2019年 01月 10日 ( 1 )
久米島空港を歩く
マイル修行で沖縄訪問編・最終回


c0081462_14531522.jpg
「シーサーがお出迎え」


「久米島空港」への到着は08:15で、折り返しは1本見送っての09:25発です。
すぐに折り返すとなると08:40発となり、25分しかありません。
いくら「マイル修行」で搭乗回数を稼ぐためとはいえ、さすがに短すぎますからね。

「那覇空港」
とを結ぶ便は1日に7便もあり、「那覇空港」発の初便で来れば1時間少々の待ち時間で済みます。
ですが第2便以降で来ると2時間以上の待ちが発生するので、即折り返すか少し足を延ばして島を見て回る方がいいかもしれません。
わたしは「那覇空港」12:05発で帰京するので、この行程を組まざるを得ませんでしたが。

ちなみに「那覇」~「久米島」間の運賃は、「特便割引3」で7,900円でした。
「宮古島」「石垣島」でもさほど運賃は変わらないようなので、時間があればそちらに飛ぶのもありですね。
そちらの方が「マイル」「FLY ON ポイント」も多くたまりますから。


表紙の写真は、「久米島空港」到着口の様子です。
両側に「シーサー」が鎮座して出迎えてくれました。
抱えている珠にはそれぞれ「久米島マラソン」「20」の文字が。
「久米島マラソン」は1989年に始まり、昨年の10月28日に開催された回でちょうど30回目を迎えました。
ということは、この「シーサー」は10年以上前に作られたんですね~。
製作したのは「やちむん土炎房」(どえんぼう)というところ。
「はての浜」「イーフビーチ」「奥武島」(おうじま)などを見下ろす高台にある工房で、「シーサー」作りを体験できるとのことです。





時間がゆっくり流れる空港で・・・
by sampo_katze | 2019-01-10 21:30 | 沖縄 | Comments(0)