人気ブログランキング |
2009年 01月 27日 ( 1 )
You know too?
冬の山陰で雪だるまオフ編・第4回。


c0081462_20273751.jpg
「庄屋の蔵」


アクアスからの帰り道、先行するバスの行き先表示が「温泉津」となっているのが見えました。
温泉津(ゆのつ)は起源が1300年以上前といわれる古い温泉地です。
大狸が湯に浸かっているのを旅の僧が見つけたという伝説があるんだとか。
難読地名としても有名ですね(^^;


せっかくなのでちょっと町歩きをしてみようということになり、国道から温泉街につながる道へ入ります。
それまで東に向いていた道は大きくカーブして西に向き、JR山陰本線の「温泉津駅」前へ。
かつて特急「まつかぜ」や寝台特急「出雲」も停車していたのか、今でも長いホームが横たわります。
寒いですからホームに人影はなく、2004年に新しくなった駅舎もひっそりとしていました。

さて、駅を過ぎるとすぐ温泉街に・・・・・と思ったんですが、なかなかその気配なし。
そのうち海が見えてきて、本当にこっちでいいの?とちょっと不安に(゜_゜;
一本道なのでそんな心配はないんですけどね。

そうこうしているうち「温泉街→」の看板が見えてきました。
地図を見ると駅から400mくらいでしょうか。
車を停めて温泉街散歩にGO!!
幸いこのころには雨もやみ、まん丸の月もみることができるくらいになっていたのでラッキーでした。


表紙の写真は「内藤家庄屋屋敷」の一角です。
1747年(延享・えんきょう4年)の「温泉津大火」以降に建てられたこの地で最古の建物だそう。
入って早々に出迎えてくれた重厚な建物にちょっと圧倒されてしまいました。



温泉津町観光協会
温泉津温泉@Wiki

雨上がりの温泉街・・・
by sampo_katze | 2009-01-27 21:00 | 山陰・山陽 | Comments(2)