2017年 12月 10日 ( 1 )
アフリカンバードハウスと熱帯雨林エリア
新望遠レンズで動物園訪問!@よこはま動物園ズーラシア編・最終回


c0081462_22040994.jpg
「ストライプとドットの派手な装い」


今回訪ねた「よこはま動物園ズーラシア」
「ズーラシア」は市民の公募で選ばれた通称で、正式名称は「横浜市立よこはま動物園」といいます。
どちらも「よこはま」がひらがなになっているのが特徴ですね。

開園したのは1999年4月24日と比較的新しい施設。
その面積は約53haで、「多摩動物公園」(約52ha)や「ディズニーランド」(約51ha)とほぼ同じ。
当然、端から端まで巡るとなるとかなりの距離になりますね。
また「正門」から反対側の「北門」に向かって上り基調になっているのでちょっと大変かも。
上りを避けるのであれば「北門」から入るか、「正門」近くの「ゾウさんのりば」から「園内バス」を利用するのがいいでしょう。
「北門」へは土休日なら路線バスも走っています。
こちらからだとお客さんも少ないので、オススメですよ。

さて、今回は「アフリカンバードハウス」を訪ねます。
説明がなかったので詳しいことはよく分かりませんが、「アフリカのサバンナ」エリア内にあるので
「アフリカ」に生息する様々な鳥たちが見られるんでしょう(^^;


表紙の写真は、フサホロホロチョウです。
「ホロホロチョウ」という名前は聞いたことがありますが、実物を見るのはこれが初めて。
分類としては「キジ目ホロホロチョウ科」に属していて、体長は60cmとかなりの大型です。
「ホロホロチョウ」の仲間の中では最大になるんだそう。
首から胸にかけてのストライプと、翼やお腹などにちりばめられた斑点がとても目立ちますね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





アフリカの熱帯雨林エリアも・・・
by sampo_katze | 2017-12-10 21:00 | 動物園 | Comments(0)