人気ブログランキング |
2019年 01月 08日 ( 1 )
久米島へプチアイランドホッピング
マイル修行で沖縄訪問編・第3回


c0081462_14493134.jpg
「うちなーの翼とサクラジンベエカラーのトーイングカー」


3日目の5月2日(水)。
前日からの体調不良はだいぶ回復し、なんとか動ける状態になりました。

この日は12時過ぎの便で「伊丹空港」を経由して「羽田空港」へと戻ります。
それまでの時間は「首里城」などの見学もできますが、今回の目的は「マイル修行」がメイン。
そこで、所要時間が短く本数も1日7本と多い「久米島」(くめじま)へと飛ぶことにしました。
行きは「那覇空港」発07:40、「琉球エアコミューター」(RAC)第1便の「RAC871便」を利用します。
かなり朝早いですが、折り返しの1本を見送って「久米島空港」を見ようと思ったので。
体調が回復してなかったらキャンセルせざるをえなかったんですが、なんとか実行できたのは幸いでした。

搭乗口は「28番」で、搭乗機までは「バス」に乗って移動します。
ですので通常の2階からの搭乗ではなく、1階にある「搭乗待合室」で待つことになります。


表紙の写真は、「待合室」の窓から見えた様子です。
「JAL」系列の「日本トランスオーシャン航空」(JTA)が運用する「B737-800」が、出発に向けての準備を進めていました。
「コクピット」の下方には「うちなーの翼」のロゴ、「客室扉」の上方には「デイゴ」の花があしらわれています。
「デイゴ」は「沖縄県」「県花」になっていて、1967年(昭和42年)に県民投票で決まったとのこと。
また、機体の前にはピンク色の「トーイングカー」が止まっています。
これは「JTA」と「美ら海水族館」とのコラボで実現した「ジンベエジェット」の塗装。
青とピンクの2色があり、いずれも「B737-800」各1機に施されています。
そして一部の「トーイングカー」も、その塗装をまとっているようですよ。





沖縄諸島第2の島へ・・
by sampo_katze | 2019-01-08 21:00 | 沖縄 | Comments(0)