人気ブログランキング |
<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
2011年も締めくくりは
Intermission


c0081462_2141522.jpg
「再び金具屋で」


歴史の宿 金具屋


皆様、良いお年をお迎えください☆
by sampo_katze | 2011-12-31 12:00 | 温泉
しまなみの終着点・今治へ
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!最終回


c0081462_2057366.jpg
「巨大橋のシルエット」


「しまなみ海道」編もいよいよ最終回です。
「しまなみ海道」は北から順に「向島」(むかいしま)、「因島」(いんのしま)、「生口島」(いくちしま)、
「大三島」(おおみしま)、「伯方島」(はかたしま)、「大島」と6つの島を通過しています。
これらの島々の間は基本的に1本の橋で接続されていますが、南側の2島は例外で
「伯方島」~「大島」間は「見近島」(みちかしま)、「大島」~「四国」間は「武志島」(むしじま)と「馬島」で中継されています。
そして「見近島」と「馬島」は原付・自転車・徒歩ならアクセス可能!(「馬島」は島民は自動車も可)

前者は時間の都合もあってスルーしましたが、後者は最終目的地が目前ということもあって時間的にも気分的にも余裕が。
しかも島へのアクセスはエレベータを利用するというギミック(?)もあるので下りてみることにしました。


表紙の写真は、「馬島」から見上げた「来島海峡第三大橋」です。
前回の最後は真下からだったのを少し角度を変えてみました。
「今治」に向かって大きくカーブしているところを生かしつつ、主脚も取り込もうとしたのでかなり無理がありますが。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

島にエレベータで下りる・・・
by sampo_katze | 2011-12-29 21:00 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
しまなみ最大最長の橋・来島海峡大橋
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第10回


c0081462_20172171.jpg
「ファーストコンタクト!」


「大島」にある「村上水軍博物館」を後にして、島の南へと向かいます。
そのまま「県道49号線」進んでいくと海沿いを走れますが、結構キツイ道らしいので回避。
1度「宮窪」(みやくぼ)の交差点まで戻り、そこを左折して「国道317号線」を進むことにしました。
列車の時刻もあるので、あまり回り道していると乗り遅れる可能性もありましたからね。
と、ちょっと言い訳してみる(笑)

そして「宮窪」から島の中央を横断して走ること約8km、「しまなみ海道」最後の橋が見えてきます。
「大島」と「四国本土」を結ぶ「来島海峡大橋」(くるしまかいきょうおおはし)です。
1つの長い橋のようですが、3つの吊り橋がつながっているんですね。

「世界初の三連吊橋
 来島海峡は大島と今治の間の幅約4kmの海峡で、この間には、中渡島、武志島、馬島などが点在しており、
 瀬戸内海特有の多島海景観を呈する景勝地(国立公園第二主特別地域)となっております。
 また、この海峡は安芸灘と燧灘をつないでおり、海峡のほぼ中央にある武志島と馬島によって大きく3つの水路に分かれ、
 それぞれ東水道、中水道、西水道と呼ばれています。
 潮流が速い(中水道では最大10ノット)うえに狭く屈曲しているので、海の難所として名高く、
 航行船舶は海上交通安全法に基づく「順中逆西」の通行法が決められています。
 来島海峡大橋は、このような自然景観と海上交通の要衝として特徴ある来島海峡に建設されるため、
 これらの周辺条件と調和したものにする必要があります。
 従って、橋脚位置の選定にあたっては極力現在の地形を生かし、また航行船舶への影響を軽減するよう配慮しながら
 来島海峡の3つの水道を吊橋で渡る、世界でも初めての三連吊橋として工事が進められました。」

※道の駅説明板より引用
 中渡島:なかとしま、武志島:むしじま、馬島:うましま


表紙の写真は、「国道317号線」終端近くの下り坂から眺めた「来島海峡大橋」です。
「大三島」の南からもその姿は小さく見えてはいましたが、間近で正面寄りから見ると迫力がちがいます。
当然ですが、道沿いには電線が通っているのでどうしても橋に電線がかかってしまいます。
そこでゆっくり下りながら場所を探し、ようやく電線の影響が小さくなるところを見つけて撮影しました。
レタッチで消してもいいんですけどね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

大迫力の3連橋・・・
by sampo_katze | 2011-12-27 20:20 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
水軍と石の島・大島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第9回


c0081462_21194045.jpg
「いけすのある宿」


3日目の11月13日(日)。
朝から雲に覆われていて、青空は見えません。

この日は「伯方島」を出て「しまなみ海道」最後の島「大島」を通り、「今治」(いまばり)を目指します。
最大の目玉は「大島」と「四国本土」に架かる「来島海峡大橋」
「尾道」スタートでの「しまなみ海道」めぐりのフィナーレにふさわしい最大の橋です。
それだけにこの日はスカッときれいに晴れてほしかったんですが・・・・・。

まぁ、スタート前に心配されていた雨には降られずに済みそうですし(「新尾道駅」付近でパラパラはあった)
「来島海峡大橋」は「今治」から程近いので、弾丸ツアーで再訪問!なんてこともできますからね。

コースは基本「今治」へ直行です。
というのも、「長太郎」さんと「TETSU」はこの日のうちに帰京しなければならないため。
夕方の列車に乗る必要があるので、あまり寄り道ができません。
立ち寄りポイントは「大島」の北にある「村上水軍博物館」、南の「道の駅 よしうみいきいき館」
そして橋の向こうにある「サンライズ糸山」の3か所。
「来島海峡」の絶景ポイントといわれる「亀老山」(きろうさん)も行ってみたいところですが、行程的にムリなのでパス。
いずれ単独行ででも・・・・・。


表紙の写真は、2泊目の宿の「民宿うずしお」です。
「道の駅 伯方S・Cパーク」から「国道317号線」経由で約2.5kmのところにあるので、自転車には便利。
館内設備は最小限なので物足りないと感じるかもしれませんが、宿には何でもあるという環境に慣れすぎだからですね(^^;


民宿うずしお@高枕


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

曇り空の下・・・
by sampo_katze | 2011-12-25 21:25 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
塩の島・伯方島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第8回


c0081462_20223130.jpg
「船がモチーフ」


2日目の最後は「伯方島」(はかたしま)です。
かつてCMで流れていた「は・か・たの塩!」のフレーズでおなじみ。
「しまなみ海道」にある島の中ではもっとも有名な島かもしれませんね。

かつてはそのイメージの通り、島に「塩田」(えんでん)を使った製塩業が盛んでしたが
現在は「塩田」はなくなり、跡地は「クルマエビ」の養殖場などになっているんだそう。
ですが「伯方塩業」「大三島工場」では、2010年に「流下式枝条架併用塩田」を復活させました。
製造設備ではなく社内教育と技術伝承が目的だそうですが、予約をすれば見学もできるそうです。
「伯方島」ではないのがちょっと残念ですが。


表紙の写真は、「道の駅伯方S・Cパーク」にある「マリンオアシスはかた」です。
船をイメージしたような外観ですね。


伯方塩業
塩田@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

2日目も終盤・・・
by sampo_katze | 2011-12-23 20:40 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
アートの島・大三島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第7回


c0081462_20414048.jpg
「男と女」


2日目も後半。
「大三島」(おおみしま)の南半分を時計回りに進んで、次の「伯方島」(はかたじま)へ向かう行程です。
地図を見るとわかりますが、この島は逆L字のような形をしているので移動距離は長くなります。
そのため「しまなみ海道」の本流は島の東側をショートカットしているのだと思いますが、
存分に楽しむのであれば西回りのほうがいいですね。

ちょっと心配なのは高低差。
事前に「ルートラボ」で高低差も含めてチェックしたところ、アップダウンがあるようなんです。
島の北にある「盛」から「肥海」への上りが思ったよりキツかっただけに不安が残ります(^^;
まぁ風もないし激坂ではないみたいなので、開き直って行くしかないですね。
そこを越えないと先に進めないわけですから!


表紙の写真は、「大三島」の南西部にある「ところミュージアム大三島」の入口です。
現代彫刻を中心に展示している美術館で、実業家の「所敦夫」氏の寄付によって2004年に開館しました。
「宮浦」にある「大三島美術館」の別館という位置づけなんだそう。
今回は時間がないため、入口を眺めただけで先に進んでしまいましたが。


ところミュージアム@SHIMAP


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

島の南部をぐるりと上って下って・・・
by sampo_katze | 2011-12-21 20:50 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
日本総鎮守・大山祇神社と激安海鮮丼
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第6回


c0081462_20463785.jpg
「四国唯一の大社」


今回は「大三島」観光スポットの1つ「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)を訪ねます。
由緒は次の通り。

「日本総鎮守 大三島宮 大山祇神社由緒
 御祭神 大山積大神

 御祭神大山積大神は天照大神の兄神で山の神々の親神に当り(古事記・日本書紀)天孫瓊々杵命の皇妃となられた
 木花開耶姫命の父神にあたる日本民族の祖神として、和多志大神(伊豫国風土記)と申し上げる、海上安全の守護神である。
 地神・海神兼備の大霊神として日本の国土全体を守護し給う神であるところから古代より日本総鎮守と尊称され
 朝廷を初め国民の崇敬は各時代を通して篤く中世は四社詣、五社詣の中心となり、平安時代既に市が立ち現在に続いている。
 御分社は、全国に一〇、〇〇〇余社祀られ、延喜式名神大社に列せられ伊予国一の宮に定められた。
 明治以降は国幣大社に列せられ四国で唯一の大社として尊崇されている。」

※案内板より引用


ここには8点の「国宝」と75点の「国指定重要文化財」を収蔵。
「大三島」が「国宝の島」とも呼ばれる由縁でしょうか。
境内には「昭和天皇」の研究を展示した「海事博物館」も併設されていて、これらをじっくり巡ると半日くらい必要になりそうです。


表紙の写真は、「大山祇神社」への入口です。
島内を走っているときはあまり人の気配を感じなかったんですが、さすが島の中心地だけあって周辺はにぎわっていました。
見どころも食べどころも充実しているからでしょうか。


大山祇神社@Wiki
今治市大三島美術館


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

大社にお参り・・・
by sampo_katze | 2011-12-19 20:50 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
国宝の島・大三島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第5回


c0081462_2042049.jpg
「日本最長の斜張橋」


前回は「多々羅大橋」(たたらおおはし)を渡りました。
「生口島」(いくちじま)と「大三島」(おおみしま)を結んでいます。
この橋は1999年(平成11年)5月1日に供用開始されていて、当時は中央径間長(890m)が世界最長の「斜張橋」でした。
現在は「中国江蘇省」「蘇通長江公路大橋」(1,088m)にその座を譲りましたが、依然として国内では最長です。

計画時は「吊り橋」となる予定でしたが、架橋技術の進歩および周辺の景観との兼ね合いでこのスタイルになりました。。
また、これより前に完成した「生口橋」は1991年(平成3年)時点で世界最長であり、このときの技術が生かされています。
そういえばこの2つの橋はスタイルがよく似ていますね。


表紙の写真は、「今治市上浦歴史民族資料館」の分館から眺めた「多々羅大橋」です。
分館は橋から地上へ下りるスロープの途中にあり、しかもそこへの道はガードレールで仕切られているのでアクセスはちょっと面倒。
でも眺めはいいので、ぜひ立ち寄ってほしいポイントです。


多々羅大橋


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

美しき橋・・・
by sampo_katze | 2011-12-17 20:50 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
海上の橋で広島県から愛媛県へ
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第4回


c0081462_20175570.jpg
「朝の瀬戸田の海」


2日目の11月12日(土)。
やや薄雲が広がっていますが、青空も見えていてなかなかいい天気です。

この日は丸1日使えるので走行距離は最も長い約50kmを予定。
次の「大三島」(おおみしま)を反時計回りにほぼ1周してから「伯方島」に入ります。
「しまなみ海道」のメインルートは「大三島」の東側を南北に直線で結んでいますが、
見所や食事処が島の西側にあるので外すわけにはいきませんからね。
またそちらへは島の中央を通る「県道21号線」があるんですが、地図を見ると途中「三村峠」があることが判明!
「峠」という言葉は好きじゃないわたしたち(笑)
走行距離は10kmほど長くなりますが、そこを迂回する海沿いのルートを行く計画です。

朝食の時間は8時から。
少し早く目が覚めたので、朝の散歩に出かけることにしました。


表紙の写真は、「ジューシーフルーツ」から300mほど南に行ったところからの眺めです。
防波堤の奥は「サンセットビーチ」「垂水港」があり、その向こうには「多々羅大橋」が見えます。
釣りを楽しんでいる方もいらっしゃいましたね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

朝ご飯の前にひと歩き・・・
by sampo_katze | 2011-12-15 20:25 | Brompton+しまなみ | Comments(0)
柑橘の島・生口島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第3回


c0081462_21382687.jpg
「夕暮れの生口橋」


1日目もいよいよ終盤。
この日の宿のある「生口島」(いくちじま)は目前です。
でも、橋を渡ってから宿まではまだ10kmちょっとあるので油断はできません。
11月中旬ともなると日が沈むのも早いですからね。


表紙の写真は、「因島」と「生口島」を結ぶ「生口橋」です。
2本の主塔から伸びる斜めのワイヤーが独特のシルエットを生み出していますね。
夕暮れの時間でなかなかきれいだったんですが、太陽はちょうど対岸の「牡蠣山」(かきやま)にかかってしまいました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

1泊目の宿へ・・・
by sampo_katze | 2011-12-13 21:45 | Brompton+しまなみ | Comments(0)