2018年 07月 07日 ( 1 )
特別天然記念物 魚津埋没林博物館
新幹線で水族館に行こう!@魚津水族館~番外編・その1


c0081462_08082039.jpg
「富山弁とダジャレのミックス」


「魚津水族館」を出たのは15時前。
このまま「富山」に戻ってもよかったんですが、もう1か所行ってみたいところがあったので。
その場所は「魚津埋没林博物館」です。
約3000年前に「片貝川」の氾濫による土砂流出で埋まった「杉原生林」の跡を見ることができます。
とある番組で紹介されていて、なんとも神秘的な雰囲気に旅心をくすぐられましたので。
合わせて「蜃気楼」についての展示も行なわれているようでした。

「水族館」からは「魚津市民バス」を利用して15分ほど、「魚津駅」からは8分ほどのところにあります。
最寄りのバス停は「海の駅蜃気楼」または「魚津港(埋没林博物館口)」の2か所。
なお「海の駅」側にある入口は冬期閉鎖となるので注意が必要です。


表紙の写真は、「魚津水族館」前にあった「滑川市コミュニティバス」のバス停です。
「埋没林博物館」への移動に利用したのとは異なります。
愛称は「のる my car」で、「乗ろうよ」を意味する「富山弁」「乗るまいか」が語源。
これに加えて「マイカーのように利用してほしい」という願いがこめられているんだそう。
下には2匹の「イカ」のイラストが添えられていましたが、こちらは「マイカ」かな?


特別天然記念物 魚津埋没林博物館





富山湾の2つの不思議に出会える場所・・・
by sampo_katze | 2018-07-07 21:00 | 博物館・美術館 | Comments(0)