人気ブログランキング |
カテゴリ:飛行機( 37 )
鹿児島空港の真っ白なSAAB340B(まさかの復活)
1コマ写真@蒲原出張・その5


鹿児島空港の真っ白なSAAB340B(まさかの復活)_c0081462_13441632.jpg
「僚機が見守る中で」


2020年の初フライトは、「静岡富士山空港」から「鹿児島空港」へ飛びました。
「静岡空港」から飛んだのは「静岡」への出張があり、中間に3連休が入ることから。
もし土日の2日間だけだったら、かなりタイトになるのでやらなかったでしょう。
また「埼玉」から「静岡空港」へ移動し、そこから飛ぶというのも少々面倒(^^;
そんなわけで、なかなか利用することがない空港から飛べる機会を得られたのは大きかったですね。

「静岡空港」からは「ANA」「新千歳空港」「那覇空港」の2か所を、
ここを拠点空港とする「フジドリームエアラインズ」(FDA)が5か所(冬季ダイヤは4か所)を結んでいます。
「JAL」のマイラーであるわたしが選んだのは、コードシェア便を運航している「FDA」。
そして、この時期に運航している最長路線の「鹿児島空港」行きを選びました。
ほかの空港が、ここ2年間に訪ねたばかりのところだったというのもあります。

空港内をめぐり、16:25発の「JL650」便で「羽田空港」へと戻ります。
搭乗待合室に入ってしばらくすると、白い機体が入ってきました。
あのシルエットは退役した「日本エアコミューター」「SAAB340」にちがいない。
それにしても・・・・白いのは退役しているので当然ですが、なんで飛んで来たんだろう?と
もしかして、退役整備を終えて飛んできたのかな?とも思いました。

ですが後で調べてみると、なんと「喜界島」(きかいじま)からの営業フライトでした。
昨年12月20日の営業フライトをもって「SAAB340」は退役しています。
ですが今年1月9日、後継機の「ATR42-600」(JA07JC)が「奄美空港」で着陸時に滑走路を逸脱。
強風にあおられたためとされています。
その影響で、ラストフライトを務めた「JA8703」が復活したよう。
搭乗機の出発間近だったのでよく見られなかったのが残念でした。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2020-01-19 21:00 | 飛行機
静岡富士山空港のかわいいフライトシミュレーター
1コマ写真@蒲原出張・その4


静岡富士山空港のかわいいフライトシミュレーター_c0081462_10273534.jpg
「スーパーデフォルメされてます」


「静岡富士山空港」のターミナルは3階建て。
3階には「展望デッキ」とレストラン「清水港 海山」があります。

わたしが空港に着いたのは09:30頃。
この時間帯は離発着機がなく、「展望デッキ」に上がっても何もいません。
「富士山」も見えるはずなんですが、あいにく雲が多くてこちらも見えず。
ちょっと残念でした(^^;

「展望ホール」の一角には「フライトシミュレーター」が置かれています。
その外観はこの通り、かなりデフォルメされていてかわいらしい。
まるで「たまごひこーき」のよう、というかそのものですね。
側面に描かれた「富士山」もきれいに決まっています。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2020-01-17 21:00 | 飛行機
フライト履歴2019を総括
Intermission


フライト履歴2019を総括_c0081462_21461704.jpg
「ベストシーン2019は函館空港の夕景!」


2019年最後の更新です。
今回は、今年1年のフライト履歴を振り返ってみることにします。

昨年の2018年は、「JAL」「マイレージ上級会員」である「サファイア」取得に向けて修行しました。
第1ステップの「クリスタル」は6月に取得できたものの、その後は伸び悩み。
それでもなんとか10月に達成することができました。
取得後はすぐに「JALグローバルクラブ」(JGC)に入会。
年会費は必要なものの、永続的に「サファイア」と同等の恩恵を受けることができます。

そして、今年は1月からその恩恵を受けることができる!
しかも秋には「インド」への出張が予定されていたこともあり、さらに上位も狙えるかも?
そんな期待もありながらのスタートとなりました。
結果から言えば、「JGCプレミア」には程遠いところで終わってしまいましたが(^^;
その出張のフライトが「JAL」ではなかったもので。

その代わり、もう1つの目標として立てた「「JAL」が就航する北海道・東北の空港を踏破する」
無事クリアすることができました。
最初はエリアを区切らずに考えていたんですが、全国だと広範囲すぎるので狭めました。
とはいえ来年で残りすべてというのも無理なので、あと2~3年はかかりそうですけどね。


表紙の写真は、今年のフライトの中でもっとも印象に残ったシーンです。
11月の後半の連休に「北海道エアシステム」めぐりをしたときのもの。
夕方に「丘珠空港」から「函館空港」へと飛び、到着した後の展望デッキから撮影しました。
この日は雲が多くて窓からの景色はほとんど見えず、ちょっとガッカリだったんですが
まさかこんな素敵な夕焼けが見られるとは思いませんでした。
しかも「エバー航空」の特別塗装機「ぐでたま」が駐機している!
このあと「函館駅」まで移動するのでそれほど時間はありませんでしたが、なんとか撮れたのでよかった!(^^)





今年のフライト実績は・・・
by sampo_katze | 2019-12-30 21:00 | 飛行機
JAL国内線の機内での楽しみ
Intermission


JAL国内線の機内での楽しみ_c0081462_20580757.jpg
「エッセイとまちがいさがし」


「JAL」に乗ると、というか基本「JAL」ばかり乗ってるんですが(^^;
シートに着いて一息つくと、手にとるのが「機内誌」「SKYWARD」
先月5月号から表紙のデザインが変わり、あれ?って思いましたね。

ページを開き順に読み進めていきますが、最初にひっかかるのが上の「旅あそび」です。
上下に2枚の絵が描かれていて、そこにある7つのまちがいを探すというもの。
いつも機体が動き出すまでに解こうと思うんですが、愛らしいイラストとは裏腹に結構難しいことも。
写っているのは3月のものなんですが、最後の1つがどうしても見つからない。
最後は答えを見るんですが、そんなときは軽く凹みます(笑)

もう1つの楽しみは、後半に掲載されている「浅田次郎」さんのエッセイ「つばさよつばさ」
今月号で189回を数える長期連載です。
そして、これの単行本が出ていることを最近知りました。
現在4冊目まで出ているようですが、文庫版になっているのは3冊まで。
そこで文庫版3冊をまとめ買いしました。
機内でも何度も読むことがあるので、この本も繰り返し読むことになりそうです。


Coolpix3100




by sampo_katze | 2019-06-13 21:00 | 飛行機
羽田出発前にセントレアを少しめぐる
掛川花鳥園2018初夏とセントレア編・最終回


羽田出発前にセントレアを少しめぐる_c0081462_10295834.jpg
「越前和紙の龍」


「掛川花鳥園」をあとにして「中部国際空港」、愛称「セントレア」へと向かいます。
通常なら「東海道新幹線」で帰京するところですが、今回はあえて飛行機を利用するため。
このときは「マイル修行」の第1コーナー、年間30回搭乗を目前にしていましたので。

「セントレア」と「羽田空港」および「成田空港」との間には、それぞれ2便ずつ飛んでいます。
そして各1便ずつに「国際線仕様機材」が充当されます。
これですと「クラスJ」「ビジネスクラス」のシートになるため、ちょっとしたぜいたくが味わえるんです。
ただしこの区間は運航距離が「羽田」発着の「JAL」では最短クラスのため、ドリンクサービスはありません。
「東北新幹線」「なすの」「グランクラス」で乗る感覚ですね。

幸いこの日の「JL208便」、「セントレア」20:25発→「羽田空港」21:25着の「クラスJ」に空きあり。
しかも「特便割引」でしたので、かなり割安で購入することができました。
実は今回の「掛川花鳥園」訪問を決断したのはこれがきっかけだったんです。
もしこれが取れなかったら、そして「マイル修行」をしていなかったらこの計画はなかったでしょう。
かなりの遠回りになりますからね(^^;


表紙の写真は、「セントレア」のターミナルビル3階の連絡通路横にある「龍」の装飾です。
高さは約3m、幅は約10mもあるそうで、その大きさに思わず目を引かれました。
2013年5月に設置されたこの「龍」、その素材はなんと「和紙」
「福井県」の旧「今立町」(いまだてちょう)、現在の「越前市今立地区」で漉かれる「越前和紙」で、その歴史は1500年にもなるんだそう。
細部まできっちり作りこまれているのはさすが!

「この白龍は、1500年の歴史を誇る「越前和紙」でできています。」
※説明板より引用





久しぶりのセントレア・・・
by sampo_katze | 2019-03-17 21:00 | 飛行機 | Comments(0)
マイル修行2018の総括
Intermission


マイル修行2018の総括_c0081462_14262731.jpg
「すべての始まりは、このカレーだった」


2018年3月に行った「フィリピン」への出張。
行きは単独移動だったのですが、帰りは営業担当と設計担当が同行しました。

帰路の飛行機は09:40発で、宿から空港までは約20分とかなり近いです。
ですが、空港までの道のりの混雑を見越して06:30頃出発します。
前日の移動が遅くなり、宿に着いたのが25:00(AM01:00!)過ぎだったのでかなりしんどかったですが(汗)
幸いにして道はとても空いていて、渋滞することなくスムーズに到着。
チェックインや出国手続きも、待ち時間なく進むことができました。
拍子抜けするくらいの進行で出発までかなり時間があったので、「JAL」「サクララウンジ」へと連れて行ってもらいました。
その存在は数年前から購読を始めた飛行機雑誌で見て知っていましたが、入室するのはこれが初めてです。

これだけ朝早く出てきたので、朝ごはんはまだ。
ですので、「サクララウンジ」でとることになりました。
もちろん食べたのは写真の「JAL特製ビーフカレー」です。
「国際線」のラウンジで供されていることは知っていましたが、まさか「フィリピン」にもあったとは。
お腹が空いていたこともありますが、とてもおいしくいただきました。
そしてこれがきっかけとなり、「マイレージ上級会員」を目指すべく「マイル修行」を始めることになりました。

「上級会員」になるには、1月から12月までに「FLY ONプログラム」の条件を満たすことが必要。
さらに一定の条件を満たすと永続的な会員になることができます。
「JAL」の場合は2つあり、そのうちのどちらか1つでも満たせばOKです。
「ANA」もかつては搭乗回数が条件の1つになっていたようですが、2008年1月1日からポイントのみに変更となっています。
それだけ取得条件が厳しくなっているんですね。

1. 「FLY ONポイント」50,000ポイント以上の獲得
2. 搭乗回数50回以上、かつ「FLY ONポイント」15,000ポイント以上の獲得


わたしは「国際線」は出張以外で利用することがないので、2つ目の条件を満たすことが目標。
「JALカード」を持っていると、その年の初回搭乗の際にボーナスとして5,000FLY ONポイントがもらえます。
ですので、特にポイントは意識することなく進められるのがうれしいですね。





昨年の搭乗を振り返る・・・
by sampo_katze | 2019-01-02 21:00 | 飛行機
フライト納めで三沢へ
1コマ写真@三沢・八戸編・その1


フライト納めで三沢へ_c0081462_21000141.jpg
「ミッキージェットがやってきた!」


今日12月8日(土)。
フライト納めとして、「羽田」から「三沢」までひとっ飛びしてきました。

この区間は、今年の3月31日に「マイル修行」のスタートとして乗ったところ。
そのときは「三沢市航空科学館」を訪ねたりしたんですが、1つだけやり残していたことがあったんです。
これを果たさずに年を越せるのか?と思ったので・・・・・と、少々こじつけ感がありますが。

フライトは定刻08:20発の「JL155便」
ところが前日の降雪の影響と思われる機材手配のため、1時間遅れの09:20発に変更となりました!
このことは事前に当日の00:10(!)にはスマホにメールが来ていたので知ってはいました。
また、そのあとの行程には影響が出ないのは幸い。
おまけにこの遅れのおかげで、「ミッキーマウス」をラッピングした特別塗装機を見ることができました!

名称は「JAL DREAM EXPRESS 90」で、「ミッキー」のスクリーンデビュー90周年を記念したもの。
そして1994年にデビューした初代の「ディズニー塗装機」から数えて、ちょうど10機目の節目にもあたるんだそう。
来年3月末までの運航予定とのことなのでまだ時間はありますが、ここで見られたのはほんとにラッキーでした。

ちなみに機材は「B767-300ER」で、レジ番号は「JA602J」
この機体には6月、「羽田」~「伊丹」間で乗ってました。
当時はノーマル塗装だったので、その後特別塗装機に抜擢されたんですね。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-12-08 22:00 | 飛行機
マイル修行、解脱へ
Intermission


マイル修行、解脱へ_c0081462_22045292.jpg
「青いカードは解脱の証?」


先月に「JAL」の年間50回搭乗を達成。
そして先日、その証となる「サファイアカード」が届きました。
「JAL」の「マイレージ上級会員」としてはレベル2にあたります。
これで目標としていた地点に到達したので、「マイル修行」は終了としました。
このことをマイラー用語?では「解脱」(げだつ)というそうですね。

もちろん、望めばさらなる高みへと到達することもできます。
ですがそのハードルはあまりにも高く、残り2か月を切った今からでは無理。
ちなみに次の「JGCプレミアム」は、搭乗回数で80回(あと30回)が必要。
最高ランクの「ダイヤモンド」となると、なんと倍以上の120回(あと70回)にもなります!
さすがにそれだけの実績を積むとなると・・・・・体力的にも財力的にもむずかしいですからね~(^^;


Coolpix3100




by sampo_katze | 2018-11-10 21:00 | 飛行機
エポックメイキングな機体がみられる航空ゾーン
三沢市大空ひろばと青森県立三沢航空科学館編・最終回


エポックメイキングな機体がみられる航空ゾーン_c0081462_21163236.jpg
「空港のターミナルビルみたい」


「三沢市航空科学館」編の最後は、「航空ゾーン」の通常展示エリアです。
屋外が「戦闘機」メインだったのに対し、こちらは「民間機」がメイン。
「ライトフライヤー1号」や国産初飛行を成功させた飛行機、「太平洋無着陸横断」を達成した飛行機の実物大模型。
戦後初の国産輸送機「YS-11」や人力飛行機の実物も展示されています。
ここから3機ほどピックアップして紹介します。


表紙の写真は、「科学館」の外観を「大空ひろば」側から眺めたところです。
建物は2階建てで、真ん中にぽつんと3階部分があります。
3階は展望室になっていますが、離発着する飛行機とはタイミングが合わなかったので見られませんでした(^^;






3機とも初物・・・
by sampo_katze | 2018-08-30 21:00 | 飛行機 | Comments(0)
十和田湖から引き揚げられた旧陸軍一式双発高等練習機
三沢市大空ひろばと青森県立三沢航空科学館編・第4回


十和田湖から引き揚げられた旧陸軍一式双発高等練習機_c0081462_21123661.jpg
「約70年の時を感じさせない機体」


「青森県立三沢航空科学館」の館内に入ります。
屋外の「三沢市大空ひろば」はフリースペースになっていて、展示機も見学できます。
「航空科学館」は入場料が必要となりますが、大人510円ですから安いものですね。

また訪問時は、69年ぶりに「十和田湖」から引き揚げられた「立川 キ54 旧陸軍一式双発高等練習機」(以下、立川54)の展示最終日。
ですが、実際にのぞいてみたら来年2019年3月31日まで延期になっていました!
これまでも何度か延期されているようなので、このままずっと展示され続けるのかな?

この機種は開戦直前の1941年7月から運用が開始され、1945年6月までに1342機が製造されたものの
全体が現存するのは当機のみという貴重な存在。
そして2016年7月2日には「日本航空協会」から「重要航空遺産」の認定を受けています。
できるだけ長く展示されるといいですね。


表紙の写真は、「立川54」をスターボードサイドから見たところです。
展示エリアにある鑑賞台に上がり、「iPhone5S」のパノラマで撮影しています。
機体全体に軽い損傷は見られますが、機体の形状は保たれているようです。
側面の大きな「日の丸」もかなり鮮やかで、とても70年近く湖底に沈んでいたとは思えません。
もちろんこれには様々な好条件が重なっていたからなんですけどね。





全体が残っているのはここだけ・・・
by sampo_katze | 2018-08-28 21:00 | 飛行機 | Comments(0)