人気ブログランキング |
宇宙食堂
初秋の浜離宮編・第3回。


c0081462_13243167.jpg
「Lift Up !!」

※2倍トリミング


浜離宮の広い敷地は花畑のほか林、草むらや小川などもあります。
このため鳥や昆虫など意外といろいろな生物がいます。
特に秋のコスモスや春の菜の花が花畑を埋めつくす時期などは、チョウなどが集まってくるんですね。
でも、今まではほとんど目もくれずに花ばかり撮ってました(^^;

今回は先日の出雲オフでの経験から、チョウも撮るぞ!という気持ちがふつふつと。
そんなわけで花はそこそこに、後半はチョウを追いかけていました。
ほかにもハチやハナムグリなども見かけたので「コスモスに集まる虫たち」を紹介していきます。


表紙の写真は「アオスジアゲハ」です。
黒い羽にやや淡い感じの青いラインがはっきりと出ているのですぐわかりますよ。
この青いラインは鱗粉(りんぷん)がついておらず、透き通っているのだそうです。
足を伸ばした状態でしべにとまって吸蜜していたので、まるで花を引っ張ってるように見えました(^^)


アオスジアゲハ@Wiki









c0081462_13244172.jpg
アオスジアゲハはとにかくすばしこい!
なかなかゆっくりとまっていてはくれません。
それでもこのときは結構とまっていてくれました。
そうなればAFを信じて連写あるのみ!!
あとから見てガッカリのコマが出てきますが、何枚かは使えるのが撮れてますから(笑)


c0081462_1328052.jpg
「ハナムグリ」です。
「コアオハナムグリ」かも?
漢字で「花潜」と書くように、コスモスの花に顔をうずめるようにして花粉を食べていました。

ハナムグリ@Wiki


c0081462_1328691.jpg
白いセンセーションに2匹のハナムグリ。
内臓スピードライトを使って日中シンクロを試してみましたが、難しいですね(^^;


c0081462_13281153.jpg
コスモス畑の周りの道にいた「イボバッタ」
泥から生まれたかのようなでこぼこの体をしています。
手前のやや大きいのがメス、奥がオスと思われ。
しばらく見ていたのですが、オスのアプローチに対しメスは無反応でした(^^;

で、ほんのちょっとその場を離れてから戻ってみたら姿が見えなくなりました。
飛んでいってしまったのか、それとも地面にまぎれて見えなくなったのかわかりませんが(汗)
まぁ、何しろ小さいので飛んでいったとしても気配はわからないでしょうけどね。

※3倍トリミング


c0081462_13281639.jpg
大型のハチの代表「クマバチ」もコスモスの蜜や花粉を求めて飛んできていました。

結構大きな羽音と真っ黒の大きな体のハチということで、ちょっとこわいイメージがありますよね。
でも、見た目とちがってとてもおとなしい性格だそうです。
分類では「ミツバチ科」に属しているので、大型のミツバチといえそうですね。
もっとも、おとなしいといっても攻撃すれば当然反撃されるのでむやみに手を出してはダメですよ!
(*`皿´)bメッ!!

クマバチ@Wiki


c0081462_13282247.jpg
体が大きいので、茎の長いコスモスにとまると重みでこんな感じになります(笑)
おなかを丸めてしべを抱え込むようにとまるのは、バランスをとるためなんでしょうか。



c0081462_13282734.jpg
キバナコスモスと同じように鮮やかなオレンジ色の羽を持つ蝶が飛んでいました。
「ツマグロヒョウモン」のメスのようです。
オスは羽に黒い部分が見られないですから。

ツマグロヒョウモン@Wiki


c0081462_13283264.jpg
個人的にはメスのほうがより鮮やかな感じがして好きですね☆
オスは今回見かけなかったんですが・・・(^^;

※2倍トリミング


c0081462_13283815.jpg
広大なコスモス畑に目が行きがちですが、今回は小さな蝶にも反応してしまいました(^^;
足下に咲いていたカタバミの花にとまっていた「ヤマトシジミ」です

でも、ここはコスモス目的で来た人が多いですからね(わたしも本来は同じ・・・)
まさかこんな小さい蝶を撮ってるとは思われず、近づいてきた人の足音に反応して逃げられちゃいました(苦笑)


c0081462_13284586.jpg
改めて「ヤマトシジミ」です。
シジミといっても、お味噌汁などの具になる小さい貝ではありませんよ~!
大きさでいえばどっちも同じくらいかもしれませんが(^^;

※2倍トリミング


c0081462_13285048.jpg
翅の表側はきれいな青系の色をしているんですが
閉じていることが多いので、なかなか見られません。

このときはややリラックスモードなのか、翅を開いたり閉じたりしていたのでねらってみましたが
あせっていたせいもあってややピン甘です(汗)

※3倍トリミング


c0081462_13285625.jpg
キバナコスモスにとまったところを魚眼で!
体ごと近づくと逃げられるので、ある程度ターゲッティングしながらのノーファインダー撮影です。
どうしても日の丸構図になっちゃうのは仕方ないですね(^^;

ほんとうならもっと近寄って、大きく撮れたらよかったんですが・・・・・・。
コンパクトとはいえレンズ自体が彼らにとっては十分すぎるほど大きいですから(苦笑)


c0081462_1329149.jpg
でも、魚眼レンズの被写界深度の深さのおかげで
等倍にしてもずいぶんその表情を切り取れていたようです。

ただ、口吻(こうふん)はすでに花から離れていますね。
なんだか変なのが近づいてきたぞ~!?なんて思われていたのかも!?(笑)

※等倍トリミング


1枚目 D300+VR105mm/micro
13、14枚目 D300+DX10.5mmFisheye
ほかはすべて D300+VR105mm/micro+TC-14EⅡ


次回は最終回、チョウなんですけど・・・・・何か?
by sampo_katze | 2008-10-21 19:45 | マクロ | Comments(2)
Commented by ironsky at 2008-10-22 20:44
昆虫マクロ、楽しませていただきました。
最近、ほとんどマクロレンズを使っていないような気がします。
たまには使ってやらないとダメですね。
Commented by sampo_katze at 2008-10-23 21:35
ironさん、こんばんは♪

ほんとうはコスモスマクロがメインだったはずなんですけど・・・( ̄Д ̄;
何を間違ったか?虫の方がメインになっちゃった1日でした。
小さい頃、虫取り網を持って駆け回ったことがないんですけどね~。
今になってなんで?って感じがしますが(笑)

マクロは季節によって使いまくるときと、ぜんぜん使わないときってありますよね。
冬なんかはぜんぜんネタがないので尚更。
雪でも降ればちがうんでしょうけどね(^^;

でも、今は秋の花やチョウなどもいますし
もうすぐ(場所によってはすでに)紅葉のシーズンですからね。
ばんばん使っていきましょう♪
といいながら、わたしは鳥とかをそろそろ追いかけてみようかな?
なんて思ってたりします(ヲイ)


<< 蛾・蝶・ン? 秋空に舞う桜 >>