人気ブログランキング |
2008年 03月 23日 ( 1 )
過去の未来
梅見オフ会下見編・第2回。


新橋駅から浜離宮に向かうには、汐留口(ゆりかもめ乗り場方面)を出て「シオシティ」を通っていくのが比較的近いです。
でも銀座口から大通りを通っていくと「旧新橋停車場」があったり、踏切が残っていたりします。
もっとも踏切は線路自体なくなっているので、モニュメントとしての役割しかしてないんですけどね。
JRAのWINSの前には、かつての転車台(機関車の向きを変えるターンテーブル)の基礎部分がありますし。
さすが鉄道発祥の地だけあって、最新のガラス張りの高層ビル群の足元にも歴史を伝えるものがいろいろあるんですね。

ところで、こんなところに踏切があるのが不思議に感じませんか?
線路なんかあったの?なんて思われるかもしれません。
今は日テレや電通の高層ビルが立ち並んでいて、とても鉄道が走っていたなんていう雰囲気はありませんよね。
でも、1986年(昭和61年)までこのあたりは貨物ヤードになっていて線路で埋めつくされました!
しかもそこから築地市場まで線路が伸びていたんですね~。
今の様子からはとても想像できないですが(^^;

そして、もう一つ。
うっかりすると見過ごしてしまいますが、首都高速の高架下の道沿いにちょっと奇妙な建物があります。
「中銀カプセルタワービル」(中銀:ちゅうぎん)です。
以前から浜離宮に行くたびに気になっていたのですが、ふとした弾みで忘れてしまって
そのまま素通りしてしまっていました。
なので今回は忘れないように、意識して歩いていきました(^^ゞ


黒川紀章
中銀カプセルタワービル
汐留駅(国鉄)
※いずれもWiki。

未来想像建築・・・
by sampo_katze | 2008-03-23 16:30 | 散歩 | Comments(4)