人気ブログランキング |
2019年 03月 03日 ( 1 )
十勝の名物丼を帯広空港で食す
1コマ写真@帯広遠征編・その4


c0081462_21490668.jpg
「甘辛の豚肉がてんこ盛り☆」


再び「とかち帯広空港」に戻ってきたのは11時ちょっと前のこと。
手荷物を預けるカウンターは次の便の出発が14時前ということもあり、当然開いていません。
また昼ごはんをとるにはだいぶ早いので、とりあえず3階にある「展望ホール」に上がります。

ここの「展望ホール」は屋内にあり、「滑走路」側はガラス張りになっていました。
ガラスはきれいですし天気もよくて、なかなかいいシチュエーション。
たとえ外が極寒であったとしても、風は入らないしぬくぬくなのでうれしい!

でも悲しいかな、発着便がとにかく少ないんです。
このタイミングですと次に飛んでくるのは「羽田空港」からの便で、定刻13:05まで到着しません。
これは、自分が乗って帰る便までないということ。
敷地内には「航空大学校」「帯広キャンパス」があるので「訓練機」も見られますが、こちらは時間が読めません。
結局、がら~んとしたエプロンを眺めて時間をつぶすしかありませんでした(^^;

そうこうしているうちにお昼になったので、空港内にあるレストラン「ハートフィールド」へ。
オーダーしたのはもちろん、ご当地発祥の名物「豚丼」
トッピングがいくつかありましたが、今回が初めてなのでノートッピングでいただきます。
ちなみにこのお店はセルフサービスで、カウンターで発券したあと番号で呼ばれます。

10分ほど待ったでしょうか。
番号を呼ばれカウンターに取りに行きます。
お味噌汁と漬物が添えられたトレイの上に、少し小ぶりな感じのどんぶりが乗っていました。

サイズはちょっと小さいかな?と感じましたが、ぱっと見では肉に覆われていてご飯は見えません。
そして箸を入れてみると、肉がかなり多くてビックリしました!
「生ビール」も合わせてオーダーしていたので、前半は肉をつまみに「ビール」を味わいます。
香ばしく焼けた肉に甘辛いタレがからんでおいしい!
もちろん、ごはんとの相性も抜群。
入店前はもう1品プラスでと考えていましたが、意外にもボリュームがあり満足できました(^^)


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-03-03 21:00 | 北海道