人気ブログランキング |
<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
善光寺へ
年末忘年温泉旅行2009@渋温泉編・第4回。


c0081462_1152426.jpg
「旧駅舎の待合室にて」


2日目。
湯田中10:10発の特急「ゆけむり」で長野に向かう予定で宿を出ました。
途中ちょっと寄り道したりのんびり歩いていたら駅に着いたのは発車まで5分を切っていた!
さぁどうしましょう!?
ここで急いでキップを買えば何とか乗れなくもなかったんですが・・・・・。

ここまでのんびり温泉で過ごしたこともあって「もう1本後の電車にしよう」ということになりました(笑)
何しろ最終的には長野から出る新幹線に乗れればいいわけですからね。
これくらいの余裕があったほうが旅がより楽しめますし。


表紙の写真は、湯田中駅1番線ホーム(現在は使われていない)側にある初代駅舎から見た列車です。
初代駅舎は1927年(昭和2年)4月28日の路線開通と同時に使用開始されたと思われ。
ちなみに現在使用されている2代目駅舎は1955年(昭和30年)11月15日に完成しています。

旧駅舎は現在改装されて「楓の館」という施設になっています。
日帰り温泉の「楓の湯」とその休憩室があり、休憩室にはいろいろな資料などが展示されています。
それにしても、旧駅舎とステンレス車両の組み合わせがなんとも不思議な感じが(^^;


湯田中駅@Wiki
信州善光寺公式HP

定番ですが・・・
by sampo_katze | 2010-01-31 19:45 | 温泉 | Comments(0)
食の楽しみ☆
年末忘年温泉旅行2009@渋温泉編・第3回。


c0081462_11162886.jpg
「お宿に到着」


湯田中から渋温泉までは歩いて約25分ほどで着きます。
もっともわたしたちはの~んびりぶらぶらと歩いていたので、列車到着から50分ほど経ってましたが(^^;

今回お世話になったのは、四番湯「竹の湯」の隣にある「玉久旅館」(たまきゅうりょかん)。
前々回の2008年新年温泉旅行でお世話になったところですので、2回目の訪問です。
病欠したわたしは初めての訪問ですが(^^;

2007年12月に渋温泉行きを計画していたとき、最初は別の宿を予約していました。
ですが後になって参加者が増え1部屋では足りなくなり、その宿では満室のため部屋の追加ができません。
そこで急遽探して2部屋を確保できたのが「玉久旅館」
宿の詳細情報を見ると、露天風呂はありませんが内湯がいい感じで24時間入浴OK(これ結構重要)。
料理も充実しているし口コミを見ても悪いことは1点も書いてありませんでした。
まさに「渡りに船」、即予約実行!
参加したメンバーに聞いてみると「いい宿だったよ!」とのコメントがいただけました。
となれば幹事権限で今回もここに決定だ!となったわけです。


表紙の写真は、すっかり日が暮れてあたりが薄暗くなった頃に到着した「玉久」の入口です。
無事に到着してほっと一息。
すぐに部屋に案内していただきました。

余談ですが、都合で遅れることになっていたTCが湯田中に到着したのが18時頃。
ここからタクシーで来るはずだったんですが、なんと駅前にはタクシーが皆無だったそう!
聞けばみんな志賀高原のスキー客を迎えに行って出払ってしまったんだとか。
本来なら送迎は10名以上で事前予約が必要なんですが、今回特別に迎えに来ていただきました。
宿の方に感謝です!


教訓
温泉宿には17時頃までには着くようにしよう!



玉久旅館

まったりモードに・・・
by sampo_katze | 2010-01-29 21:00 | 温泉 | Comments(0)
お猿と石畳の温泉街
年末忘年温泉旅行2009@渋温泉編・第2回。


c0081462_10414653.jpg
「湯処の起点」


「湯田中」
なんとも気の利いた名前だなぁと思います。
「油田」ならぬ「湯田の中にある」という意味に取れますからね。

横湯川・夜間瀬川沿いに点在する9または10か所の温泉を「湯田中渋温泉郷」と呼びます。
駅近くから順番に「新湯田中」、「湯田中」、夜間瀬川沿いの「星川」、川向こうの「穂波」、「安代」とあり、
その先に今回訪ねる「渋温泉」があります。
横湯川の向こう側には「沓野」、少し離れて志賀高原へ至る国道292号線に沿って「角間」「上林」。
最後の「地獄谷」は渋温泉からさらに奥の山間です。

また、渋温泉のパンフレットには
「温泉(おゆ)より水が高い(=高価)」
とあります。
普通地面を掘れば水が出てきますが、ここでは温泉が出てくるので遠くから水を引いてこなければならないそう。
ただ熱いだけの淡水が出てくるだけなら問題ないんでしょうけどね(^^;
ここはまさに掘れば湯が出る「湯田」の真っ只中にあるようです。


表紙の写真は、長野電鉄の終着駅「湯田中駅」の駅舎です。
こちらは線路の西側に立つ2代目で、初代の建物は線路をはさんだ反対側にあります。
初代は現在は改装されて資料展示室になっています。
また日帰り温泉施設「楓の湯」と足湯が併設されていて、列車の待ち時間があるときはこちらで過ごすのも一興ですよ。
さらに「楓の湯」利用が条件となりますが、特急にも乗れるおトクな往復乗車券(当日限り有効)もあり。


湯田中駅
湯田中渋温泉郷
いずれも@Wiki

カランコロンと・・・
by sampo_katze | 2010-01-27 21:15 | 温泉 | Comments(0)
年末恒例行事
年末忘年温泉旅行2009@渋温泉編・第1回。


c0081462_1023341.jpg
「新世代新幹線勢ぞろい」


昨年12月29日~30日、恒例となっている年末忘年温泉旅行で長野県の「渋温泉」に行ってきました。
参加メンバーはRunnerK、TC、TETSU、掘くん。、わたしの5人。

前回は時期が迫っていた段階でバタバタしてしまいました。
その反省を生かし、今回はかなり早い10月末に計画を発動しました。
「東京エンデューロ Χ'mas Edition」に向けての試走をした後の反省会でこの話が出たのが大きかったですね。

場所は幹事権限で決定しました。
前々回の2008年1月と同じ場所です。
実はこのとき、自ら企画しておきながら正月早々に風邪をひいてしまい幹事欠席という状態に。
その後「宿がよかった」という話を聞いて、これはぜひ行ってみたいと思ったのでした(^^ゞ

TCと堀くん。は、半日で終業なので仕事をしてから来るということで、残りの3人が先行して長野へ。
堀くん。は1本後の新幹線で来るので長野電鉄のホームで、TCは宿で合流。
1日目は天気がよさそうですが、2日目はもしかすると雪かも?という中、旅はスタートします。


表紙の写真は、東京駅新幹線ホームにて乗車の「あさま」を待っているときに撮ったものです。
手前左がE3系「つばさ」、右がE4系「Maxやまびこ」、奥がE2系「はやて」です。
新世代新幹線が一堂に会す、といった感じでしょうか。


信州渋温泉

前回の長野県別所温泉を訪ねたときの様子(第1回)はこちら
2009年1月3日の記事 丸窓電車

湯田中へ・・・
by sampo_katze | 2010-01-25 20:20 | 温泉 | Comments(0)
Gray → Blue
冬の山陰路編・最終回。


c0081462_1528431.jpg
「Sliky Wave」


数千分の1秒の高速から数時間オーダーの長時間まで、あらゆる時間を1枚の写真に収める。
普段何気なく使ってますが、こうして改めて考えてみるとカメラってすごいものですね(^^;

特に最近は高感度化が進んでいて、わたしがデジ一デビューした頃は感度400だって躊躇していたのに
今では常用6400、最高25600で使える機種が手元にあります(もっとも使用するのは6400までですが)。
そして昨年にはついに常用12800、最高102400というまさに「桁外れ」のカメラも登場しました。
おかげで夕景・夜景や水族館など、明かりの乏しい環境でも手持ちで撮影ができるという状況になりました。

ただ悲しいかな、ニコンのデジ一はフラッグシップのD3Xとエントリー機のD3000を除いてベース感度は200から。
なぜか中級機クラスに100スタートの機種がありません。
高感度も強くて、低感度も使えるという両得なカメラというのもまだ出てきてません。
まぁ「二兎追うものは~」というのもあるんでしょうかね(^^;


前置きはこれくらいにして。
最終日はみ~さんの「NDフィルタ」という光量減衰フィルターを使って遊んでみることにしました。
暗いところで速いシャッタースピードを使うというのは、高感度に強いカメラが出たおかげで大分楽にできます。
でも逆に明るいところで遅いシャッターを切るとなったとき、低感度側に余裕がないのでそのままでは難しいです。
そこで「NDフィルタ」の出番。

一般的なNDフィルタは「ND4」や「ND8」と数値が小さいものですが、今回使用するのは「ND400」
「ND8」などはフィルタを透かして見るとほんの少し薄暗いかな?程度ですが、「ND400」ともなると真っ黒な円板にしか見えません!(笑)
何しろレンズを通して入ってくる光を1/400にまで減衰させてしまうのですからね。


表紙の写真は、出雲市多伎町(以前の簸川郡多伎町)にある道の駅「キララ多伎」の北東の海岸。
波打ち際に三脚を立て、ND400で引く波を撮ってみたものです。
難しいです・・・・・(汗)


NDフィルター@All About用語集
道の駅キララ多伎

予測不可能・・・
by sampo_katze | 2010-01-23 20:45 | 山陰・山陽 | Comments(2)
日本最大の銀山
冬の山陰路編・第6回。


c0081462_15235385.jpg
「異国の雰囲気」


「海洋館アクアス」からの帰り、「石見銀山」に立ち寄りました。
ここは2007年7月2日に「世界遺産」に登録されています。

銀山の詳細については下記リンクを参照してください。
鉱脈のごとく奥が深い内容となっておりますので、ここでは省きます(^^;
アクセスはJRの大田市駅(おおだしえき)が便利かと。
出雲市からは特急・快速で約20~30分、普通列車でも約40~50分です。
ただ本数は多くないので、ちょっと計画的にしないといけませんが。

お泊りは、かつて銀の積出港としてにぎわった「温泉津」(ゆのつ)がオススメ。
開湯から1300年とも言われる歴史ある温泉地で、湯の効用も町の雰囲気も最高です☆


表紙の写真は、「羅漢寺」の向かいにある石窟の外観です。
「銀山川」にかかる3つの太鼓橋の先には手彫りの五百羅漢が安置されています。
銀山で働いていて亡くなった方々の霊を供養するために作られました。
残念ながら石窟内は撮影禁止なのですが、内部は相当に暗いのでいずれにしても写すのは困難ですね。
こうしてみると、日本であることを忘れてしまいそうです。


石見銀山世界遺産センター
銀の旅路~ぎんたびねっと~ 島根県大田市観光サイト
温泉津観光案内


「温泉津」を訪ねたときの様子
2009年1月27日の記事 You know too?

モノクロが似合う町・・・
by sampo_katze | 2010-01-21 20:40 | 山陰・山陽 | Comments(2)
サメとペンギン
冬の山陰路編・第5回。


c0081462_15194099.jpg
「サメ、サメ、サメ・・・」


アクアスの1階には「神話の海」というエリアがあります。
そこのメインとなる大きな水槽には、出雲の神話に出てくる「わに」にちなんで
「サメ」をメインとした展示を行っています。
前回訪問したときは「シロイルカ」のショーに間に合うように、チャチャッと流して見ただけでした(^^;
今回は時間はたっぷりあるので、のんびりと見て歩きます。
サメと同じ「軟骨魚綱板鰓亜綱」というカテゴリに属する「エイ」も展示されています。


表紙の写真は、その巨大な水槽の一部です。
実際はもう少し左右に長く、その中を様々なサメやエイが悠然と泳いでいるのでなかなか壮観ですよ。
順路としては写真に向かって左から右に進み、その先でUターンして水槽内のトンネルを抜けていきます。
真横だけでなく下からも観察できるので楽しいですね☆


サメ
エイ
いずれも@Wiki

怖いばかりじゃない・・・
by sampo_katze | 2010-01-19 20:25 | 山陰・山陽 | Comments(0)
アクアス
冬の山陰路編・第4回。


c0081462_1582359.jpg
「道路と鉄路のすぐそばに」


1日目は天候に恵まれましたが、この日はちょっと微妙な感じ。
2人とも使用しているカメラは防塵防滴仕様ですが、レンズはそうではありません。
それに吹雪になったら撮影どころじゃないですからね(^^;
ということで、島根県西部にある「しまね海洋館アクアス」を訪ねることにしました。
ここは某ケータイのCMに登場した「シロイルカ」がいることで有名ですね。

昨年訪問したとき「しまねのおじさま」こと「アーリャ」は妊娠中だったのですが、
その後8月3日に無事出産!
現在はパーティション越しでの観察しかできませんが、元気に泳ぐ姿を見ることができます。
このまま順調に成長していけば、パフォーマンスで「親子バブルリング」が見られるでしょうね。
早くそうなってくれるといいな。


表紙の写真は、アクアスのさらに西にある「折居駅」付近の海岸の様子です。
山陰本線は一部の区間で日本海にかなり接近したところを走るのですが、ここもその1つ。
これだけ海に近いと、列車の運行に支障がないのかと心配になりますが
幸いこの日はまったく問題なく動いていたようです。
でも沖側には防波堤などがないようなんですが(^^;


島根県立しまね海洋館アクアス
折居駅@Wiki


シロイルカの過去レポはこちら
2009年1月23日の記事 しまねのおじさま

意外と貴重なものが・・・
by sampo_katze | 2010-01-17 21:00 | 山陰・山陽 | Comments(2)
雪原の美
冬の山陰路編・第3回。


c0081462_21375927.jpg
「雪のあしあと」


島根・鳥取の雪は意外とサラサラしています。
なので撮影中に吹雪いてもほとんど上着に雪がつかず、はたくと大体落ちてしまいます。
上空の気温が関東と比べると低いからなのかどうなのか、理由はよくわからないんですが(^^;
また、今回の雪は猛烈な降り方ではなかったからかもしれません。
なんにしても雪がまとわりつかないというのはありがたいですね(^^)

このサラサラの雪のおかげで、雪だるまを作ろうとしても雪がまとまりません。
雪の上を転がしても雪玉にならず、固めようとしてもそう簡単には固まらないし。
広大な雪の砂丘の中に巨大な雪だるまを作る!という壮大なプランは実現できないようです(笑)


表紙の写真は、風に吹かれて雪の上を転がっていく雪のかけらです。
湿気が少なくて軽いため、このようにコロコロと転がっていくんですね。
点々と表面についた雪のあとが、まるで動物の足跡のようにも見えました。

ちょっと変わった形も・・・
by sampo_katze | 2010-01-15 21:20 | 山陰・山陽 | Comments(2)
鳥取"雪"丘
冬の山陰路編・第2回。


c0081462_22101962.jpg
「流氷接岸?」


鳥取砂丘までの道のりは晴れ。
太陽の光がまぶしくて、目が痛くなるくらいでした。
途中の行程もそれほど雪がなく、砂丘の雪ももしかして・・・・・?
なんて思っていましたが、砂丘に近づくと思ったより多い積雪。
そして、砂丘は一面の雪原へと姿を変えていました。
前回訪問時と比べると、同じ場所とは思えないほどの変貌ぶりです。

そして、天気は時折青空がのぞくという絶好の撮影日和☆
もちろん変わりやすい冬の日本海の天気ですから、晴れたと思ったら雲がかかり
そして弱いながらも吹雪になったりと、目まぐるしく変わりましたが(^^;


表紙の写真は、砂丘入り口付近からの眺めです。
中央に見えるのは鳥取港ですね。
岸に打ち寄せる波が白く砕けて長く伸びている様子は、まるで流氷が流れてきているようです。
もちろん鳥取に流氷が来るわけはないんですが(笑)


前回訪問時の記事
2009年12月9日 「砂の丘」

神様からのクリスマスプレゼント・・・
by sampo_katze | 2010-01-13 20:45 | 山陰・山陽 | Comments(4)