2019年 02月 09日 ( 1 )
日本三大ガッカリ名所、でも北海道のアイコン
1コマ写真@札幌遠征編・その4


c0081462_12470665.jpg
「意外と大きな建物です」


「さっぽろテレビ塔」を後にして、次は「札幌市時計台」へと向かいます。
お約束のコースですが、やっぱり外せないポイントですからね。

「札幌時計台」や単に「時計台」などとも呼ばれますが、正式な名前は「旧札幌農学校演武場」
現在の「北海道大学」の前身にあたる「札幌農学校」の施設の1つで、1878年(明治11年)10月に建てられました。
このときはシンボルの「時計」はなく、1881年(同14年)8月に設置されたんだそう。

この日は南側からアクセスしたんですが、おかげで初めて建物の側面から見ることができました。
南側のブロックは「札幌市役所」があり、写真手前は駐車場になっているようです。
しかも一段低くなっているため、きれいに側面が見える&撮れるんですね。
また、西側の2階には「時計台」を正面から見ることができる「時計台テラス」もありました。
今回は意外な見学ポイントを見ることができてラッキーでしたね。


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-02-09 21:00 | 北海道