カテゴリ:山陰・山陽( 143 )
国宝・松江城の天守
マイル修行で松江訪問編・最終回


c0081462_08331609.jpg
「雨にぬれた散りはじめの桜とともに」


「松江城」では、毎年「桜」の咲く時期に合わせて「お城まつり」を開催しています。
今年は3月24日(土)から4月15日(日)の間で、その期間中は様々なイベントが行われます。
わたしが訪ねた4月7日(土)は、午後から「松江武者行列」が実施される予定でした。
ですが、あいにくの雨だったために中止となってしまいました。
「行列」に参加するはずの「馬」が、城近くの道をポコポコと歩いている様子が見られましたね。
あ、もちろん人が引いて一緒に歩いていましたよ(^^;

さて、「興雲閣」に立ち寄ってからいよいよ「天守」へと参ります。
「松江城」は1611年(慶長16年)に落成し、「天守」は1738年(元文3年)から1743年(寛保3年)にかけて大改修が行われています。
このときに現在の姿になったとされていて、全国に12ある「現存天守」の1つに数えられています。
また2015年に「天守」が「国宝」に指定されています。
実は1935年(昭和10年)に当時の「国宝保存法」により1度指定されていたんです。
ですが、1950年(昭和25年)に施行された「文化財保護法」により「重要文化財」に変更されました。
65年ぶりの再指定だったんですね。


表紙の写真は、「本丸」に入ったところから眺めた「天守」です。
超がつくくらい定番な構図ですが(^^;
「桜」の枝もちょうどいい感じで伸びていて、ほんといい感じ。
でも前回も書きましたが、今年は時期が早かったようで4月初めの週末だというのにもう散りはじめ。
葉っぱも目立ち始めていて、まるで「オオシマザクラ」のようでした。
これが青空で、しかも「桜」が満開だったら・・・・・と思わずにはいられません。

「史跡 松江城  昭和9年5月1日国指定
 堀尾氏は豊臣秀吉、徳川家康に仕え、関ケ原の合戦で武功をたてた堀尾忠氏(ほりおただうじ 堀尾吉晴(よしはる)とする説もある)は
 慶長5年(1600)出雲・隠岐両国24万石(23万5千石とする説もある)を与えられ、広瀬の富田城に入城した。
 しかし、富田城はその周辺を高い山に取り囲まれ大砲などを使う近代戦に不利であったことと、侍を住まわせるに広大な城下町を
 形成しなければならなかったことなどの理由からこの極楽寺山(亀田山とも言う)に城地を移した。
 築城工事は、慶長12年(1607)から足かけ5年を費やし慶長16年(1611)に一応の完成をみた。城地の広さは東西360メートル、
 南北560メートルあり、周囲に20~30メートルの内濠をめぐらす。
 標高28.1メートルの頂上部に本丸を置き、荒神櫓をはじめ6か所の櫓とそれをつなぐ細長い多門がめぐっている。
 天守は本丸の東北隅に築かれている。二之丸は本丸の南側に一段低く隣接し御書院や御広間などがあった。本丸の東側の平地は
 二之丸下の段と呼ばれ、藩士の扶持米などの米蔵が立ち並んでいた。
 その他、本丸の周辺には腰曲輪、中曲輪、外曲輪、後曲輪があった。城山(じょうざん)の南には三之丸(今の県庁附近)があり
 藩主の御殿があった。
 石垣用の石材は、松江市の東部、大海崎、福富地区の山麓から産出する安山岩(あんざんがん いわゆる大海崎石)が
 大量に使用され堀尾氏の家紋である分銅型などの刻印が認められる。
 城主は堀尾氏、京極氏と続くが、いずれも嗣子なく断絶した後、松平氏が10代続き1度の戦乱に巻き込まれることなく明治維新を迎えた。
 明治8年(1875)無用の長物と化した櫓や多門など多くの建物はことごとく壊されたが天守だけは旧藩士や豪農の懇請により
 保存されることになり山陰地方唯一の現存天守としてその威風堂々たる威容を今も宍道湖畔に映し出している。
      昭和55年3月 松江市教育委員会」


「しかめっ面をした黒くそびえる屋根の下から、東と南を望むと、
  空を舞う鷹になったように、全市を一目で見渡すことができる
      (小泉八雲 「知られぬ日本の面影」より)」






国宝になってからは初訪問・・・
by sampo_katze | 2018-10-17 21:00 | 山陰・山陽 | Comments(0)
松江城にある迎賓館・興雲閣
マイル修行で松江訪問編・第7回


c0081462_08304535.jpg
「ピンクのしまねっこ号は、元東急車」


「松江フォーゲルパーク」を一通りめぐったところでちょうどお昼どきになりました。
園内で食事がとれるのは「レストラン フローラ」「そば亭不昧庵」(ふまいあん)の2か所。
「フローラ」は「バイキング」があるのですが、訪問した日は期間外?だったのか未実施。
そのため、軽食の提供にとどまります。
「不昧庵」の方はというとこちらも団体貸切で、13:30以降だったかな?でないと入れませんでした。
さすがにそこまで待つのもなんですし、何より昼ごはんが遅くなると夕ごはんの楽しみが半減しそうです。
ちなみに「不昧」とは「出雲松江藩」の7代藩主松平治郷(まつだいらはるさと)の称号のこと。
「偏」(へん)は「口」ではなく「日」なのでお間違いなく。
決して「不味(い)」(まずい)ではありませんよ~!(笑)

ということで、園内での食事は断念して「松江」の市街に戻ることにしました。
ですが残念なことに「松江しんじ湖温泉駅」行きの電車は12:01発が出たばかりで、次は13:01発までありません。
雨もほぼやんでいたので、時計を見ながら先の駅まで歩くことに。
結局2つ先の「長江駅」(ながえ)まで、約3kmほど歩けました(^^;
道は「宍道湖」沿いにあるので平坦で歩きやすかったですね。
さらに次の「朝日ヶ丘駅」まで行けそうでしたが、さすがに乗り遅れそうだったのでやめておきました(笑)


表紙の写真は、「松江しんじ湖温泉駅」に到着した列車です。
全体がピンク色に塗装され、左下には「島根県」の観光キャラ「しまねっこ」が描かれていました。
後で調べてみるとこの車両は元「東急1000系」で、「東横線」「東京メトロ日比谷線」の相互乗り入れに使われていた車両。
2両×3編成が導入され、3番目のこの編成が「しまねっこ」のラッピングがされています。
車内は特別な装飾などはされていなかったと思いますが・・・・・(^^;






春の雨降る松江城へ・・・
by sampo_katze | 2018-10-15 21:15 | 山陰・山陽 | Comments(0)
伊丹空港経由で出雲空港へ
マイル修行で松江訪問編・第1回


c0081462_08042241.jpg
「初めてのリージョナルジェット搭乗」


4月6日(金)。
この日は午後半休をとって、2泊3日で「島根県松江市」へと出かけました。
目的の1つは「マイル修行」なので、「羽田空港」から最寄りの「出雲空港」へと飛びます。
鉄道で行くとなると、相当な時間がかかりますし(^^;
しかも直行便があるにもかかわらず、「伊丹空港」経由の乗継ぎでのフライトをセレクト。
運賃は割高になりますが、搭乗回数を単純往復の2回から4回に増やすことができます。
また「伊丹空港」を訪ねるのはこれが初めてなので、少し様子を見ておきたいというのもありました。


表紙の写真は、「伊丹空港」で出発を待つ「出雲空港」行きの「JL2357」便です。
使用機材は「エンブラエルE170」で、レジ番号は「JA223J」
これが「リージョナルジェット」への初めての搭乗となりました。
便名は「JAL」ですが、機体側面に「J-AIR」とあるように運航は「ジェイエア」が行っています。
また、このときは「日本エアコミューター」が1便担当していました。
機材は「ターボプロップ機」「ボンバルディアDHC-8-Q400」でしたが、5月7日の「J-AIR」への移管に伴い
全便が「E170」での運用に変更となっています。





機材は小型でも快適性は上・・・
by sampo_katze | 2018-10-03 21:30 | 山陰・山陽 | Comments(0)
広島に飛んできたミッキーなキャプテン
1コマ写真@広島・その8e


c0081462_21005582.jpg
「手袋もミッキー仕様!」


3日目の9月2日(日)は13:15発の「JL258」便で帰京します。
通常ならもっと遅い便の方が観光には適しているんですけど、この便かそれより前が最安値だったので(^^;
また、行きは「広島空港」を見る間もなくすぐに「空港連絡バス」に乗ってしまいました。
ですので、帰りは少しゆっくり見て回ろうと「広島駅」09:00発のバスを利用。
途中「高速道路」を経由しますが、空いていたのでほぼ定刻の09:43には空港に到着できました。

2階の「出発ロビー」にあるカウンターで手荷物を預け、3階の「展望デッキ」へと上がります。
前日まで降っていた雨は上がり、この日は朝から青空が広がっていて強い日差しが照りつけていました。
昨日もこんなだったら?とも思いますが、晴れたら晴れたで相当暑かったでしょうからね(^^;

しばらくすると「羽田」からの「JL255」が着陸、定刻より少し早い10:02頃に駐機場に到着しました。
すぐさま「グランドスタッフ」たちが作業に入るのを眺めていると、「コックピット」の向かって右側の窓に何かが掲げられます。
まずは「ミッキーマウス」の顔、続いて右手、さらに右側の小さな小窓にもそれぞれパネルが1枚ずつ。
機体を撮るつもりはなかったのですが、意外な展開になったのでバッグから急いで取り出して撮影開始。
すると窓が開いて「機長」が顔を出し、「展望デッキ」に向かって手を振りはじめました!

左手には白手袋をしているんですが、なんかサイズが大きいような?
そこで写真をよ~く見てみると、どうやら「ミッキーマウス」の手をデザインしたもののようです。
指も4本でしたし・・・・・って、このことは今回初めて知りました(^^;
「ボーディングブリッジ」の窓からも見られたはずですが、降機するお客さんで気づいた方はいらっしゃるのかな。
それにしてもユーモアのあるこの「機長」、一体どんな方なんでしょう??


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-15 21:00 | 山陰・山陽
広島の2つの世界遺産を結ぶ船
1コマ写真@広島・その7


c0081462_21004753.jpg
「原爆ドームを川面から眺められる」


「宮島」の桟橋へ戻ってきたのは14時少し前。
そこから再び「連絡船」に乗って「宮島口駅」へと戻りました。
天気があまりよくないとはいえ、宿に戻るには少し早いという少し微妙な時間帯です。
そこでもう1つの「世界遺産」である「原爆ドーム」に行くことにしました。
「JR山陽線」を利用すると「西広島駅」で乗り換えが必要となりますが、「広島電鉄」なら直通で行けます。
「広電宮島口駅」から「原爆ドーム前電停」までの所要時間は50分弱で、運賃は260円。
「西広島駅」乗換ですと490円で所要時間もほぼ同じとなれば、選択の余地はないかも?
ただ「広島駅」まで行くのであれば、「JR」ですと所要時間が半分なので使い分けですね。

「原爆ドーム前電停」を下り、ホーム端にある信号を渡るとすぐに「原爆ドーム」はあります。
その足元からは「宮島」とを45分で直接結ぶ「ひろしま世界遺産航路」が運航されているんですよ。
この航路は「アクアネット広島」が運営している中の1つ。
1日に17便で、土日などの多客期には臨時便が増発されます。
またその日の潮位により、橋がくぐれなかったり座礁したりする可能性があるため欠航することもあります。
公式サイトにある「運航表」を事前にチェックしておくといいですよ。

運賃は大人2000円(往復は3600円)とやや割高ですが、「高速船」ですからね。
それに陸のルートとはちがった景色を眺めながらの旅もまたいいものです。
って、今回は使ってませんけどね(^^;

ちなみに写っている船は「きらら」
全長14.5m、総トン数10t、旅客定員35人で、「アクアネット広島」の船の中ではもっとも小柄です。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-13 21:45 | 山陰・山陽
海に浮かぶ紅い大鳥居と紅い船
1コマ写真@広島・その6


c0081462_21003907.jpg
「紅の競演」


「宮島水族館」を出て「桟橋」の方へと戻ります。
150mほど、海沿いに出てすぐのところで小さな橋がありました。
このときはわかりませんでしたが、その対岸は「西の松原」と呼ばれる自然の突堤でできています。

ここからも「厳島神社」のシンボルである「大鳥居」を見ることができます。
もし「干潮」なら「大鳥居」の下まで歩いていき、真下から見上げることも可能。
ですが、残念ながらこの日の「干潮」の時刻は06:57と19:12。
とてもじゃありませんが歩いていくことはできません。
こちらに来るときに「連絡船」から見ていると、ひざ上まで水に浸かっている状態で写真を撮ってる人たちがいましたけどね(汗)

歩いていけないのは残念だな~と思いながら進んでいくと、東寄りに波打ち際へと下りられる場所を発見。
そこから「大鳥居」を撮りますが、ちょっと物足りない感じ。
そこで10分おきにやってくる「連絡船」といっしょに撮ってみることに。
やってきたのは2016年11月に就航した「ななうら丸」(3代目)です。
現在運航されている3隻のうち、もっとも紅色が多く配されている船体で「大鳥居」とよく合います。
モノクロームの風景の中に鮮やかな色が入りました。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-11 21:30 | 山陰・山陽
宮島水族館で泳ぐ赤ヘル軍団たち
1コマ写真@広島・その5


c0081462_21383648.jpg
「白地に赤ヘルはホーム用ユニフォーム」


昼ごはんを「ふじたや」「あなごめし」でいただき、お店を出るとまだ12時前。
雨が降っている上に蒸し暑いという、歩き回るには精神衛生上よくない環境ですが(^^;
これで島を出るというのは、あまりにももったいないですよね。
「桟橋」方面に戻って「厳島神社」を参拝するという手もありましたが、奥にある「宮島水族館」をのぞいてみることに。
「日本三景」の1つであり、「世界遺産」にもなっているところに「水族館」というのはちょっと意外な感じ。
ですが歴史は古く、1959年(昭和34年)に前身となる「広島県立水産資源研究所」が開所しています。
その後は何度か改修が行われ、現在の施設は2011年(平成23年)にオープンしたものです。

館内は10のゾーンがあり、「瀬戸内海」の生きものたちを中心とした展示がされています。
その中で特に目を引いたのが「カープ応援アレンジ水槽」です。
「カープ」とはもちろん、ご当地「広島」を本拠地としている「プロ野球球団」「広島東洋カープ」のこと。
小さな水槽が並ぶコーナーですが、水槽のまわりだけでなく中も「カープ」一色です。
ただ、ほとんどがややこじつけになっているところがあるのは仕方ないところ(^^;

ですが、この水槽だけはちがいました。
ここにいるのは「丹頂」(たんちょう)という「金魚」ですが、その姿は「赤ヘル軍団」そのもの!
しかも体が白いので、「ホーム用ユニフォーム」の姿になっているというおまけつき。
まさに「カープ」のために生み出されたといっても過言ではありません??
ちなみに写っているのは10匹でした。
ということは、ここにいるのは「ナイン+監督」ということでしょうかね?


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-09 21:00 | 山陰・山陽
昼ごはんは宮島のあなごめし
1コマ写真@広島・その4


c0081462_21382874.jpg
「メニューはあなごめし一本!」


「宮島」に着いたら、まずは「厳島神社」を目指すところ。
ですが、この日は少し早目の昼ごはんをとるために境内に入らずに先へと進みます。
そして「厳島神社宝物館」の左側にある小道に入って100mほど歩くと、目的のお店「ふじたや」があります。
「宮島」の桟橋からは約1.2kmほど、歩いて約20分といったところでしょうか。

このお店は「あなごめし」がおいしいということで、おすすめのお店として紹介されていた中の1つ。
「宮島口駅」前にある「うえのや」では「駅弁」も含めて食べたこともありますが、こちらは初めて。
人気のお店で行列必至とのことだったので、11時の開店より前に着きたいと思っていました。

30分ちょっと前に着いたので、ひとまずお店の場所だけでも確認しておこうと行ってみると誰もいません。
天気が悪いから今日はそんなに混まないかな?とも思い、もう少し時間をつぶすために周辺をぶらぶら。
15分前にもう1度確認すると、入口の右側に名前を書くシートを見つけたのでそちらに記入。
その時点でわたしは2番目でした。
もうこの場を離れると順番が飛ばされる可能性があるので、お店の左側にある「待合所」で待ちます。
簡易的とはいえ屋根もあって雨もしのげますし、ベンチもありました。
そして11時ちょうどに開店、待たずに入店できました。

メニューはシンプル。
ごはんものは「あなごめし」1本という潔さなので、迷いようがありません。
お酒は「日本酒」2種と「ビール」(中ビン)があったので、ここは「ビール」で。
「あなごめし」は注文を受けてから作り始めるので、それまでのつなぎに「あなご南蛮」もオーダー。
やや甘めのさっぱりした味わいがいい感じ。

せっかくなので「あなごの肝」も追加したら、「あなごめし」と一緒にやってきました。
「うなぎの肝」はよくありますが、「あなご」は初。
臭みも苦味もまったくなく、ほんのりと甘くてコクがありました。

そしてメインの「あなごめし」はどんぶりごと蒸し上げるようで、すべてがアツアツ!
身はふっくらしつつ、香ばしさも感じられました。
味付けはやや薄めですが、「肝」も合わせて食べると少し濃厚な感じになります。

ちなみに、こちらのお店は「ミシュランガイド広島版」で1つ星を獲得しているとのこと。
それを差し引いても食べる価値ありと思います。
特に「あなごの肝」はオススメですよ。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-09-07 21:30 | 山陰・山陽
宮島で作ってる地ビール
1コマ写真@広島・その3


c0081462_21382228.jpg
「シカも満足?」


翌9月1日(土)は朝から雨でした。
前日の夕方もかなり激しい「にわか雨」があったよう。
そのためか、飛行ルートもかなり「日本海」側へ迂回していました。
この日はそれほどひどくはなさそうですが、1日中降る見込み。
気温はそれほど上がらないものの、湿度はかなり高くて歩きまわるにはあまり向いてなさそうです(^^;

とはいえ、せっかく「広島」までやってきたのですからね。
で、お約束の観光名所である「宮島」へと足を運びました。
「JR山陽本線」から「連絡船」へと乗り継いで上陸。
そしてこれまたお約束ポイントの「厳島神社」の方へ、海沿いの道を進みます。
雨のためか、見られる「シカ」の姿は少なかったですね。

海中にそびえる「大鳥居」の姿がだいぶ大きく見えるようになったころ。
左側に微笑む「シカ」のポスターを発見。
ここは「地ビール」「宮島ビール」を醸造している「宮島ブルワリー」です。
「レストラン」も併設されていて、地元産の食材を生かした料理が味わえるとのこと。
もちろん「宮島ビール」も9種類あり、こちらも楽しそうです。

ただ、この日の昼ごはんは「あなごめし」を食べることに決めていました。
そして、何よりもこの場所のことを知りませんでしたからね・・・・・(^^;



D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-05 21:30 | 山陰・山陽
広島といえばカキ!
1コマ写真@広島・その2


c0081462_21381445.jpg
「夏なのに大ぶりで、プリプリ!」


「広島」の名物といえば、なんといっても「カキ」ですよね~。
でも、イメージ的には冬。
「R」が付く月、「September」(9月)から「April」(4月)までとよく聞きます。
実際にはもう少し短い期間でしょうけど。
ですので、初めからないものだと考えていました。
でもちょっと気になったので調べてみると、意外にも夏でも食べられるんですね!

移動日の夜に立ち寄ったお店では、夏限定で「冷蒸牡蠣」を提供しているとのこと。
ふつうに「蒸し牡蠣」をオーダーしたところ、店員さんがそう教えてくれたので迷わず注文します。
正直言えば半信半疑だったんですが、出てきた「カキ」の殻の見た目はなかなかの大きさ。
開いてみると身がしっかりはいっていて、つややかな光沢をみせていました。
「ポン酢」につけて食べてみると甘みがあり、ジューシーさも十分。
ほんとにいま夏なのか?と思ってしまうほどのおいしさでした(^^)


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-09-03 21:20 | 山陰・山陽