人気ブログランキング |
不動如山
上野動物園編・最終回。


今回を持ちまして、当ブログは連載300回を「突破」いたしました!


つまり、今回が「301回目」です(^^;
昨年12月に200回の区切りのときもぴったりではなく、201回目で発表したので
今回はきっちりキリ番でやろうと思っていました。
ところが、例によって(?)思ったよりボリュームが出てしまい4回連載では収まらず
おまけに連載の途中というのも中途半端かなと思いまして、1回遅れでの発表となりました(苦笑)

そんなつたない写真ブログではありますが、
今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします☆m(_ _“)m


で、300回突破を記念してというわけではありませんが
上野動物園編最終回として、ここの「隠れた人気者」を紹介します。
知る人ぞ知る鳥です。









c0081462_21225658.jpg
大きな頭に大きなくちばし。
そして・・・・・じーーーっとして、ほとんど動きません。
まるで置き物のようです。

この鳥の名は「ハシビロコウ」
「コウ」とつくことからもわかるとおり「コウノトリ」の仲間ですが、
最近の研究では「ペリカン」や「サギ」に近いともされているちょっと謎の多い鳥です。


ハシビロコウ@Wiki


c0081462_2123646.jpg
ここには全部で5羽のハシビロコウがいます。
この日外のゲージにいたこの子は「ハトゥーウェ」(♂)。
1枚目の足の部分に黄色い輪っかが2本ついてますよね?
ここで判断します。
というか、何度か訪問していれば区別がつくようになるかもしれませんが初見では無理(^^;


c0081462_21231264.jpg
横顔・・・・・でかいです!!( ̄Д ̄;;
英名は「whale-headed stork」(クジラ頭のコウノトリ)や「shoebill stork」(木靴のようなくちばしの~)と
頭やくちばしの大きさを指した名前がつけられてるくらいですからね。
ちなみに学名もラテン語で「クジラ頭の王様」を意味する「Balaeniceps rex」

虹彩の色がやや黄色っぽい感じ。
寿命はよくわかってないそうですが、歳とともにこの部分の色が青くなっていくんだそうです。
ですから、この子は比較的若いということですね。
冠羽がピンと立ってるところがちょっとかわいい☆


c0081462_21232047.jpg
グーッと寄って、最大の特徴であるくちばしに注目!
「ハシビロ」はくちばしがこのように幅広いことからつけられたもの。

先端はカギ(鉤)のようにとがっていますね。
縁の部分もかなり薄く鋭くなっていて、獲物をくわえて力を入れるとスパッと切れてしまいます(驚)
でも、くちばし自体は見た目とは裏腹に軽くて華奢にできています。
そうでないと空を飛べませんからね(^∇^;

真ん中の上、一部切れてしまってますがちゃんと鼻の穴もあります。
細長い線のようなものがそれで、くちばしの根元からついてます。
一見すると模様のような感じなので、よく観察してみてください。


c0081462_21232664.jpg
後姿。
角のような冠羽が2本立ってます。


c0081462_21233084.jpg
調子に乗って真後ろから(笑)
まるでかぶりものをした人を見てるような気分になります(^^;
ちょうど人の耳にあたる部分がちょっとへこんだようになってますしね。

そういえば、彼らの耳ってどこにあるんだろう??σ(゜へ゜;;


c0081462_21233660.jpg
今度は正面から。
この子は「サーナ」(♀)です。

女の子なのに、男性ポートレート風にローキーにしてしまいました(汗)
でも、光の当たり方がこっちの雰囲気にぴったりだったんだもん!

やや上から撮ってることもあって目つきがすごくコワイ感じになってますが、
まん丸お目目なのでそんなにコワくはないんですよ♪
もう少し下から撮れたらよかったんですけどね~。


c0081462_21234336.jpg
ほとんど動かないといいましたが、実際には意外と活発に動くんです。
今回はこのように大きく翼を広げるシーンにめぐり合えました!
翼長は2mを超えてるんじゃないでしょうか。
ものすごい迫力です☆


c0081462_21234946.jpg
かかとを着けた状態で少しずつ動いてきました。
本当はもっと背が高くなるんですよ。


c0081462_21235461.jpg
しばらくすると羽を閉じて立ち上がりました。
この間、2~3分くらいだったでしょうか。
短い時間でしたが、初めてダイナミックな動きを目の当たりにできました(^^)
っても、ハシビロたちに会うのはこれが2回目なんですけどね。


c0081462_21235945.jpg
最後は「ハトゥーウェ」のポートレートを。


動物園のハシビロたちは、野生のと比べるとかなり活発に動き回るんだそうです。
野生では無駄なエネルギーを消費しないようにするためなんでしょうね。
といっても、動物園の彼らも普段はなかなか動きません。
何か動き回る時間帯みたいなのがあるのかもしれないですけどね~。


ちなみにハシビロたちはアフリカ生まれなので寒さに弱いです。
冬の間は暖かい部屋の中にいて、屋外展示されないことがあります。
訪れる際はご注意を!


すべて D300+VR70-200mm+TC-14EⅡ


次回からは動物園シリーズ第3弾、千葉市動物公園編です。
by sampo_katze | 2008-06-21 20:15 | 動物園 | Comments(4)
Commented by み~ at 2008-06-22 20:27 x
こんばんわ~~~☆
おおお!!300回突破おめでとうございます~~~!!
お祝いに・・・ススススス....(((((* ̄〓 ̄*)(゜∀゜)ちゅ☆

しかし!いつも不思議に思う進化の果ての今の生き物達の姿・・・
ハシビロコウもまた不思議ですね!!
よくテレビ番気などで「必要に応じてこの姿へ進化した」とか言いますが、
そこがなんとも理解しがたく思いつつ見てます。
そんな事思うにしろどうやって???って。
この子もこの姿形、色合いになって行くのにそうした「必要に迫られた方向性」があるのでしょうね~~~

それにしても動物園って奥が深い~~~
上野ネタだけでも一年間更新出来そうですねぇ~~~

365回記念もやって欲しいな♪
この度はおめでとうございました♪ヽ(*゜∀゜*)ノ
Commented by ironsky at 2008-06-22 22:10
300枚突破おめでとうございます。
1回1回の積み重ねが、今回の300という数字になったのですね。
本当にご苦労様です。
これからもがんばってください。

上野動物園も、色々おもしろい被写体がたくさんありますね。
Commented by sampo_katze at 2008-06-24 08:01
み~さん、おはようございます♪

ありがとうございます(^^)
でも、ほっぺにチュ☆はちょ~っとはずかしい~♪
なんて、昔そんな歌があったなぁなんて。

ハシビロコウはほんと不思議な存在でしょう??
あの頭デッカちゃんとおおきなくちばし、どういう過程でこんな風になったのか
不思議でたまりません。
でも、見ていて面白いので飽きないですよ!

上野ネタは結構奥深いですが、1年はちょっと難しいですよ~(^^;
でも、動物園はほんとに楽しいところなので
広島に行ったときはぜひ安佐へ!

365回記念?
今のペースがキープできれば今年中に実現しそうですが、どうでしょうねぇ?
そろそろ息が上がってきてるので(苦笑)
でも、そのアイデアいただきますね☆
Commented by sampo_katze at 2008-06-24 08:04
ironさん、おはようございます♪
そして、ありがとうございます(^^)

2周年が先か、300回が先かでしたが
今年に入ってから2日に1度の更新ペースにしたので、
思ったより早く達成できました☆

上野動物園は意外な穴場でしたね~。
人が多くてゆっくり撮れなかったものや、動きが早かったり暗かったりで
撮ってないものもた~くさんありますよ。

今度は平日に行ってみたいですね。
あ、でも遠足の子たちでかえって混んでるかな?(笑)


<< 類人猿 赤キョロ☆ >>