人気ブログランキング |
2009年 09月 24日 ( 1 )
ミニ国鉄のSL・EL
東武博物館+1編・第1回。


c0081462_1313196.jpg
「東武の1号機関車」


今回は7月20日にリニューアルオープンした「東武博物館」を訪ねます。
場所は東武伊勢崎線東向島駅の高架下で、改札を出て徒歩30秒ほど。
「向島百花園」の最寄り駅でもあるので、ちょくちょく前を通っていたんですが
館内に入るのは今回が初めてです(^^ゞ
当然、リニューアル前も結局入ることがなかったもので・・・・・。

さすがに広大な敷地を持つ大宮の「鉄道博物館」には遠く及びませんが
関東最大・JRをのぞく私鉄では日本第2位の路線を保有する東武鉄道だけに、
その展示内容は意外にも(といったら失礼か)バラエティに富んだものとなっています。
昭和30年代まで蒸気機関車が現役で稼動、2003年(平成15年)まで貨物列車が運転されていたなど
ほかの私鉄とは一味ちがった運行形態も特徴ですね。


表紙の写真は、東武鉄道が営業開始した1899年(明治32年)から活躍した蒸気機関車「B1形」です。
イギリスの「ベイヤー・ピーコック社」製で、10両が輸入され3~12の番号が与えられました。
この5号機と屋外で展示されている6号機はもっとも長く活躍した車両で、いずれも1965年(昭和40年)に廃車となります。
稼動期間はなんと66年!!
しかもこの5号機は外部動力によって動輪を回転させることができる状態にあります。
登場から100年以上経っても動けるなんて・・・・・スゴ過ぎです!


東武博物館公式HP
東武博物館@Wiki
国鉄5500形蒸気機関車

足回りはまだまだ元気☆
by sampo_katze | 2009-09-24 20:00 | 博物館・美術館 | Comments(0)