でしたが、玉ボケにはちょうどいい明るさかも?


c0081462_2292238.jpg
「シクンシ」。
咲き始めは白く、時間が経つにつれてだんだん赤くなる不思議な特徴を持っているそうです。

花の部分の伸びかたもちょっと変わってますね。
つぼみのときは外側に向いてるんですけど、咲いた花は内側に戻ってくるようです。


c0081462_2292826.jpg
雨が上がったので、バルコニーに出てみました。
そこにあった、たわしみたいな植物。
これは「ヒース バンクシア」といいます。

バンクシア@Wiki


c0081462_2293498.jpg
雨上がりなので水滴がたくさんついていました。
この茶色く見える部分は花なんだそうです!


c0081462_2294130.jpg
同じくバルコニーに咲いていた、白い小さな花。
「ライスフラワー」です。


c0081462_229473.jpg
まだ開花前で、つぼみがほとんどでした。
このつぼみが米粒に似ていることからその名がつけられたのだそうです。
じっと見ていたら、「ライスチョコ」が頭に浮かびました(^^;


1~3枚目 D300+VR105mm/micro+TC-14EⅡ
ほかはすべて D300+VR105mm/micro


次回は、ちょっとコワイ・・・?
by sampo_katze | 2008-05-24 17:00 | マクロ | Comments(6)
Commented by xharadax at 2008-05-25 04:43
おはようございます(^_^)
ちょっとごぶさたですm(_ _)m

3枚目のアップは良く見るとエイリアンみたいで怖いです(^◇^;)
次のウナズキヒメフヨウのグミみたいな実はすごく美味しそうですね。
つまむとプニ!ってしそうで、、、食べてみたくなっちゃいました

8枚目の写真は背景のボケが美しくて花が引き立って見えました。

3枚目まではマクロレンズとテレコンの組み合わせなのですね。
私も純正のテレコンを買おうかな、、、
って、機材をそろえてもすばらしい写真を撮ることは出来ないか、、、(^◇^;)
Commented by at 2008-05-25 10:56 x
こんにちは。

1枚目の花が被写体として楽しそうだね~♪

色鮮やかな花たちと猫の目マクロにマクロ魂に火が
入りましたよ~ありがと(笑)
Commented by tamayouchan at 2008-05-25 15:40
猫さん、こんにちは~♪^^*/

1枚目、面白いですね。
顔のほっぺ・・・
両側から、ぶちゅーってつぶしたように見えました。ヽ(*^。^*)ノ
こういうのの目のつけどころは、
猫さんならではですね。(^_-)☆

>「ヒース バンクシア」
も面白いですね。
”たわしみたいな…”
…このコメント、思わずわらっちゃいました。

水滴の大きさがいろいろあって、
とっても綺麗ですね。*^^*
Commented by sampo_katze at 2008-05-26 20:28
haradaさん、こんばんは♪

そうそう!
3枚目もそうなんですが、この仲間の花はアップにすると
ちょっぴりコワイ感じなんですよね(^^;
色が白いのでまだマシかもしれないんですが。

フヨウの実はほんとにおいしそうですよね!
「食べられません」とは書いてなかったから、食べられるのかなぁ?
なんちゃって☆

マクロとテレコンの組み合わせはなかなかいいですよ♪
お手軽望遠マクロになりますからね。
でも温室の中では長すぎるので、屋外限定になっちゃいますが(^∇^;
Commented by sampo_katze at 2008-05-26 20:30
おとさん、こんばんは♪

1枚目の花はインパクトもありますからね。
ホウズキと逆の色になってますし、中から鮮やかな花が顔を出すという
かなり変わった花ですし(^^)

この日は雨で光が少なかったので、大変でした(汗)
でも、天気や季節に関係なく花が楽しめるのでいいですよ♪
わたしもひさしぶりにマクロを堪能しましたから!
Commented by sampo_katze at 2008-05-26 20:34
たまさん、こんばんは♪

1枚目はまさに「ムギュー!」って感じでしょ?
でも、両手に花って感じじゃないんですよね(^∇^;
色の組み合わせもいいんですが、見た目の面白さに引かれて撮りました(笑)

たわしみたいなのは、色といい形といい
それ以外に思いつかなかったんですよ~!
ちょうどコップを洗うような形をしてますしね♪

これも雨上がりでなかったら、単なるたわしで終わってたかもしれません(笑)
でも、たくさんの水滴がついてくれたおかげできれいな感じが出せたかな?って思います(^^)


<< 生き抜くための進化 屋内で花マクロ >>