小さなもの、大きなもの
東武動物公園編・最終回。


今回は連休中ということで、ほんとにたくさんのお客さんが来ていました。
当然小さなお子さん連れの方も多いので、歩くときは気を使います。
カメラを肩からぶら下げると頭に当たりそうな高さにくるものですから(^^;

あとは撮影ポジションですね~。
動物園はやっぱり子供が主役。
大の大人がずっといいところにいるわけにもいきませんしね(笑)

それでも、天気はそこそこよかったですし
久しぶりに楽しい雰囲気も味わえたのでよかったです☆









c0081462_12181551.jpg
「二ホンリス」です。
主に本州に分布することから「ホンドリス」と呼ばれることも。
北海道でのみ見られる「エゾリス」と、どこがちがうのかはわかりません(^^;


リス@Wiki


c0081462_12182127.jpg
クリクリな目とピンと立てたふさふさのしっぽがかわいい☆
耳の先から伸びてる毛もいいですね~!
ちなみに、この子はオスのようです。


c0081462_12182651.jpg
うろにはメスと思しき子がいました。
入り口から顔を出してくれてましたが、それ以上は出てきてくれませんでした。
人が多かったからかなぁ(^^;


c0081462_12183284.jpg
こちらは「ホンドタヌキ」
俗に「狸寝入り」なんていうのがありますが、こちらは正真正銘の完全な「熟睡状態」です(笑)

この「狸寝入り」、猟師の撃った銃声に驚いて「気絶」してしまうことからきているのだそうです。
猟師は仕留めたと思って持ち帰ろうと思ったところ、気絶していたタヌキが目を覚まし
そのまま逃げてしまうという状況から生まれた言葉のようです。
海外ではこのことを「Fox sleep」(狐寝入り)というそうで。
「キツネとタヌキの化かしあい」なんて言葉がありますが、化かされるのは人間だけのようですね(^^;

タヌキ@Wiki


c0081462_12183745.jpg
お食事中の「カバ」です。
大きな干草のかたまりを口の中でころがしながら、少しずつ飲み込んでいるような感じでした。
人間で言うと、アメをなめてるような感じかな?
カバの食事風景を目の当たりにしたのって、実はこれが初めてなんです(^^;


ちなみにカバは漢字で書くと「河馬」で、読み方そのままですね。
呼び名の由来ですが、英語名の「Hippopotamus」(ヒポポタマス)が
ギリシャ語で馬を意味する「hippos」と川を意味する「potamos」を語源としているとされ
これを直訳して「川(河)の馬」、つまり「カバ」となったのだそうです。

カバ@Wiki


c0081462_12184295.jpg
見た目はおとなしくてかわいいイメージがありますが
口元を見てみると・・・・・こんなに鋭い歯を持ってます!
いや、これは歯というより牙ですよ。
草食動物にはあまり似つかわしくないものですが(汗)
でも野生のカバは意外と獰猛で、アフリカでもっとも危険な動物は現地の人に言わせると「カバ」なんだとか。

そういえば、ここの初代園長の「西山登志雄」(にしやまとしお)さん、
「カバ園長」の愛称で親しまれていましたっけ。
開園当時に「サイ玉県にカバ園長がやってきた!」なんてキャッチフレーズでCMをやってました(^^)


c0081462_12184821.jpg
最後は「アフリカゾウ」です。
大きな体に大きな耳、そしてなんといってもなが~い鼻が特徴ですね。
どちらもメスで手前が「キョウコ」、奥が「アイ」といいます。
1981年(昭和56年)の開園当時からここにいるとのことでした。

ところでアイにはキバがありますが、キョウコにはありません。
ネットでいろいろ見てみると、2頭ともキバがある写真が見つかるのですが??

ゾウ@Wiki


c0081462_12185567.jpg
深いしわが刻み込まれた顔に、やさしい表情の目。
でもゾウの目はあまりよく見えないそうで、色覚もないのだそうですね。
その代わり、聴覚と嗅覚が発達しています。


c0081462_1219156.jpg
前足です。
大きなひづめが見えますね。
そして足の裏からかかとにかけて、脂肪と繊維質のクッションが入っていて
巨大な体重を支えるショックアブソーバーの役割を果たしているそうです。

最近の研究では、地面から振動などの刺激を感知し遠くに起きている状況を把握することができるということもわかってきました。
この大きな体からは想像もできない、繊細な能力を内に秘めているんですね~。


c0081462_1219668.jpg
ちょっと離れたところからえさやりの様子を狙ってみました。
平日1回、土休日は2回、先着25組限定ですが彼女たちにえさをあげることができるんです。
ただこの日はGWだったこともあってか、もっとたくさんの方が参加されてたような感じです(^^;

ふちに足をかけて待機中のキョウコ。
お鼻がまっすぐのびて、お行儀よく待ってます。


c0081462_12191255.jpg
竹の棒の先についたりんごが差し出されました。
目がわるくても、においで場所がわかります。
狙いを定めて~・・・・・。


c0081462_12191869.jpg
お鼻がニューっと伸びてえさを取りました!
鼻の先がくちばしのようになってる感じです(^^)
つかまえる力は相当強いので、スタッフが「棒はしっかり持っててくださいね~」と繰り返していました。
それもそのはず、この鼻はほとんどが筋肉でできているのですから。
実は今まで知りませんでした(^◇^ゞ

ちなみにここでの1日の食事は・・・・・。
乾草やワラなど        約50kg
固形飼料            5kg
リンゴ・ニンジン・サツマイモ 5kg
この巨体を維持するのは大変なんですね~。



すべて D300+VR70-200+TC-14EⅡ


次回からは動物園シリーズ第2弾、上野動物園編です。
by sampo_katze | 2008-06-11 21:00 | 動物園 | Comments(10)
Commented by ironsky at 2008-06-11 22:02
東武動物公園、子どもが小さい頃によく行きました。
あれから10年以上も経ちます。
きっと、大きく変わっているんでしょうね。
リスって、やっぱり可愛いものです。
Commented by sampo_katze at 2008-06-12 08:11
ironさん、おはようございます♪

ここはおととし初めて行きました。
地元からすぐのところにあるんですけどね~(^^;
やっぱり高い入園料がネックになってまして(苦笑)

遊園地は相当大きく変わってると思いますよ。
動物園エリアもやっぱり変わってるでしょうね。
展示されている動物も増えてるかもしれません。

リスは久しぶりに見ましたが、やっぱりかわいいです♪
大宮にリスとふれあえるところがある、って以前聞いたことがあるので
一度行ってみようかな?って思いました(^^)
Commented by senkokk at 2008-06-12 12:20
動物園って楽しいでしょ(^。^)
私も子供を連れて行くと、家族そっちのけで写真を撮ってしまいます。
動物たちの表情を切り取るのが、童心に返って楽しいものです。

カバのお食事。どう見直しても美味しそうに思えない私。
飴と言うより、主食に近いからステーキかも(笑)
Commented by OM1ユーザー at 2008-06-12 18:27 x
動物園ってもう何10年も行ってない気がします。

インド象は見てもアフリカ象は見た事が有りません。
インド象はおとなしいがアフリカ象は凶暴だと習った様な気がしますが大丈夫なんですね。

アフリカ象といえばターザンや少年王者、少年ケニヤなど子供の頃の少年雑誌思い出します。(超古い!)
Commented by sampo_katze at 2008-06-12 20:25
せんこ~さん、こんばんは♪

動物園、楽しいですー!!
幸か不幸か?わたしはいつも「単独行」なので、思う存分撮りまくってますが(^^;
ご家族と一緒でも「我が道を行く」なんですね~!
でも、迷子にならなければオッケーですかね(笑)

童心にかえる、確かにそうですね。
逆に言うと、最近鳥とかを撮っていて「彼ら」の生態をもっと知りたいという欲求が出てきてるからか
「撮れる」となると、なかなかゲージから動きたくなくなりますよ(^^;

カバのお食事・・・・・実はおっしゃるとおり(-_-;
実際に見てると、まだるっこしいというかなんというか・・・。
ちょっと不思議な感覚になると思います(^^;
Commented by sampo_katze at 2008-06-12 20:36
OM1ユーザーさん、こんばんは♪

動物園に撮影に行こう!
初めてそう思ったのは、実はおととしの5月でした(^^;
それまでは大して、というかぜんぜん興味がなかったんですけどね。
何がきっかけだったのか、突然行ってみたくなったんです。
その前となると・・・・・ずいぶんブランクがあきます(汗)

で、実際に行ってみるとすごく楽しい撮影場所なんだな~って感じましたよ☆
ゲージによっては撮りづらい場所も結構ありますけど、
そんな場所では撮らずに観察をしているだけでも楽しめますからね♪


インド象とアフリカ象。
わたしも今回の記事を書くまでは、ずっとそう思っていました(^^;
ただゾウは知能が高いですから、ヒトとのかかわりが薄かったアフリカゾウが
それまで見たこともない「ヒト」に対して極端な敵意を表していたのかもしれないですね~。
おかげでそのイメージが定着して、現在まで受け継がれているのかもしれません。
彼らはヒトよりずっと優しい心を持っている・・・。
そう思いたいですね(^^)

>少年ケニヤ

これはわたしもわかります!
タイトルだけですが(^^;
Commented by tamayouchan at 2008-06-13 05:34
猫さん、おはようございます。^^*/

最近、象の映画や
象の話をTVで見たもので…
(かなり知能が高く、愛情深いイメージです。)
象さんには、興味があります。

優しいお目目が癒されますね。*^^*
こちらでは、
金沢まで行かないと会えないので、
ちょっぴり辛いです。^^;(遠い)
Commented by youkmy at 2008-06-13 15:53
こんにちは~。

カバが一口で食べてる牧草、
うちのプレーリードックの一週間分ですよ~^^;

>ちなみにここでの1日の食事は・・・・・。

像さん一頭分ですよね、巨体を維持するのにお金もそうとうかかるのでしょうね。
うちの子の体重は、1kg前後(笑)
Commented by sampo_katze at 2008-06-15 20:36
たまさん、こんばんは♪

わたしもごく最近ゾウさんのすばらしい才能を知りました。
びっくりするくらい、すごい能力を持ってるんですねー!
柔和な表情からは想像できませんが(^^;

おっと、金沢ですか~。
でもハシビロくんに会うために・・・と考えると、だいぶ近いと思いますよ~!
電車で往復するのにオトクな切符もあったと思うので、ぜひ☆☆
Commented by sampo_katze at 2008-06-15 20:40
yooさん、こんばんは♪

>プレーリードックの一週間分ですよ~^^;

わー!
それはすごいですねー☆

体の大きさのちがいがあるとはいえ、どんだけすごいねん!って感じですよ(^^;

ゾウさんのお食事ですが、たぶん一頭分だと思います。
でも、これが2頭合わせた分だとしても・・・・・・。
相当、たくさんありますよね~!!(驚)

って、yooさん。
プレーリーを飼ってらっしゃるんですかぁ?(^^)


<< 動物園の原点 空を統べるもの >>