2018年 02月 07日 ( 1 )
お燗をゆっくり味わうために
Intermission


c0081462_21090382.jpg
「大きめのぐい呑みもついてます」


寒い日が続いていますが、今年は特に寒いような気がします。
そんなとき、ゆっくり「温泉」にでもつかって温まりたいところ。
でもそうそう出かけるわけにもいきませんね。

「左党」=「呑んべ」の方なら「お燗」という裏技?もあるかと。
ただあまりのんびり飲んでると、せっかく温めた「徳利」が冷めてしまいます。
かといって冷める前に飲んでしまえばいい、なんてことはできません。
やってできないことはないでしょうけど・・・・・。
それはなんだかもったいない(^^;

で、とある「そば屋」で冷めない「徳利」を見つけました。
左の大きな壺?のような器にお湯を注いで、その右にある「徳利」をつけるもの。
「湯煎」(ゆせん)の原理ですね。
こうすることで「徳利」が温められて、中のお酒が冷めにくくなるんです。
ただ、中のお酒が少なくなると「徳利」が浮いてきてしまうこともあります。
ちょっと大きめの「ぐい呑み」もついてますが、飲むときはお気に入りの「猪口」なりを使って
こちらは重しに使うといいかも?
本来の使い方とはちがいますけど・・・・・(汗)


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-02-07 22:00 | 季節ものなど