2018年 03月 09日 ( 1 )
青森ねぶたがいつでも見られる!ねぶたの家 ワ・ラッセ
夏の函館~青森訪問2017編・第7回


c0081462_22293549.jpg
「青森の海を臨む架け橋」


7月29日(土)。
この日は「青森駅」の北東側にある「ねぶたの家 ワ・ラッセ」を訪ねました。
夏の「青森」といえば毎年8月2日から7日にかけて開催される「青森ねぶた」
「ワ・ラッセ」は「青森ねぶた」に関する歴史や資料、「ねぶた」本体などを展示する「ねぶた博物館」です。
開館したのは2011年(平成23年)1月5日で、「青森市」が主体となって管理しているとのこと。
真っ赤な外観をした建物なので、かなり目を引きますよ。


表紙の写真は、「ワ・ラッセ」横の広場から眺めた「青森ベイブリッジ」です。
1992年(平成4年)7月に2車線で暫定開業し、1994年(同6年)7月に4車線になりました。
全長は1219mで、県内第2位の長さがあります。
「青森駅」のホームの上も通っていて、ホームはもちろん跨線橋からもその姿を見ることができますよ。
橋の上は歩くことができますがエレベーターがないため、上へはもちろん階段のみ。
展望を楽しむのでしたら有料ですが「青森県観光物産館アスパム」の展望台の方がいいかも?(^^;
左手にあるのは商業施設の「A-Factory」、橋の向こうに見える船は「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」です。
「八甲田丸」については次回アップします。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





1週前でも町はすでに盛り上がっていた・・・
by sampo_katze | 2018-03-09 23:00 | 東北 | Comments(0)