人気ブログランキング |
スピードキング!!
掛川花鳥園編・第9回。


c0081462_2055408.jpg
「LOCK ON!!」


飛翔シリーズ第3弾は、タカ目に属する「ハリスホーク」「セーカーハヤブサ」です。
この2種類は午前10時30分と午後3時のショーに登場します。


ハリスホーク
 和名 モモアカノスリ(腿赤鵟)
 英名 Harris's Hawk
 学名 Parabuteo unicinctus


アメリカ南西部から南米中央部にかけて分布するタカの一種。
和名の由来は、肩や腿の部分の羽毛が赤みがかっていることからつけられたものと思われ。
猛禽類は特別な時期をのぞき単独行動が基本ですが、ハリスホークは2~6羽のグループで狩りを行います。

そのためとても人に馴れやすく、ギャリーさん出身のイギリスをはじめ欧米や中東の鷹匠に人気があります。
野生環境下では小鳥やトカゲ、小型の哺乳類などを捕らえますが
訓練次第で自分より大きな野うさぎやキジなども捕らえることができるようになるそうです。
そして、花鳥園ではもっと大きなものを狙っちゃうこともあるようですが・・・・・。
これはネタばれになるので秘密です(^^;


セーカーハヤブサ
 和名 セーカーハヤブサ
 英名 Saker falcon
 学名 Falco cherrug


こちらは中国や中央アジアを中心に生息するハヤブサの仲間です。
セーカーハヤブサ自体の情報はなぜか乏しいので、一般的なハヤブサの話になりますが
鳥類の中でもっとも速いスピードで飛ぶことができます。
最高速度は時速200km、まれに300kmが出ることもあるのだそう。
新幹線のぞみが飛んでくるような感じですね(^^;

そのスピードを生かして獲物にダイビングし、即死もしくは失神状態になった獲物を空中でキャッチするという
非常にダイナミックな狩りをします。
花鳥園では疑似餌を使って、その狩りの様子を再現しているんですよ。


表紙の写真はハリスホーク「ナイト」(Knightかな?)の勇姿。
客席のそばに設置されている止まり木にとまっているところです。


モモアカノスリ
ハヤブサ
ハヤブサ属

いずれも@Wiki









c0081462_2055525.jpg
まずはハリスホークの「ナイト」の登場シーンから。
ギャリーさんの呼びかけに応えて、池の向こうにある小屋から飛び出してとまる直前です。
ピントが甘々なのですが、そこはご容赦を・・・・・(--;

尾羽が広がると、白い部分が目立ちます。
捕獲中にこれが見られたら、獲物に逃げられてしまうかもしれませんね。


c0081462_2055599.jpg
猛禽類ではめずらしく、数羽単位の集団で狩りを行う彼ら。
人にも馴れているので、お客さんの頭の上を飛び越えることは平気です。
頭上ギリギリのところを飛んで行くこともあるんですよ!


写真では小さくてわかりづらいかもしれませんが、尾羽の付け根あたりに鈴がつけられています。
ショーの途中でハプニングがあると、ギャリーさんのいるところに戻ってこないで
どこかに行ってしまうことがあるんだそうですね(^^;
そんなときに探しやすいように、目印になるものをつけているんです。


c0081462_2056519.jpg
ハリスホークの飛ぶスピードは、フクロウたちよりも速いです!
なので追いかけるのが大変(大汗)

それだけのスピードを出すために、足革がじゃまに感じてるのでしょうか。
足を絡めて、足革をまとめるようにして飛んでいます。


c0081462_20561437.jpg
「タル」の上で発進待ち。
ギャリーさんからの合図とともに、この長い足で踏み切って飛び出します。

尾羽から何か黒い線のようなものが伸びてますね。
これは発信機のアンテナのようです。
どこかに行ってしまっても、これを頼りに探し出すことができるのだそうで。

わたしが何度か見た限りでは・・・。
ちょっと森の中で「かくれんぼ」をしてました~♪
ってくらいの時間で、無事ギャリーさんの下に戻ってきてくれてます(^^)


c0081462_20562685.jpg
たいてい、池のそばの飛行フィールドとツルのいるゲージの上の間を飛行します。
ほんとは何度も飛行してくれるんですけど、スピードが速いのでぜんぜん追いかけられないんですよ~(ToT;
なので、止まってる姿ばかりで申し訳ないです(汗)


c0081462_20563436.jpg
続いて登場するのは「セーカーハヤブサ」です。
って・・・・・肝心のお顔が見えませんね~(^^;

これはショーの前に彼らを集中させるためにしているものなんでだそうです。
飛ぶ前に、周囲の様子を見てしまうと集中できなくなってうまく飛べないんだとか。
彼らの視力は人間と比べてはるかに発達している分、こうして視界をさえぎってしまうだけでも
惑わされることなく集中できるようになるのかもしれませんね。


c0081462_20564174.jpg
目隠しを外されて、止まり木にとまっている様子。
猛禽類共通の大きなお目目が見られます☆

鋭くて強いくちばしや足とのギャップが・・・・・(^^;


c0081462_20565033.gif
ギャリーさんが操るルアー(疑似餌)をキャッチ!!
このとき・・・ほんとにラッキーなことに、連写でその様子を捉えることができました(6月訪問時)
獲物を捕捉してからキャッチするまでの間に、翼と尾羽を巧みに使っているのがわかります。

でも、高速連写モードだったらもっと細かく動きが捉えられていたのに~!!
あとから見直してそんな贅沢な考えが浮かんでしまいました(苦笑)


c0081462_20565731.jpg
こちらは8月に訪問したときの様子です。
そう・・・・・肝心のキャッチシーンはまったく撮れず!
修行不足ですね~(汗)

表情を見ると、くちばしの間から舌が出ていて
「は~、あついよ~!」
なんて言ってるような感じです。


c0081462_2057460.jpg
このあと、疑似餌の代わりにごはんにありつけました。
翼を広げて、隠すように食べているのが印象的でしたね~。


c0081462_20571095.jpg
ショーの最後はギャリーさんと一緒にお客さんにご挨拶していました(^^)
次も素敵なショーを見せてもらえると思うので、今度はこっちがちゃんと飛行シーンを撮れるようにがんばりますね!!


すべて D300+VR70-200mm+TC-14EⅡ


次回は、日本ではここでしか見られない巨大鳥の飛翔です!
by sampo_katze | 2008-09-17 20:30 | 花鳥園 | Comments(0)


<< 巨大鳥 飛ばざるものは >>