人気ブログランキング |
2009年 09月 14日 ( 1 )
鉄道を学ぼう!
鉄道博物館編・第1回。


c0081462_1021779.jpg
「新幹線高架が目前!」


7月16日、原市沼の蓮撮影のあとはニューシャトルに乗って大成町へ移動します。
2007年(平成19年)10月14日鉄道の日にオープンした「鉄道博物館」を訪ねるためです。
意外に思われるかもしれませんが、実は今回が初訪問(^^ゞ

またその前身とも言うべき神田須田町の「交通博物館」も小さい頃に行ったっきり、
再訪問することなく2006年5月14日に閉館してしまいました。
なくなるとわかってから行くにしても、混雑してそうでしたから(汗)
今考えればもったいないことをしたなとも思うんですけどね。

この「てっぱく」にしても、オープン後しばらくは結構混むだろうと思って避けていましたが
気がつけばオープンからもうすぐ2年。
いくらなんでもだいぶ下火になったでしょうし、何よりこの日は夏休み前の平日です。
蓮の撮影も午前中早い時間が勝負となりますから、時間配分もぴったり。
となればこんなチャンスを逃す手はないですよね☆

アクセスは言うまでもなく、JRおよび東武野田線の大宮駅からニューシャトルに乗り換えて1駅、
「鉄道博物館駅」(改称前は大成・おおなり)下車、徒歩1分です。
駅改札口と博物館はほぼ直結しているといってもいいでしょう。
駅名もそのまんまですし、間違いようがないですね(^^)


表紙の写真は、高さ25mの屋上展望台「パノラマデッキ」です。
向かって左側に新幹線とニューシャトルの高架、右側地上は高崎線・川越線が走っています。
新幹線高架よりやや高いところに位置しているので、目の前を比較的ゆっくり通過する新幹線を眺めることができます。
通常ダイヤで運転される列車に限られますが「てっぱく」付近を通過する列車と車両の組み合わせ、
通過予定時刻がイラスト付きで掲示されているのがありがたいですね。
欲を言えば、空港の展望デッキのようにレンズが通るくらいの小さい穴が開いているといいんですが(^^;


鉄道博物館公式HP
鉄道博物館@Wiki

まずはラーニングゾーンから・・・
by sampo_katze | 2009-09-14 19:15 | 博物館・美術館 | Comments(0)