人気ブログランキング |
2019年 08月 06日 ( 1 )
釧路名物スパカツを発祥の店でいただく
1コマ写真@釧路遠征編・その7


c0081462_21102189.jpg
「並盛でもボリューム満点!」


「釧路市湿原展望台」を11時過ぎに出るバスに乗って、「釧路」の市内へと戻ります。
展望台の滞在時間は約1時間30分ほど。
ただ後から考えると、もう1本後の12:30頃に出るバスに乗るという手もあったんですね。
そうすればもう少し広い範囲を歩けたので。
しかも市内には13時前後には戻れるので、昼ごはんもちょうどいい感じでしたし。

さて、復路のバスは「栄町6丁目」バス停で下車します。
さらに「釧路駅前バスターミナル」へも行くのですが、繁華街の「末広町」に行くのならこちらの方が便利なので。

そして昼ごはんのメニューに選んだのは、ご当地メニューの1つ「スパカツ」です。
「スパカツ」とは「スパゲティミートソース」「カツ」を乗せたもの。
その発祥のお店が「レストラン泉屋 本店」で、「末広町」の一角にあります。
人気のお店だそうで待ち時間が心配でしたが、幸いにしてこの日は待っているお客さんは少なめ。
入店からほどなく席に通されました。

オーダーはもちろん「スパカツ」の普通サイズ(980円)。
大盛りにすると麺もカツも2倍になるそうなので、さすがにそれは無理です(^^;
そして「サッポロクラシック」を飲みながら待つことしばし。
アツアツの鉄板に乗り、たなびく湯気とジュウジュウという音とともに「スパカツ」が登場。
ソースはさっぱり系の軽いタイプで、カツと一緒にいただくにはちょうどいい感じ。
麺はやや太めで食べ応えがあり、一部がお焦げになっているのも楽しいですね。
途中で「タバスコ」「粉チーズ」で味変することで、あきることなく完食。
ごちそうさまでした(^^)



iPhone5S



by sampo_katze | 2019-08-06 21:00 | 北海道