2018年 02月 27日 ( 1 )
津山はホルモンの町だった
1コマ写真@津山出張・その4


c0081462_21105597.jpg
「ダジャレで推してます」


「津山」に来る前にちょっと調べものを。
するとご当地グルメの1つとして「ホルモンうどん」が出てきました。
2011年の「B-1グランプリ」でシルバーグランプリ(第2位)になっています。

ご当地では705年(慶雲2年)に「牛馬の市」が開かれた記録があるんだそう。
そんなに古くから肉とのつながりがあったんですね。
それだけに肉の処理もお手のもののようで、特に鮮度が命の「ホルモン」は爆速。
「津山ホルモンうどんマップ」の説明によれば、「牛」を処理ラインに入れて10分以内で完了するとのこと!
おかげでおいしい「ホルモン」が食べられるんですね。

そして「津山駅」の駅舎の壁にはこんなポスターが。
上半分は「津山」の名所や名物が、下半分にはおいしそうに焼きあがる「ホルモン」が載っています。
真ん中にはその2つをつなげるキャッチコピーが「ダジャレ」を交えて入っていました。
下には「幸せホルモンあふれる旅。津山市。」が。
確かにいろいろおいしいものが食べられて、幸せになりました(^^)
ただし、右にあるように「食べ過ぎ、禁モツ。」ですよ~!


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-02-27 21:30 | 山陰・山陽