2018年 03月 03日 ( 1 )
津山では肉三昧!
1コマ写真@津山出張・その6


c0081462_21265528.jpg
「野菜もたっぷり入ったうれしい鍋」


「津山まなびの鉄道館」に置かれていた「津山ホルモンうどんマップ」
その中にはおススメの「津山の牛肉料理」が紹介されていました。
「干し肉」「そずり肉」「煮こごり」「よめなかせ」の4種です。

「干し肉」は「モモ肉」を中心とした部位を天日に干した保存食。
水分が少なく固いイメージですが、焼いたものを食べてみるとそれほど固くなく意外とジューシー。
生肉とちがって味が深くなっているように感じます。

「煮こごり」は「魚」を使って作るのは知られていますが、ご当地では「牛肉」で作ります。
「スジ」「アキレス」「テール」などを煮込んでいるとのこと。
寒い時期に作られていたものなので、夏は食べられないこともあるようですね。

「よめなかせ」は「心臓」につながる「大動脈」のこと。
一般には「ハツモト」「コリコリ」と呼ばれているようですね。
その呼び名は「下処理が大変」とか、「おいしいので嫁には食べさせない」とか諸説あるよう。
今回これは食べませんでしたが。

写真は「そずり肉」を使った「そずり鍋」です。
「そずり肉」とは「あばら骨」からそぎ落とした肉のことで、「そずる」は「削りとる」「こそぐ」という意味だそう。
焼いたり鍋にして提供されますが、ここの鍋は野菜がたっぷり入っていておいしかった!


でもこんなにいろいろとおいしいものがあると、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
正直、ご当地を訪れるまでそこまで期待してなかったのもあったのもありますが(^^;


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-03-03 21:30 | 山陰・山陽