人気ブログランキング |
2019年 04月 30日 ( 1 )
地元のお酒で乾杯しよう!
1コマ写真@秋田遠征編・その3


c0081462_21325282.jpg
「まさかそんな条例があるとは!」


夕食は「川反」(かわばた)にある「酒季亭 比内や」におじゃましました。
地元名産の「比内地鶏」(ひないじどり)が店名に入っているところに惹かれました。
宿から歩いてすぐのところというのも選んだポイントです。
もっとも「川反」は市内でもっとも栄えている繁華街だそうですね。
駅からは少し離れていますが、「空港リムジンバス」も停車するので利便性は高いですよ。

さて、お店は建物の2階にあります。
1階が「ラーメン屋」になっていて、ここでいいんだっけ?と思ってしまいましたが(^^;
建物の右手にある細い階段を上がって2階へ。
上がった先にはこんなものが掲示されていました。
「カンパイ あきた!」まではいいんですが、その下に朱色で「条例」とあります。
え、そんな条例あるの?

調べてみると、2013年1月に「京都市」で制定された「京都市清酒の普及の促進に関する条例」が最初らしいです。
それが各地に広がり、ここ「秋田」でも「秋田の酒による乾杯を推進する条例」が2014年7月に公布されました。
ということは、最初の一杯は地元の「日本酒」でなければダメ?ってそんなことはなく、あくまでも推奨とのこと。
ですので、わたしも最初は「生ビール」で乾杯!
3種の地酒が味わえる「飲みくらべセット」もオーダーし、「比内地鶏」などの料理に舌鼓を打ちました。
今回は「きりたんぽ鍋」を食べてないので、次回は必ず!


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-04-30 21:00 | 東北