2017年 12月 24日 ( 1 )
キジ・ハトのエリア
新望遠レンズで動物園訪問!@多摩動物公園編・第6回


c0081462_12340182.jpg
「ニワトリではなくその祖先」


「ツキノワグマ」の広いエリアから東へと進みます。
このルートは緩やかに上る坂道になっていて、その先に「昆虫園」「アフリカ園」へと続きます。
これまでは「正門」を入ってすぐ北の「アフリカ園」へと向かっていたので、今回のルートは初めて。
当然、今回紹介する「キジ・ハト」エリアの鳥たちも初めて見ます。
なおその途中には「ニホンザル」のエリアがありますが、スルーしました(^^;
動きまわっていて撮るのが大変そうでしたし。


表紙の写真は、「キジ・ハト」エリアの最初にいた「セキショクヤケイ」です。
見た目は「家禽」(かきん)の1つである「ニワトリ」にそっくり。
ですが、こちらは「東南アジア」のジャングルにすむ野生の鳥です。
そしてこの鳥を飼い慣らすことで「家禽」の「ニワトリ」としたと考えられています。
ただ、見た目だけではどうにも区別ができませんけどね。

「ニワトリじゃなくて・・・
 セキショクヤケイ(赤色野鶏)は東南アジア熱帯地域のジャングルにすむ野生の鳥です。
 家禽のニワトリの祖先だといわれています。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





3回連続で鳥ネタですが・・・
by sampo_katze | 2017-12-24 21:00 | 動物園 | Comments(0)