人気ブログランキング |
2015年 09月 29日 ( 1 )
世界の海・太平洋Ⅰのエリア
夏は涼しい水族館へ!葛西臨海水族園に行こう!編・第4回


c0081462_2164626.jpg
「圧倒的な存在感!」


最初の「大洋の航海者」のエリアの次は「世界の海」のエリアです。
わたしたちが住んでいる「地球」全表面の約7割を占める海。
それらはすべてつながっているのに、まるで境界線があるかのように地域ごとに異なった環境があります。
そしてその生活環境に合わせるように実にさまざまな生きものたちが住んでいます。
このエリアでは3つの「大洋」を中心に、いろいろな海域の生きものたちを紹介しています。
まずは世界で最も大きな海である「太平洋」のエリア・その1から見ていくことにしましょう。

「太平洋Ⅰ
 太平洋は、世界の海の面積の45%を占める世界で一番広い海です。
 赤道近くには、南シナ海やグレートバリアリーフ、ハワイ諸島、バハカリフォルニアなど、
 一年中温かい海が東西に広がっています。
 太平洋の北と南の端は、北極と南極の二つの極洋に接した冷たい寒帯の海です。
 熱帯の海と寒帯の海にはさまれたところは、チリ、オーストラリア南部、日本などがある温帯の海です。
 それぞれの海は水温などの環境が大きく違い、独特の生物がみられます。
 太平洋はとても広く、変化に富んだ海です。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「南シナ海」の水槽にいる「タマカイ」です。
この水槽の中ではもっとも大きく、全長は120cmもあるんだそう。
もしかしたらここ「葛西臨海水族園」の魚たちの中で最も大きいかもしれないですね。
体格もご覧の通りの横綱級なので迫力がありますし、見栄えもするのでお気に入りの1種。
これはたまたま下から見上げるようなアングルで撮れたんですが、ほんと圧倒されます。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

大きなものだけピックアップ・・・
by sampo_katze | 2015-09-29 21:10 | 水族館 | Comments(0)