人気ブログランキング |
花鳥園のアイドル
掛川花鳥園編・第5回。


c0081462_9485196.jpg
「トレードマーク」


今回は「オニオオハシ」+です。
最近、アフリカオオコノハズクのポポちゃん人気に押されて(?)
ちょっぴり影が薄くなってしまっているようですが(^^;
でも、パンフレットやHPのバナーなどにはしっかり登場しています。
体の割りにはあまりにもアンバランスな大きいくちばし。
黒いボディに黄色いくちばしですからよく目立ちますよね。

思えばわたしがここを訪ねてみようと思ったのも、この子に会いたかったから。
当時は「マーク」という名前のついた子がいたんですが
高齢となったため、最近はスイレンのプールにある個室でのんびり過ごしていることが多いようです。
ただマークの調子にもよりますが、スタッフに声をかければ腕に乗せたりすることもできるようです。


オオハシ科
オニオオハシ
いずれもWiki。










c0081462_9485962.jpg
わたしが初めて訪ねた当時、彼らはスイレンのプールにいました。
といっても個体数は少なかった記憶があります。
マークだけだったかなぁ?

今は大温室の奥にあるスペースにトキやシギたちと一緒にいます。
個体数も10羽程度いると思われ。
この写真ではわかりませんが、枝の下には浅く水が張ってあります。


c0081462_949582.jpg
オニオオハシは大きさもオオハシの中で一番ですが、色の鮮やかさも際立っています。
くちばしにある黒い模様は個体差があるようですが、微妙な違いしかないので区別は難しいですね(^^;


c0081462_9491199.jpg
暑いからか、口を開けたままにしている子がいました。
こちらを向いたときをねらって1枚☆
細長い舌がくちばしの中に見えますね。




c0081462_9491922.gif
長いくちばしなので、えさの食べ方も独特。
まず、くちばしの先っぽでえさ(ここではインコたちと同じく果物をカットしたもの)をくわえます。
そして上に放り投げるような感じでくちばしの奥に転がし、飲み込みます。
なかなか面白い動きですよね(^^)




c0081462_9493222.jpg
同じエリアにいる「シロトキ」
ザルでできた巣(?)に乗っていました。
もしかして抱卵してるのかな??


c0081462_9494013.jpg
これは「クラハシコウ」というコウノトリの仲間です。
くちばしの根元にある黄色い部分が馬装の「鞍」(くら)に似ていることからその名がついたようです。
非常に大きな鳥で体長140~150cm、翼長は2.5m以上になるのだとか。
この子には「モロ」という名前がついているんですが、その由来はよくわからないそうです(^^;
ちなみにオスで、ここには彼1羽しかいません。

背景に写っている赤い鳥は「ショウジョウトキ」、白黒のほうは「クロエリセイタカシギ」です。
クロエリセイタカシギはこのスペースの中で一番数が多い鳥です。

※参考 掛川花鳥園公式ブログ



c0081462_9494639.jpg
お顔のアップ。
なぜこの部分だけこんな形をしてるんでしょうね?
ちょっと不思議です。


すべて D300+VR70-200mm+TC-14EⅡ


次回は花鳥園のスターとなった「アフリカオオコノハズク」が登場します。
by sampo_katze | 2008-09-09 21:00 | 花鳥園 | Comments(0)


<< スーパースター☆☆☆ ねじれる体 >>