カテゴリ:四国( 27 )
初めてのゴーアラウンド(着陸やり直し)
1コマ写真@松山出張・その5e


c0081462_21401007.png
「着陸復行後のルート」


2日目は午前中で仕事が終わり。
当初は17:40発の「JL438」便を予約していたのですが、次の日は出勤しなければならないので予約を変更。
1本早い14:50発の「JL436」便に振り替えました。
これですと「羽田空港」の到着が16:10となり、明るいうちに着くことができますので。
予約を変更せずに「松山城」に立ち寄ってからでもよかったんですけどね。

「松山空港」には13時前に到着。
空港内にある「鯛めしかどや」で少し遅い昼食をいただきます。
もちろん前菜にはあの「ちりめんじゃこ天」をつけました。
そしてメインは「宇和島鯛めし」で決まり!
もう1つの名物郷土料理の「さつまめし」がセットになった御膳もありましたが、ご飯が2つになるのでちょっと多いかなと(^^;

さて出発は機材の到着遅れのため、10分遅れの15時ちょうどに変更となりました。
まぁ5~10分程度なら途中の航路にもよりますが、十分取り返せるので気にならないところ。
実際、「羽田空港」の着陸は定刻の16:10少し前になるはずでした。
ですがあともう少しで左手に「浮島公園」が見えてくるか、というところでエンジン音が高まります。
え?と思っていると、今度は機体が上昇を始めるではないですか!
これはもしやの「ゴーアラウンド」!?

その後は「都心」から「船橋」付近、「房総半島」上空を通って大きく1周。
予定の「A滑走路」ではなく、東側の「C滑走路」に約35分遅れで着陸しました。
途中の機内アナウンスによれば、「A滑走路」上に物が落ちている可能性があったためとのことでした。
安全第一ですから遅れるのは問題ないですが、着陸直前で急に上昇するというのは初めてなだけに少々不安でしたね(^^;
ここ数年は飛行機に興味が出てきていて、「ゴーアラウンド」についても知ってはいましたけど。
それにしても、1本早い便に乗ったことでこんな体験ができるとは思いもしませんでした。


PC画面キャプチャ




by sampo_katze | 2019-01-30 21:30 | 四国
市内を走るみかん(色の)電車
1コマ写真@松山出張・その4


c0081462_17473540.jpg
「愛媛県庁に色を添えて」


今回の出張で利用したのは「いよてつ」の名で親しまれている「伊予鉄道」です。
「松山空港」から出ている「リムジンバス」も同系列の「伊予鉄バス」が運行しているもの。
この近辺に出かけるときは必ずと言っていいほどお世話になるところです。
今回も「リムジンバス」に加え、宿から客先までの移動手段として「市内電車」「郊外電車」を使いました。
公共交通機関を使って移動できるのは費用も抑えられますし、最寄り駅などから歩いて行けるというのもプラス。
どうしても運動不足になりますからね~(^^;

で、気になったのが「市内電車」で使用されている車両の色。
以前はオレンジとクリームまたは白のツートーンだったのですが、ご覧の通り全身オレンジ色になっていました。
とうとう蛇口からだけでなく、線路上にまで出てきてしまったんですね~(違)

この塗装色、2015年5月25日に発表された「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」によるものとのこと。
ここに写っている車両は「2002号」で、元々は「京都市交通局」で運用されていました。
竣工はなんと1964年(昭和39年)1月という旧車で、1979年5月「伊予鉄」に譲渡されています。
このとき一緒に来たのが「2003~2006」の4両で、トップナンバーの「2001号」は地元の「梅小路公園」で保存されています。
移転してきた5両とも健在で、新塗装もしっかりまとっています。
まさか車齢50を越えて、こんな派手な装いになるとは思ってなかったかもしれません。

奥に見える建物は「愛媛県庁舎」の本館です。
竣工は1929年(昭和4年)2月で、1994年に大修繕を行ったとのこと。
西日が当たっていい雰囲気になってくれました。

この日は仕事がスムーズに進み、意外と早く終わったので「松山城」に行ってみたかったところ。
ですが「ロープウェイ」「リフト」の営業時間が1月は17時まで。
しかも「天守」内見学のためには50分前までに乗車くださいとの案内がありました。
そしてこのとき時刻は16時30分・・・・・。
泣く泣くあきらめることとなりました(^^;


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-01-28 21:15 | 四国
ちりめんじゃこ天、美味!
1コマ写真@松山出張・その3


c0081462_20545236.jpg
「ちりめんのトッピングがうれしい」


初日は移動日で、宿には18時過ぎに到着しました。
「松山空港」からは「JR松山駅」まで15分と至近で、最も遠い「道後温泉駅」でも40分で着きます。
かなり便利な空港なんですね。

さて、初日の夕食は宿からほど近いところにある「Kamado dining えん家」へ向かいます。
かつては旅館だったという築60年の古民家を改装したお店とのこと。

さっそくこの地方の名物になっている「手作りじゃこ天」をオーダーします。
出てきたものには表面に「ちりめんじゃこ」がトッピングされていました。
こんなパターンは初めてみたのでちょっとおどろき。
でも食べてみると、最初にカリカリっとした食感がくるんです。
これが「じゃこ天」のおいしさをより引き出しているような感じがしました。

帰りの飛行機を待つ間に立ち寄った、「松山空港」内にある「かどや」でもスタイルで供されていました。
あれ?と思ったんですが、同じグループだったんですね。
これは「かどや」独自の作り方なのでしょうか。

郷土料理以外にもメニューが豊富。
とはいえ、せっかくの遠征なので地元のお酒と合わせて楽しみたいところです。
次の日が仕事でなければ・・・・・と思わずにいられませんでした(^^;


iPhone5S





by sampo_katze | 2019-01-26 21:30 | 四国
松山空港にあの伝説の蛇口が
1コマ写真@松山出張・その2


c0081462_20544489.jpg
「旬のみかんが味わえる」


「松山空港」の到着ロビーには、あの「伝説の蛇口」がありました。
その伝説とは、「愛媛県の家庭では蛇口からポンジュースが出る」というもの。
これはいわゆる「都市伝説」だったのですが、それを実現してしまったんですね。
初めて登場したのは2006年(平成19年)11月で、期間限定のものだったそう。
ですが2017年7月20日からは1階に常設されるようになりました。
到着ロビーの一角にある「Orange BAR」にあります。
1杯350円とやや割高に感じられますが、出てくるのは旬の「柑橘類」を使用したジュースとのこと。
ここ以外にも「伝説の蛇口」はいくつかあるそうです。
町歩きついでに探してみるのも面白いかも?


iPhone5S





by sampo_katze | 2019-01-24 21:00 | 四国
ただいま松山
1コマ写真@松山出張・その1


c0081462_20251062.jpg
「しまなみ海道の南側玄関口」


今日から3日間、こちらでお仕事のため「愛媛県松山市」に来ています。
といってもこの日は移動だけですが。

午後発の飛行機で「松山空港」へと降りたちました。
定刻より10分ほど早く到着したので、1階の「到着ロビー」を少し歩きます。
するとこんな案内看板を見つけました。
上の「お遍路さん」「四国」なのでわかりますが、下の「サイクリスト~」というのはなんだろう?
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

これは、おそらく「しまなみ海道」へと出かける「サイクリスト」向けの施設だと。
ここから北東に約50kmほどのところに南側のスタート地点である「来島海峡大橋」があるんです。
50kmともなるとかなりの距離ですが、健脚の方なら足慣らしといった感じなんでしょうか。
見に行ってませんが、「自転車」を組み立てるスペースもあるようです。
そういえば北側の「尾道駅」にもそんなスペースがありましたっけ。


iPhone5S




by sampo_katze | 2019-01-22 21:00 | 四国
帰路の機体は特別塗装機!のはずが
1コマ写真@徳島出張の続編・その4e


c0081462_14255685.jpg
「普段着に衣替え??」


搭乗する「羽田」行きの飛行機は11:45発の「JL456便」です。
充当される機材は「B767-300」で、「Flightradar」によればレジ番号は「JA656J」
ということは派生型の「300ER」で、かつ「行こう!九州」の特別塗装機です。
「平成28年熊本地震」の復興と「九州」への応援の想いが込められているもので、2016年12月から運航されています。
乗ってしまえばほかの通常機材と変わりませんけど(たぶん)、なんとなく気分はいいものです。

そうこうするうち、折り返し「JL456便」となる「JL455便」の到着が10分ほど遅れるとのアナウンスが入ります。
飛行状況を見てみると、北上してきて空港上空で東に旋回し海に出るところを
1度西に旋回して内陸を飛んだ後に海に出ていました。
空港上空に「∞」を描くような感じですね。
「羽田」を離陸するのに時間がかかり、ほぼ同時間帯に出発する「ANA」「NH282便」との調整があったのかもしれません。

さて、「455便」が展望室の左手から進入してきます。
徐々に機体が大きくなり、ほぼ目の前で煙をあげてランディング!
機体の右側、「スターボードサイド」を見せながら通過していきます。
でもそこに見える姿は通常機と同じで、機体後部にあるはずの特別塗装がありません。
あれ?「ポートサイド」だけなのかなと思い、スポットに戻ってくるのを待ちます。

2500mの滑走路の端まで行って戻ってくるので、5分ほどかかります。
待つことしばし、「ポートサイド」を見せながらやってきた機体にはやはり何もなかった!
運航開始から約2年たつので、どうやら通常塗装に戻ってしまったようです。
まぁ「特別塗装機」は期間限定のものですから、仕方ないですね~。
ちなみに同時に始まった「JAL九州応援プロジェクト」のキャンペーンツアーは、来年6月まで継続されるようです。
今年は「福岡」経由で「宮崎」に出かけたので、来年は「熊本」にも行こうかな?


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-30 21:15 | 四国
徳島空港でご当地バーガー
1コマ写真@徳島出張の続編・その3


c0081462_14255166.jpg
「絶妙なバランスで倒れない?」


今回の出張は22日(木)に仕事は終わる予定ではあったものの、終わる時間が読めず。
おまけに翌日から3連休になるとあって、帰京するのは当日夜か?翌日朝か?で悩むところです。
かといってギリギリに飛行機を予約するとなると、満席で取れなくなるリスクも。
「マイレージ上級会員」は空席待ちでの優先がありますが、そもそもキャンセルが出なければ何の意味もありませんし。
そこで事前に23日の昼前の便を予約し、22日の夜も「美馬市」に滞在することにしました。
22日のうちに「徳島市」へと移動しておく手もありましたけどね。

で、23日(金)の8時前に「穴吹駅」を出発し「徳島空港」には10時前に到着しました。
予定していた列車より1本早く乗ってしまったので、「徳島駅」での待ち時間がかなり長くなってしまいましたが。
その後はお土産を買ったり、飛行機を眺めたりして10:30まで時間をつぶします。
その理由は、空港内にある「リッチバーガーファクトリー」の通常メニューが提供されるようになるから。
前回10月に来たときは朝2番の飛行機だったため、「モーニングメニュー」しかありません。
そのため、お目当てにしていた「ご当地バーガー」が食べられなかったんです。
でも今回は搭乗までも1時間以上あるので、余裕を持って食べることができます。

ここの「ご当地バーガー」のメニューは3種類(だったと思う・・・・・)。
今回はその中から「てりやき尾鶏バーガー」(650円)をいただきました。
名前からして地元産の「阿波尾鶏」を使用しているのかな~?
サイズはやや小ぶりですが、宿でしっかり朝ごはんを食べてからそれほど時間がたってないのでちょうどいい感じ。
てりやきにしてはややさっぱり味で、正直ご当地感は少々物足りないです(^^;

もう1つの「とくしまバーガー」には「自家製すだち塩ダレ」が使われているよう。
そちらのほうが、よりご当地感がアップしそうですね。

さらに激辛の「ハンバーギャー」もありました。
こちらは完食すると「認定書」がもらえ、さらに7枚集めると特製ステッカーももらえるんだそう。
って、どんだけ辛いんだよ!
話のタネに食べてみたい気もしますが、さすがにコワイですね~。
辛いのが平気なメンバーが同行したときに試してみるのがよさそうです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-28 21:00 | 四国
山間にある美馬市脇町で海の幸を堪能
1コマ写真@徳島出張の続編・その2


c0081462_14254686.jpg
「瀬戸内産ホウボウの姿造り!」


今回も宿は「美馬市脇町」(みまし わきまち)に取りました。
最寄り駅は「JR徳島線」「穴吹駅」(あなぶき)で、「徳島駅」からは普通列車で1時間~1時間20分ほど。
単線なので途中駅での列車交換がありますが、その有無や停車時間によって所要時間が大きく変わります。
行きに乗った「徳島駅」07:21発の列車は、2駅目でいきなり14分も停車してましたから。
しかもこの列車、「穴吹駅」でさらに38分も停車するというのんびりさ!
なんでそんなに停まるのかと思って調べてみると、その間に普通列車と特急列車それぞれ1本と交換するようです。

「徳島線」は「吉野川」沿いに東西に延びる路線で、「穴吹駅」は河口から直線で約40kmの山間にあります。
駅のある南岸側はやや閑散としていますが、北岸側は江戸時代に「阿波藍」(あわあい)の生産地として栄えたこともあってか
飲食店やスーパーなども多く、今回のような長期出張ではありがたかったですね。

2回目の訪問となった今回、宿の近くにあったお店に2回お世話になりました。
結構内陸なのに、魚介がメインのお店だったのでちょっと意外。
でもまぁ、わたしも同じような場所に住んでいるので不思議でもないんですよね(^^;
それにメニューを見ると肉や麺類に串揚げなどなど、かなり豊富でビックリでした。

1回目は定食をいただきましたが、2回目は魚料理を堪能。
「ホウボウ」があったのはうれしかったですね!
食べるのはこれで2回目ですけど。
次は肉料理も試してみたいな~!
ただ、次があるかは今のところ未定なんですけどね~・・・・・。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-26 21:15 | 四国
1ヶ月ぶりにふたたび徳島へ
1コマ写真@徳島出張の続編・その1


c0081462_20534795.jpg
「3種の地ビール」


11月18日(日)から再び「徳島県美馬市」へと出張。
先月の訪問で積み残した案件を処理するための訪問です。
18日のうちに「美馬市」まで行ければよかったんですが、所用のため最終便で移動。
その夜は「徳島駅」近くに宿泊し、翌朝に「徳島線」で移動して同行者と合流しました。
ちょうど通学時間帯でしたが、「徳島駅」発車の時点では混んでなかったのはちょっと意外でしたね。
途中から続々と乗車してきましたが。

初日の仕事を終え、夕食の帰りに近くのスーパーに立ち寄ります。
そこで目にしたのが「地ビール」
「阿波麦酒」が製造しているもので、3種類置いてありました。
ラベルにはご当地らしく「阿波踊り」の笠が乗り、たらいに乗った「タヌキ」が描かれています。
なぜ「タヌキ」なのかは謎ですが(^^;

さて、買ったはいいものの「栓抜き」がないことにあとで気が付きます。
宿のフロントで借りることもできたかもしれませんが、結局最終日の22日(木)に同じスーパーで探して購入。
無事に飲むことができました。
待ったかいがあって?おいしくいただきました(^^)
「徳島駅」地下にある「お土産・駅バル横丁」には、「醸造所」併設のブリュワリーもあるとのこと。
次回訪問する機会があれば、そちらでできたてを堪能してみたいところです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-24 21:00 | 四国
荷物受取ターンテーブルもハロウィン仕様
1コマ写真@徳島出張・その7e


c0081462_18051868.jpg
「本物のカボチャを運んでいます」


今年50回目のフライトを終えて無事「羽田空港」に到着。
定刻の10:10より5分の早着でした。
この時間帯は到着する飛行機が少ないこともあるのかな?

降機したら「南ウイング」「手荷物受取所」へと進みます。
それほど大きな荷物ではなかったので、機内持ち込みでもよかったんですけどね。
座席位置指定のマップを見ると結構埋まっていたので、混雑するかと思い預けることにしました。
でも「手荷物受取所」に進むと・・・・・あれ?意外にも人はまばら。
ビジネス客が多く、手荷物が少なめだったのかもしれません。

ターンテーブルの上に乗っていたのは「トーイングトラクター」
運転している「クマ」は、オレンジ色のマフラーと帽子を身に着けています。
そう、「ハロウィン」仕様なんですね~。

そして後ろに引いているのは本物の「カボチャ」です。
ちゃんと目、鼻、口もデザインされています。
さらに乗っている「コンテナドーリー」には、小さく「W-T2.7kg」の文字が。
「カボチャ」の重量2.7kgのことでしょうね。
こんな楽しいものが見られるとは、荷物を預けてよかったです(^^)


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-10-31 21:00 | 四国