2018年 12月 30日 ( 1 )
NIFREL-Ⅴ ~ うごきにふれる の鳥たち
大阪の生きているミュージアム NIFRELに行こう!編・最終回


c0081462_12105209.jpg
「大口を開けたワニが見守る?」


「うごきにふれる」ゾーンの後編は、こちらにいる「鳥類」たちです。
ここのゾーンにいる生きものたちとはふれあうことはできません。
また「ほ乳類」たちとは仕切りがあるので、あまり近づくこともできません。

ですが、「鳥類」たちはそこを飛び越えて自由自在に行くことができます。
さすがに肩や頭に止まってくることはないようですが。
それでも種によっては、手が届くくらいまで近づいて見られますよ。


表紙の写真は、「うごきにふれる」ゾーン入口から見た全景です。
右寄りに見える水路から先が、前回登場した「カピバラ」「ワオキツネザル」がいるエリアで、
左端が「コツメカワウソ」「アメリカビーバー」がいるエリアになっています。
お客さんたちはその間の通路を手前から奥に向かって進んでいきます。
ここはスタッフである「キュレーター」さんが多くいるので、いろいろ質問もできますよ。





足下の鳥たちにも注意して・・・
by sampo_katze | 2018-12-30 21:00 | 動物園 | Comments(0)