2018年 07月 09日 ( 1 )
滑川のほたるいかミュージアム+富岩運河環水公園
新幹線で水族館に行こう!@魚津水族館~番外編・その2


c0081462_08130981.jpg
「ホタルイカキャラの駅名標」


翌11月12日(日)。
この日は16時台の「はくたか」で帰京します。
あえて速達の「かがやき」にしなかったのはとある理由があったからですが、それは次回に。

さて前日は「富山湾四大神秘」のうちの2つ、「魚津埋没林」「蜃気楼」をテーマにした「魚津埋没林博物館」を見学しました。
そしてこの日はもう1つの神秘、「ホタルイカ」をテーマにした「ほたるいかミュージアム」を訪ねます。
場所は「富山市」「魚津市」の間にある「滑川市」(なめりかわし)。
最寄り駅は「滑川駅」で、「富山駅」からは「あいの風とやま鉄道線」に乗って約15分。
駅からは北口を出てまっすぐ進み、つきあたりを右に曲がってすぐで歩いて10分ほどで着きます。


表紙の写真は、同じく「滑川駅」に乗り入れている「富山地方鉄道」のホームの駅名標?です。
水色の浴衣を着ているのは「滑川市」のイメージアップキャラクター「キラリン」
「ホタルイカ」をモチーフにしていて、よく見ると袖と裾から水色の脚が出ているのがわかります。
向かって左側、「キラリン」の右手側にはとなりの駅名が書かれていたはずですが壊れているようですね。
ちなみにこの子は女の子で、「ピッカ」という弟キャラもいるそう。


ほたるいかミュージアム





ホタルイカの時期ではないですが・・・
by sampo_katze | 2018-07-09 21:15 | 博物館・美術館 | Comments(0)