人気ブログランキング |
2019年 08月 22日 ( 1 )
トワイライトプラザの車両たち
京都鉄道博物館に行こう!編・第3回


c0081462_10423503.jpg
「寝台特急列車が並びます」


2番目の展示エリアは「トワイライトプラザ」です。
ここには「機関車」「寝台客車」が展示されています。
その名前からも察しが付くかと思いますが、もちろんあの列車がいるんですね。


表紙の写真は、「トワイライトプラザ」を北側から見たところです。
ここの大屋根には、2代目「京都駅」の1番ホーム上屋に使われていた鉄骨の一部が流用されています。
その鉄骨は80年間もの長い間使われていて、駅舎が全焼した火災にも耐えたんだそう。
トラスの構造はなかなか美しいので、2代目駅舎も優美な姿だったんでしょうね。

「2代目京都駅 1番ホーム上屋
 トワイライトプラザには、1914(大正3)年に建設された2代目京都駅の上屋鉄骨の一部が利用されています。
 2代目京都駅は、ルネサンス様式を取り入れた、総ヒノキの木造2階建ての駅舎で、その1番ホームの上屋には
 大正時代を代表する建築構造である、トラス構造が用いられました。1950(昭和25)年に発生した火災でも
 上屋の鉄骨部分は焼け残り、1994(平成6)年に現在の4代目駅舎の建設が始まるまで、80年間使用され、
 そののち旧交通科学博物館の屋外展示場上屋にも利用されました。
 ここでは、戦後を代表する電気機関車や寝台車、寝台特急「トワイライトエクスプレス」を展示しています。」

※説明板より引用、以下同じ






夢を乗せて走っていた・・・
by sampo_katze | 2019-08-22 21:15 | 博物館・美術館 | Comments(0)