人気ブログランキング |
2019年 02月 17日 ( 1 )
石川県立航空プラザの屋外展示機
小松出張のオフタイム編・第2回


c0081462_10254471.jpg
「日本海側唯一の航空博物館」


「小松空港」に到着したのは定刻より少し早い10:22。
ここから宿のある「小松駅」までは「小松バス」が運行する路線バスで12分と、とても近いところにあります。
バスの運転間隔は飛行機の到着にかかわらず20~30分。
19時より遅い便のみ、飛行機の到着に合わせてダイヤが変更される運用になっています。
時間を気にせずにいられるのはうれしいですね。
ほかに「金沢」「福井」方面に「リムジンバス」が、「加賀温泉」方面には周遊バスがそれぞれ運航されていますよ。

さて、この時間から宿に行ってもチェックインはできません。
そこでまずは空港から歩いて3分のところにある「石川県立航空プラザ」へと向かいます。
ここは1995年11月に開設された「航空博物館」で、「日本海」側にあるものとしては唯一のものだそう。
屋内外に18機もの実機が展示され、「飛行機」の構造や歴史について模型で説明する展示が充実しています。
これらに加えて大型遊具施設なども完備しながら、入場料がなんと無料なんです。

そして有料ではあるものの、「セスナ」や大型旅客機、ジェット戦闘機の「フライトシミュレータ」もあります。
さらに「ANA」で実際に使用されていた「YS-11」のシミュレータまで置いてあるというのですからすごい!
館内や周辺に飲食施設はありませんが、空港も駅も近くなので問題ないでしょう。


表紙の写真は、「航空プラザ」の入口付近の様子です。
建物は2階建てで南北に約110m、東西に約50mとかなりの大きさ。
入口にあるロータリーからは1日4本、「EVバス」による「小松駅」行きが運転されています。
「飛行機」に関する見学のあとに「EV」体験するのも面白そうですね。





屋外展示は2種の実機・・・
by sampo_katze | 2019-02-17 21:00 | 北陸 | Comments(0)