人気ブログランキング |
<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
江戸の痕跡
地下鉄に沿って走ろう!東京メトロ銀座線編・第3回。


c0081462_20205967.jpg
「江戸の水がめの跡地」


「赤坂見附」の次は、銀座線で最も新しい「溜池山王駅」(ためいけさんのう)です。
1997年(平成9年)9月30日に「南北線」が延伸開業したときに開業しました。
といっても、元々は銀座線にこの駅が造られる計画はなかったそうです。
なんせ銀座線のこの区間が開業したのは1938年(昭和13年)、南北線が計画されたのは1960年代のことですからね(^^;

駅名の由来は、「溜池」はその名の通りで江戸時代に造られた貯水用のため池がこの辺りにあったことから。
江戸城の外濠の一部で、元々水が湧き出るところだったことから堤を造って水をためていたんだそう。
その後「玉川上水」や「神田上水」ができると上水供給の役割はそちらに移り、宝永年間に断続的に埋め立てられました。

後段の「山王」は、前回紹介した「日枝山王神社」のこと。
当初は仮称で「溜池」となっていましたが、駅が港区と千代田区との境界に造られたため
港区の「溜池」と千代田区の「山王」を合わせた駅名になったそうです。


表紙の写真は、かつてため池があった辺りの現在の様子です。
交差点に首都高の高架がかかり、当時の面影はありません。
ですが、この位置に「溜池」の由来などが書かれた碑が置かれています。



溜池山王駅
赤坂 (東京都港区)
いずれも@Wiki

江戸城の外周へ・・・
by sampo_katze | 2010-05-31 20:25 | Brompton+地下鉄 | Comments(0)
ご利益めぐり
地下鉄に沿って走ろう!東京メトロ銀座線編・第2回。


c0081462_155409.jpg
「青銀杏並木」


「銀座線」は「渋谷」からしばらくの間、「半蔵門線」と並行して走ります。
もちろん、トンネルは別ですが(^^;
駅も合流する両端にある「渋谷」、「青山一丁目」と「表参道」が共通で、
「表参道」では同一ホームで同じ方向の列車に乗り換えることができるようになっています。
これは上野・銀座方面と東急田園都市線方面との乗換えが便利なようにするためかと。

そして、この区間で唯一「銀座線」にしかない駅が「外苑前」です。
中間駅なので半蔵門線の駅は省略されたのかな?
なんだか中央線や常磐線の快速と緩行の関係みたいですね。
っと、今回は自転車がメインですから鉄分はこれくらいにしておかないと(^^;

「外苑」とは言うまでもなく「明治神宮外苑」のこと。
「明治神宮」が神社建築を基調とした和風に対して、「外苑」は洋風庭園として造られました。
「神宮球場」「国立競技場」(国立霞ヶ丘競技場)など、スポーツ関連施設が多いことでも知られていますね。

また樹木も多く、特に「青山通り」から北に延びる通りに沿った「イチョウ並木」は見ごたえがあります。
1926年(大正15年)外苑完成当時に植えられたものだそうで、秋になると通り全体が黄金色に染まり
ひときわ美しい光景が広がります。


表紙の写真は、新緑のイチョウ並木です。
個人的にはこの緑の並木も好きですね(^^)
休日の日中は車の通行が止められるので、安心して散歩や撮影が楽しめるのでオススメ!


明治神宮外苑公式HP
明治神宮外苑@Wiki


銀杏並木が見頃のときに訪ねたときの様子はこちら。
2006年12月13日の記事 黄葉

お参り三昧・・・
by sampo_katze | 2010-05-29 15:10 | Brompton+地下鉄 | Comments(2)
渋谷 → 表参道
地下鉄に沿って走ろう!東京メトロ銀座線編・第1回。


c0081462_20215790.jpg
「3階から出発進行!」


「Brompton」が来たらやってみたかったことの1つ。
それは「都心を走ること」

カメラ(一眼ではなくコンデジ)を始めてから都内にある庭園や公園、建物などを巡るべく都心を歩くことが増えました。
でも、時には途中で移動距離の長さや疲れなどで「こんなとき自転車があったら」と思うことも。
かといって、かつてツーリングに使用していた自転車(ランドナーでした)のような本格派の導入には消極的。
なんせ重量はあるし(最近は10kgを切るのが当たり前ですが)、結構容積もありますからね~。
要するに輪行が面倒というのが一番の理由なんですが(^^;
ということで、都心ポタには「Brompton」がぴったり合ったというわけで。

じゃあ、どんなところを走ろうか?
都内の散歩地図を眺めながらつらつら考えていたとき、目に入ったのが地図上に描かれた「地下鉄路線」
建設費用の圧縮のため、道路の下を走っていることが多いんですよね。
これはある種の道しるべとして使えそう。
それに廃線跡などをたどるというのはよくありますが、地下鉄をたどるというのは聞いたことがないですし。
いや、やってる方もいらっしゃるかもしれませんが(^^;

そんなこんなで、地下鉄に沿って走ってみようと思い立ちました。
第1弾は日本で最初の地下鉄ということに敬意を表して「東京メトロ銀座線」をたどってみることにします。


表紙の写真は、「銀座線」の起点である「渋谷駅」付近の様子です。
いきなりスタート地点が地下ではなく地上、しかも3階からなんですよね。
左には「東急東横線」の駅があってこちらは2階、って普通逆じゃね?(笑)
もちろんこれには理由があるのですが。

ちなみに「東横線」は2012年度に「東京メトロ副都心線」との直通運転を開始するため、駅が地下になります。
なのでこの光景もあと2年ほどで見られなくなるんですね。
その代わりに「JR埼京線」(+湘南新宿ライン)の駅がこちらに移ってくるようです。
今は「山手線」とホームが食い違っていて乗換えが不便ですからね(^^;


東京メトロ ホームページ
東京地下鉄銀座線@Wiki
地下鉄銀座線のいろいろ

渋谷近辺・・・
by sampo_katze | 2010-05-27 20:25 | Brompton+地下鉄 | Comments(0)
裏砂漠を行く
伊豆大島めぐり編・最終回。


c0081462_20201380.jpg
「まさに荒野」


午後は三原山の東側に広がる「裏砂漠」を目指します。
前日に火口周辺を散策したとき眼下に広がる様子を眺めたので、「もういいかな?」という空気だったんですが
この日借り替えた(3日連続は予約が取れなかった)レンタカーの担当の方が「絶対に行ってみるべき!」と猛プッシュ(TETSU談)
地元の人がそうまで勧めるのなら行ってみないわけにはいかないですよね~。
幸い帰りの船は最終便なので時間には余裕がありますし。

初日とは逆に波浮から反時計回りに進み、迂回路と一周道路との合流点から北上すると「裏砂漠展望台」への入口が。
そこから細い道をさらに上がっていくと駐車場に出ます。
途中の道は車1台がやっと通れるほどの幅で、ところどころに待避所があるくらい。
ブラインドコーナーも多いので、通行にはちょっと注意が必要ですね。
って、運転はTETSUにお任せでしたが(^^;


表紙の写真は、展望台へ向かう途中に撮ったものです。
駐車場の近くは周囲に樹木が生い茂っているのですが、しばらく進むと森がなくなり背の低い草が点々とあるだけになります。
足下は溶岩由来の砂地ですが、決して歩きにくくはありません。
砂が靴の中に入ってくるのがちょっとやっかいですが(苦笑)


三原山@Wiki

伊豆大島編第1回はこちら(連載一覧があります)
1st Flight

宇宙旅行みたい・・・
by sampo_katze | 2010-05-25 20:25 | 散歩 | Comments(2)
リス村と「かっぱく」
伊豆大島めぐり編・第7回。


c0081462_19153572.jpg
「入口」


3日目は最終日ですが、出発は17:00の高速船最終便ですので時間に余裕があります。
そこで、午前中は元町近辺の「リス村」「火山博物館」を訪ねることにしました。

「リス村」は、正確には「椿花ガーデン・リス村」といいます。
公式HPによると動物園と言うよりは「テーマパーク」という位置づけのようですね。

ちなみに今回訪ねてませんが、大島には動物園があります。
初日に訪ねた「大島公園」の中にあり、年中無休で入園料はなんと無料!
広さも11.4haで、上野動物園の約14haとそれほど大きくは変わりません(意外)
飼育・展示されている動物も約45種340頭と豊富で、希少種の「アルダブラゾウガメ」や「カラスバト」の飼育なども行っているそう。
結構本格的なんですね~。


表紙の写真は、「リス村」の入口の建物外観です。
入口近くに売店があり、右側の作業場では大島牛乳を使った「牛乳せんべい」を作っていました。
ガラス張りになっていて作業工程が見られるので、なかなか楽しいです。
同時においしそうな香りをあたりに漂わせているので思わず手が出てしまいそう。
できたら焼きたてを食べたいですね☆


伊豆大島椿花ガーデン・リス村 オフィシャルHP
カラスバト@Yachoo!オンライン野鳥図鑑

小動物園へ・・・
by sampo_katze | 2010-05-23 19:15 | 散歩 | Comments(0)
初ペンション
伊豆大島めぐり編・第6回。


c0081462_2026434.jpg
「港のすぐそばに」


今回の旅。
1泊目は三原山の中腹にある温泉ホテル、2泊目は元町港のそばのペンションです。

初めは2泊とも同じ宿にするつもりで温泉ホテルを考えていたんですが、あいにく2日目は満室。
そこで、別の宿をとるならとあえて性格の異なる宿をとることにしました。

実はペンションに泊まるのはこれが初めて。
ひとりで出かけるときはお手軽にビジネスホテルにとることが多いですし(^^;


表紙の写真は、2泊目にお世話になった「ペンション みなもと」です。
昼間に撮っておけばよかったんですが、光の回りきらない朝に撮ったものなので・・・・・(大汗)

元町港から歩いて1分足らず、あっという間に着きます。
選んだポイントは「地の食材を生かした郷土料理や創作料理が好評」というところ。
また徒歩圏内に日帰り温泉施設があるというのもいいですね。
まぁ、結局今回は内湯で済ませてしまったんですけど(^^;

室数は全部で5つで洋室3に和室が2、全室禁煙なのがうれしいですね。
もちろん喫煙コーナーがあるので、タバコを吸われる方も大丈夫。
問い合わせた時点で1人1部屋利用可能とのことでしたが、連休中なので2人×2部屋で予約しました。
当日はわたしたちだけでしたが、翌早朝到着のフェリーで来島される方がいらっしゃるとのこと。
なので貸し切り状態☆


ペンションMINAMOTO


伊豆大島編第1回はこちら(連載一覧があります)
1st Flight

おいしい食事に舌鼓☆
by sampo_katze | 2010-05-21 20:30 | 散歩 | Comments(0)
大島を「やっと」走る(笑)
伊豆大島めぐり編・第5回。


c0081462_2013892.jpg
「早朝ランニングへGO!」


2日目の早朝に時間を戻します。
朝5時に目が覚めるとすでに外は明るくなっていました。
日の出が早くなりましたね~(^^;

せっかくなので朝風呂を楽しむべく露天風呂へ。
朝の冷たい空気に思わず身震いしてしまいましたが、温泉に浸かれば「ほわ~っ」といい気持ちに☆
そうして体があったまって頭がさえてきたら走りたくなってきました。
初日は結局走らずじまいになってしまいましたからね~(^^;
で、朝食前にTETSUと山頂口までひとっ走りしてくることにしました。
山頂口までは3kmほどの道のりなので、朝飯前にはちょうどいいかなと。
ん~、なんて健康的なんだろう??(笑)


表紙の写真は、走る前に「三原山登山線」で記念撮影したものです。
早朝で車も走っていませんのでね。
ちなみに山頂口までの距離は短いですが、途中の勾配は6%と8%の表示がありました(^^;

楽しく走ろう☆
by sampo_katze | 2010-05-19 20:20 | with Brompton | Comments(0)
火山周遊
伊豆大島めぐり編・第4回。


c0081462_21474540.jpg
「目的地は台形の上」


2日目の4月30日も朝から晴れ☆
この日は7合目にいることですし、目の前の三原山に登ってみようということに。

三原山は直近では1986年(昭和61年)に噴火しています。
特に11月21日夕方に起こった、いわゆる「割れ目噴火」の映像は鮮烈でしたね。
この約1週間前の11月15日に始まった噴火では、それを一目見ようと観光客が押し寄せていたそうですが(汗)
この後、火口付近への立ち入りは禁止されていましたが1996年(平成8年)11月10日に解除されました。
現在では、火口の周りを1周する「お鉢めぐり」という散策コースも設定されています。

そこに至る散策道は「大島温泉ホテル」からの「裏砂漠線」(砂利道3.2km)と
山頂口からの「山頂遊歩道」(舗装道2.2km)の2つ。
で、今回は距離が短い方をセレクト。
どちらにしても出発地まで戻らなければなりませんから、往復で+2kmは大きいですし(^^;


表紙の写真は、スタート地点の「外輪山 三原山展望所」からの眺めです。
ここから正面の平らなところを目指していきます。
途中のルートが見えるのですが、後半は結構な傾斜になっているような気が・・・・・?

三原山ハイキングへGO☆
by sampo_katze | 2010-05-17 21:50 | 散歩 | Comments(0)
眺めのいい宿
伊豆大島めぐり編・第3回。


c0081462_20544552.jpg
「山の上のホテル」


「千波地層切断面」を見た後、ちょっと早いですが宿へと向かいます。
その前に「元町港」に立ち寄りました。
船で大島に来るときは「元町港」か「岡田港」(OkadaではなくOkata)のどちらかになるんですが、
今回の3日間の滞在ではいずれも「岡田港」で入出航でした。
いずれの日も風が強かったからのようですね。

サイト「伊豆大島 気象と交通」によると、年間を通しても「岡田港」の方が利用回数が多くなってました。
町としては「元町」のほうが栄えているんですけどね。
港に適した「岡田」と町に適した「元町」。
両方の特性をあわせ持った場所があったらいいのに、なんて思ってしまいます(^^;


表紙の写真は、1日目の宿の「大島温泉ホテル」です。
三原山の7合目にあるので眺めは抜群☆
また「三原山温泉」の源泉かけ流しなので、温泉好きのメンバーぞろいなので最適かなと。
さすがに大型連休中ということで2日目は予約が取れませんでしたが(^^;
でも、結果的に宿が変われば気分も変わるということでよかったんですけどね。


伊豆大島 気象と交通
大島温泉ホテル
三原山@Wiki

のんびりしませう・・・
by sampo_katze | 2010-05-15 21:00 | 散歩 | Comments(0)
はぶみなと
伊豆大島めぐり編・第2回。


c0081462_22224511.jpg
「静かなる入り江」


「大島公園」を出て再び「大島一周道路」を時計回りに進みます。
ここの前後には急な坂道があり、しばらくは海岸から離れた高台を走ることになります。
途中「海のふるさとキャンプ場」があるんですが、「一周道路」との分岐点から直線距離で1kmほどなのに
そこに至るまでの道は見事なほどのつづら折り!
いかに高低差があるかがわかると思います。
時間がもったいないのでわたしたちはそのまま先に進みますが(^^;

次の目的地の「波浮港」(はぶみなと)へは「一周道路」を進めば着くはずなのですが
途中で崩落(?)があったようで、迂回路を通るよう指示がありました。
手元の地図では心もとなかったんですが、幸いレンタカーにナビがついていたので安心。
もちろん、分岐点ごとに「迂回路」の表示があるので間違えませんけどね(笑)


表紙の写真は、港を見下ろす高台にある「波浮港見晴台」からの眺めです。
結構気温が上がっていたんですが、吹き抜ける風のおかげでとても快適☆
また港の外は白波が立っていましたが、ここはとても穏やかな表情を見せてくれました。


波浮港@Wiki

名作の舞台・・・
by sampo_katze | 2010-05-13 19:40 | 散歩 | Comments(0)