人気ブログランキング |
2011年 08月 31日 ( 1 )
房総一の名瀑
房総半島縦断鉄道ポタ~小湊鐵道編・第2回


c0081462_213183.jpg
「滝への入口」


「上総中野」から次の「養老渓谷駅」を目指します。
駅前の「国道465線」に沿って進み、「上総中野」の近くの踏切を渡ります。
すると約2kmほど上りが続きますが、平均3%なので大したことはありません。
峠を越えると今度は1kmほど下って「老川十字路」へ。
ここで右に折れると「養老渓谷駅」方面ですが、せっかくなので左に曲がって「粟又の滝」(あわまたのたき)に立ち寄ることに。
この滝は正式には「高滝」(たかたき)といい、通称として「粟又の滝」や「養老の滝」が使われています。
大きさは幅30m、落差30m、長さ100mで、房総半島一の名瀑とも。

さて「老川十字路」を曲がるといきなり「8%」の看板が出てきますが、短いのでご心配なく。
約2km進むと「水月寺」というところがあり、ここから「粟又の滝自然遊歩道」が伸びています。
駐車場があるので車でも大丈夫ですが、紅葉シーズンは大渋滞になるので注意。
また、駅からバスも出ています。

ただ今回は目的が全線踏破なので、遊歩道はパスしました(^^;
次来るときは歩いてみたいところです。


表紙の写真は、「粟又の滝」への入口です。
「水月寺」からさらに奥に進んだところにあり、ここから下りると滝のすぐそばに出られるようです。
上には「養老大滝」の文字、周りには木彫りの仏像らしきものがいくつか置かれていました。
ここの向かいには旅館「滝見苑」があります。
日帰り温泉は、さらにその先にある「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」へどうぞ。


大多喜町公式HP
千葉県養老渓谷 秘湯の宿滝見苑


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

滝とトンネルと・・・
by sampo_katze | 2011-08-31 21:35 | Brompton+ローカル線 | Comments(0)