2019年 02月 05日 ( 1 )
さっぽろ雪まつりは準備中でした
1コマ写真@札幌遠征編・その2


c0081462_12465368.jpg
「氷像もあります(こちらは完成済み)」


2日目の2月2日(土)は、まず「大通公園」を散策します。

前日の移動の機中、ほかのお客さんが「雪まつり」の話をしていました。
「え、そうなの?」
そんなこと全然考えていなかったので、宿でさっそく調べてみます。
すると、週明けの2月4日(月)から11日(月・祝)まで開催されることが判明。
であれば、開催直前の様子を見ることができるかな?と思ったので。

実際行ってみてわかったのは、「大通会場」横の歩道が反時計回りの一方通行になるということ。
この処理は期間中のみなんですが、かなり狭かったですからね。
また思ったよりも道が滑らないというのは意外でした。
アイスバーンのようなところがなかったからかもしれません。
雪質がちがうからなのかな?

さて、会場のほとんどの「雪像」はまだ製作作業が進められていました。
この週末で仕上げ、月曜からの開催に合わせるといった感じ。
そんな中、「5丁目西」エリアのこちらは完成していました。
唯一の「氷像」で、テーマは「台湾-玉山と高雄駅」
高さ10m、幅18mもあり、氷だけで造られた像としては歴代最大規模だそう。
天気予報ではこの日は曇りでしたが、ご覧のように青空が見えていて美しい姿を見せてくれました。


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-02-05 21:30 | 北海道