人気ブログランキング |
<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Day4-1 熊本・宇土半島
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第11回


c0081462_21141882.jpg
「意外な難読駅」


4日目の7月28日(土)。
この日も朝からいい天気で、気温も体感的には早くも30℃前後まで上がっているような雰囲気です。
いい天気なのはありがたいですが、あまり暑いとキツイんですけどね~(^^;

さて、この日は「熊本」から西に突き出た「宇土半島」(うとはんとう)の南側を通って「天草」方面へと走ります。
半島の北側を走る「三角線」(みすみ)を利用すればアクセスはより簡単なんですが、
その終点「三角駅」まで海沿いに走ることができますので。

まずは「小倉駅」1区間だけ走る「こだま」(=始発の851号は「N700系」使用!)に乗って「博多駅」へ。
そこから「つばめ329号」に乗り継ぎ、「熊本駅」に着いたらポタリングに不要な荷物をコインロッカーに預けます。
そして「熊本駅」からはさらに「鹿児島本線」の下り列車に乗り換え、15分ほどの「松橋駅」(まつばせ)で下車します。

この駅は「三角線」が分岐する「宇土駅」の1つ先の駅。
「三角駅」までは「国道266号線」経由で約23kmの道のりです。
駅から海までは2kmちょっとと程近いのも魅力でしたね。


表紙の写真は、スタートの「松橋駅」駅舎です。
繰り返しになりますが、読み方は「まつはし」(Matsu Hashi)ではなく「まつばせ」(Matsu Base)です。
意外と難しいですよね(^^;

「宇土半島」は元々は島だったそうで、北の「有明海」と南の「八代海」を結ぶ海峡は「松葉の瀬戸」と呼ばれていました。
それが転じて「まつばせ」「松馳」になり、付近にある(?)「大野川」を歩いて渡っていたところに橋を架けたことから「松橋」となったそう。
地名の呼び方は変わらず、それを表す漢字だけが変わったんですね。

ちなみに「熊本」からの下り列車はこの駅舎のあるホームに到着するので、改札までがラクに行けます(^^)

松橋駅@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

海沿いポタ4日目・・・
by sampo_katze | 2012-09-29 21:25 | Brompton+九州 | Comments(0)
ライトが壊れてしまった・・・
Intermission


c0081462_22484018.jpg
「壊れて(壊して?)しまった・・・」


「九州編」の途中ですが、ちょっとブレイクして近況報告です。
もう9月も終わりだというのに、未だ7月終わりのレポが終わってないんですけどね(^^;

この後、8月のお盆休みは天候と体調の関係で走らずじまい!
でもさすがに1月と3月に引き続き、今年3回目の無走行はまずい!
ということで、8月の最終末に「龍飛岬」「男鹿半島」を走りました。
前者は「青函トンネル記念館」「階段国道」を、後者は「なまはげライン」から「入道崎」へのルートを堪能しました。

明けて9月は出張のついでに「アクアマリンふくしま」を訪問。

3連休には「長良川鉄道」沿線と、「関ヶ原」から「彦根」へと抜けるルートの2通りを走りました。
でも、その初日の走り出しにアクシデント発生!
なんと「ライト」が根元からもげていました!(゜Д゜;マヂッ
「ダイナモ」から伸びる2本のワイヤのおかげで落ちてはいなかったんですが・・・・・。

走行中に外れて巻き込んでしまうと事故につながりかねないので、なんとか外そうとしたんですが
1本のワイヤは差し込み式だったのではずれたものの、もう1本は工具がないと外せない!
やむなくワイヤを引きちぎりました。

後で原因を考えてみたんですが、ライトの角度を変えようとしたときに本体ごと動かしていたからかな?と。
本来なら写真にもある「取付ネジ」を緩めた上で調整しなくてはいけなかったのを、
バッグに隠れていたこともあってムリに動かしてしまい、金具に負担がかかって折れてしまったのだろう、と。

その1週間後、「富士四湖」をめぐった後に「身延」へと向かうポタを実施。
輪行後の帰宅時に今度は「ダイナモ」に異常が。
タイヤに接する「ゴム」がいつのまにか取れてしまったみたい・・・・・orz


この時期、18時ともなると真っ暗になってしまうので「ライト」がないのは致命的。
外付けライトもありますけどやや重いので、やっぱり「ダイナモ」もあったほうがいいな。
ということで、7月の点検のときに見積もりをもらっていた「ハブダイナモ」への改造に踏み切ることにしました。
合わせて「ヘッドライト」「リアライト」も交換。
さらに「リム」「タイヤ」「チューブ」と足回り全般もリニューアルすることに。

約1週間ちょっとかかるので、10月の3連休はお休み。
でも、できあがりが早くも楽しみです☆


Coolpix3100


次回は通常運転に戻して、九州編4日目の様子をお届けします。
by sampo_katze | 2012-09-27 23:20 | カメラ・自転車の機材
Day3-5 安徳天皇ゆかりの赤間神宮と海峡ゆめタワー
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第10回


c0081462_20495111.jpg
「竜宮城の入口?」


「みもすそ川公園」から「国道9号線」に沿って西に1kmほど進みます。
すると右手の丘の上に赤と白で彩られた「赤間神宮」があります。
ここは「源平合戦」の果て、幼くして亡くなった「安徳天皇」を祀った神社。

創建は「壇ノ浦の戦い」があった1185年(文治元年)から6年後の1191年(建久2年)のこと。
当時は「阿弥陀寺」という名の「勅願寺」でしたが、明治に入ってからの「神仏分離」によって「神社」に。
1940年(昭和15年)には現在の「赤間神宮」となりました。
境内には「壇ノ浦の戦い」で敗れた「平家一門」の14名の供養塔もあります。

また諸説あるようですが、ここは「耳なし芳一」の舞台となったところ。
作家「小泉八雲」が著作「怪談」の中で取り上げたことで有名になったんだそう。
そのため「芳一」の木像を安置した「芳一堂」も。
でもいずれも事前の調査不足のため、見ずに通り過ぎてしまいました。
ここを訪ねるのはこれで2回目なんですけどね~(^^;


表紙の写真は、「国道9号線」北側から見上げた「赤間神宮」の入口付近です。
右の「楼門」「竜宮造」になっていて、ここのシンボル的存在になっています。
この門は「水天門」と呼ばれ1958年(昭和33年)に造られました。


赤間神宮公式サイト
赤間神宮@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

下関をめぐる・・・
by sampo_katze | 2012-09-25 21:00 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day3-4 火の山・下関要塞の砲台が残る場所
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第9回


c0081462_2010035.jpg
「火の山から関門海峡を眺める」


「門司港レトロ地区」から「関門トンネル」を抜けて「下関」側にやってきました。
これで「しまなみ海道」に続き、自力での海上横断(?)を達成しました。
もっともその移動距離は1kmにも満たないものですけど(笑)

ところで。
「関門トンネル」は海底にあるので地上よりは幾分気温が低いのですが、やはりこの猛暑の下では焼け石に水だったようです。
さらに海水がしみ出してくるので湿度もかなり高い。
なにしろ説明板によればその量はなんと「1日4,800t、ドラム缶にすれば24,000本分」だそうですから!!
右手で相棒の「Brompton」を押しながら、左手ではうちわであおぐ。
そんなスタイルで通り抜けました(^^;

で、「下関」側の出入口の北には「火の山」という標高268mの小高い山がそびえます。
頂上まで「火の山パークウェイ」が通じていますが、この暑さでは上る気になれず。
「火の山ロープウェイ」で上がることにしました。
後で調べたら、途中から自転車通行禁止になっているとのことでしたが。

ところがトンネルからたった700mほどの距離にある「壇ノ浦駅」乗り場まで上りが・・・・・( ̄Д ̄;
これが初日のフレッシュな状態だったらまたちがったのかもしれませんが、やたらキツかった~!

そして20分おきに発車する「ロープウェイ」(片道300円、往復500円)に乗って「火の山駅」へ移動。
到着後、スタッフの方のご好意で駅でバッグを預かっていただきました。
あまりの暑さにヘロヘロになっていたのが目に余ったのかもしれませんが(苦笑)
でもおかげで身軽に散策ができたので、この場を借りて改めて感謝します☆


表紙の写真は、「火の山駅」から少し上がったところから眺めた「関門橋」周辺の様子です。
あいにくもやがかかっていて、見通しはあまりよくありません。
午前中は比較的よかったんですけどね。

「瀬戸内海国立公園「火の山」
 標高268メートルの火の山の名前は、敵の襲来を告げる「のろし」を上げていたことに由来します。
 また、明治時代の中頃には砲台が置かれ要塞として整備されるなど、周囲を360度見渡すことのできる火の山は、
 古くから戦争の要所とみなされていました。
 戦後、誰もが火の山に入れることができるようになり、眼下の関門海峡、壇之浦、巌流島、
 さらには対岸の門司や小倉まで、素晴らしい景観をいつでも目にすることができるようになりました。」

※案内板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

軍事施設の跡をたどる・・・
by sampo_katze | 2012-09-23 20:30 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day3-3 関門トンネルを通り抜ける
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第8回


c0081462_21381999.jpg
「トンネルは丘の向こうに」


いよいよこの日のメインイベント、相棒の「Brompton」とともに「関門トンネル」を通って「下関」へ移動です。

ところで「本州」と主要3島はすべて陸路で移動することが可能になっていますね。
北から順に挙げると、以下のように5ルート6パターンあります。

・北海道 青函トンネル  在来線
・四国  明石海峡大橋~(淡路島)~大鳴門橋  自動車
      瀬戸大橋  在来線・自動車
      しまなみ海道  自動車・自歩道
・九州  関門橋  自動車
      関門トンネル  新幹線・在来線・自動車・自歩道


これらのうち、徒歩や自転車で通行できるのは「しまなみ海道」と「関門トンネル」の2ルートです。
前者は昨年の11月に「Brompton」で3日間かけて走破しましたが、後者はまだ。
過去に「門司港レトロ地区」は何度か来ているんですけど、なぜか「関門トンネル」は未踏破でした。
「門司港駅」前からだと約3km弱と結構距離があるのも要因だったかもしれません(^^;
でも自転車ならあっという間ですし、自前ならそのまま「下関」側に渡ってまた走れますからね。

ということで、まずは「レトロ地区」から「門司港レトロ観光列車」の線路に沿って進むことにします。
この「トロッコ列車」にも乗ってみたいところですが、客車が小さいので「Brompton」といえども
持ち込むのはちょっと難しそうなので、こちらに乗るのはまたの機会に。


表紙の写真は、「ノーフォーク広場駅」付近から眺めた「関門橋」です。
このあたりは海沿いに遊歩道が整備されているので通行がしやすいです。
橋や海の眺めもいいですし、とても気持ちのいい道ですよ(^^)
これでもう少し涼しくて、海風が吹いていたら最高だったんですけどね。
でもこの日は、いえこの日もおそらく30℃を軽く越えていたものと思われ、ちょっとしんどかったです(苦笑)


門司港レトロ観光列車 トロッコ潮風号


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

橋の下をくぐってトンネルへ・・・
by sampo_katze | 2012-09-21 21:00 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day3-2 門司港レトロをめぐる
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第7回


c0081462_2021551.jpg
「かつての九州の玄関口」


「小倉駅」近くの宿を出てから「国道199号線」経由で約11km。
脇道に入ったり寄り道したりで実際に走った距離はもう少し長いですが、何はともあれ最初の目的地「門司港駅」に到着です。
前回も書きましたが、「国道199号線」は「本州」へと通じるメインルートにあるためか交通量が非常に多い!
やむなく歩道を走ることもありましたが、一部の区間は舗装はしてあるもののかなり凸凹しているところもあり走りにくかったです。
でもまぁ急ぐ旅ではないので、文句を言いながらも走ってしまいましたが(笑)

ここ「門司港レトロ地区」は過去2~3回訪ねているんですが、自転車で訪ねるのはこれが初めて。
「Brompton」で1度走ってみたいと思っていた場所の1つです。
エリアとしては徒歩でも十分めぐることができるんですが、やはり機動力がちがいますからね。


表紙の写真は、この地区の顔ともいうべき「門司港駅」の駅舎です。
1914年(大正3年)1月に建設された「ネオ・ルネッサンス様式」の駅舎で、駅舎として初めて「国重要文化財」に指定されました。
でも築100年近く経過していて老朽化など諸問題が発生していることから、来たる9月28日をもって営業を一時終了。
翌29日より仮駅舎に移行の上、全面改修工事を実施することになったそう。
このことはこの記事を書いているときに知りましたが、もう少し訪ねるのが遅かったら見られなかったんですね(汗)
折りしも同じ年に落成した「東京駅」はこれと入れ替わるかのように10月1日に復原工事が完了、グランドオープンします。
なんだか運命的なつながりを感じてしまいました。
なお、「門司港駅」の工事完成は6年後の2018年3月と予定されています。


門司港レトロインフォメーション
門司港レトロ@Wiki
門司港駅@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

Bromptonでめぐりたかった町の1つ・・・
by sampo_katze | 2012-09-19 20:30 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day3-1 福岡・小倉から門司へ
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第6回


c0081462_19572168.jpg
「海上の蒸気船?」


3日目の7月27日(金)。
この日は宿のある「小倉」から「門司港レトロ地区」へと走って散策。
その後「関門国道トンネル」を経由して「下関」まで走ります。

当初の予定では「大分県」「耶馬溪」(やばけい)方面に行くつもりだったのですが、大雨の影響で予定していたルートが走れないらしいということが判明。
これは出発前にもある程度はわかっていたんですが。
また「山口県北西部」「角島」方面も、この2日間走った感じでは海はもやがかかってすっきりした景色が見られないかも?
なので、2日目の夜に以降の行程の変更を決断。
4日目と5日目は「熊本」に宿を移し、「熊本県天草」「長崎県島原」をそれぞれ走ることにしました。
出先であっても、ネットで宿の予約変更なども簡単にできるのはうれしいですね(^^)

さて、宿を出て海沿いに東に向かって走り出します。
メインルートは「国道199号線」ですが、ここは大型車を含めて交通量が非常に多いため走りにくいです(汗)
なのでところどころ海沿いにある遊歩道などにエスケープするのですが、これが区間が短いのが難点。
仕方ないので歩道を走るのですが、これがまた路面状態が結構ひどいところが多いんですね。
「小倉駅」「門司駅」間だけは輪行した方がよかったかな~、なんて。
1区間なんですけどね(^^;


表紙の写真は、「小倉駅」から約2.4kmほどのところにある「延命寺臨海緑地」から眺めた工場です。
海岸線ぎりぎりまで建屋がせり出し、中央には小高い煙突がそびえて先端からは煙がモクモク。
大きな「蒸気船」のような雰囲気がしました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

つかの間、海沿いをのんびりと・・・
by sampo_katze | 2012-09-17 20:05 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day2-2 佐賀県最北部の町・呼子
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第5回


c0081462_1963151.jpg
「九州の最北西端?」


「唐津」の市街を出て北西に向かい、「佐賀県」の最北部にある「呼子」(よぶこ)を目指します。
これまで「唐津」の町は何度か足を運んでいるんですが、「呼子」を訪ねるのは今回が初めて。
「唐津駅」「大手口」からバスが出ているので、訪ねてみたいという思いはあったんですけどね(^^;

さて、「唐津」から「呼子」へのルートは大きく分けて2つ。
「国道204号線」で海沿いを行くルートと、「県道」で内陸を縦断してショートカット気味に行くルートがあります。
心配になるのは上り坂ですが、「ルートラボ」で見てみるとどちらもそれほど大変な道ではなさそう。
なので行きは内陸ルートを走り、帰りはそのときの調子と時間をみて選ぶことにしました。
まぁ、実際走ってみたら暑さも手伝ってちょっと大変でしたけどね(苦笑)

で、撮らずに走り続けて「呼子」に到着・・・・・途中経過の写真はありません(^^;
ここは「朝市」で有名な町でもあります。
「石川県」「輪島朝市」「千葉県」「勝浦朝市」と並び「日本三大朝市」と称されるんだそう。
ここから北に浮かぶ「加部島」(かべしま)に行こうと思ったんですが、
意外と余力があったので北西にある「波戸岬」(はどみさき)まで足を伸ばしてみることにしました。


表紙の写真は、「波戸岬」に立つ看板です。
「The northeast end.」とあるように、ここは「九州」本島最北西端の場所のようです。
ちょっと微妙な表現ですけどね(笑)
その向こう、海に向かって伸びているのは「海上デッキ」「玄海海中展望塔」です。
せっかくなので中に入ってみることにしました。
後で出てきますが、塔内の説明によればここは「日本海側唯一の海中展望台」なんだそうですよ。


唐津観光協会


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

擬似海中散歩体験・・・
by sampo_katze | 2012-09-15 19:15 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day2-1 佐賀・唐津
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第4回


c0081462_22334257.jpg
「虹の松原への玄関口」


2日目の7月26日(木)。
この日は予定通り「佐賀県」北部にある「虹の松原」から「唐津」を経由し、北端近くにある「呼子」(よぶこ)方面へと走ります。

「虹の松原」は学生時代に一度、「自転車部」の3人で走ったことがあります。
当時まだ現役だった寝台特急「みずほ」に乗り、翌朝「博多」に到着。
細かいルートは忘れましたが、「虹の松原」~「伊万里」と経由して「長崎」へ至りました。
1日滞在して市内散策を楽しみ、「茂木」からフェリーで「天草」「富岡」へ。
そこから「天草」の北岸を経由して「熊本」の南の「宇土駅」で終了。
ここまでが前走で、そこから鉄路で「別府」へ移動しました。
そして本番の合宿(といってもツーリングですが)のコースは「やまなみハイウェイ」を経由して、再び「熊本」へと走るもの。
これを10日から2週間くらいかけて走ったと思うのですが・・・・・若かったですね(^^;

では今回はというと?
もう若くないので(笑)、まず宿のある「小倉」から06:00発「特急きらめき1号」で「博多」へ。
ここで「新幹線」を使うという手もあったんですが、この区間の特急回数券「4枚きっぷ」を買ってあったので。
ちなみにこれだと1区間あたり約500円安く、「新幹線」と比べると800円安くなります。
所要時間は段違いですけどね(^^;
そして「博多」からは「地下鉄空港線」に乗り換えて「JR筑肥線」(ちくひ)直通列車を利用します。
なお、直通する列車は1時間に1本と少ないので時刻には注意が必要です。


表紙の写真は、今回のスタートとした「浜崎駅」の駅舎です。
ここから1つ西にはそのものずばりの「虹ノ松原駅」があるんですが、端から走るのであればこちらからの方がいいですね。
出口へは下り列車のばあいは跨線橋で渡りますので、前のほうに乗りましょう。


虹の松原@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

今日も海沿いを走る・・・
by sampo_katze | 2012-09-13 22:40 | Brompton+九州 | Comments(0)
Day1-3 大陸への玄関口・志賀島
蜜蜂的九州周遊ポタ in 2012夏編・第3回


c0081462_17325733.jpg
「歴史的発見があった場所」


この日の目的地となった「志賀島」(しかのしま)は「博多湾」の北側にあります。
周囲は約12kmなのでポタリングするにはちょうどいい距離。
アクセスも「海の中道」を経由しての車や鉄道、また「博多港」からの「福岡市営渡船」と多彩です。

でも正直言うと「海の中道」は知っていましたが、その先にある「志賀島」については当日まで知りませんでした(^^;
その南に浮かぶ「能古島」(のこのしま)は、「タモリ」さんが「あそこはいいよ!」と番組で話していていたのを聞いたことがあるんですけどね。

さて「海の中道」を経由して島まで走ってきたものの、島に何があるのかはよくわかりません。
ただ島を1周するだけだったらちょっとさみしいな~と思ってたんですが、島の入口にあった観光案内看板を見ると
意外と見所が点在していたので一安心。
とはいえ相変わらずの暑さなので、ペースはおさえてのんびり走っていくことにしました。
その前に自動販売機で500mlペットボトルを2本購入して水不足に備えます。
1周が約12kmとはいえ、もし途中で補給できないとアウトですから(^^;


表紙の写真は、島の入口から時計回りに約1.5kmほど走ったところにある「金印公園」です。
ここは歴史の教科書などの出てくる「金印」(きんいん)、正式には「漢委奴国王印」が発見された場所なんだとか。
階段の右には「漢委奴國王金印發灮之處」と刻まれた記念碑が建っています。

「金印公園
 天明4年(1784年)、『漢委奴国王』(かんのわのなのこくおう)と記された金印が出土したと思われる場所を
 記念して作られた「金印公園」は、昭和50年(1975年)に整備されました。
 「万葉集」「日本書紀」などに度々登場するここ志賀島(しかのしま)で、長い歴史に思いを馳せながら、
 のどかな自然に心和ませることができます。
 ここからの美しく穏やかな眺めは、海を越えて行われた大陸文化との交流を感じさせます。
 今では、福岡タワーや金印が収められた福岡市博物館のあるシーサイドももちなど、博多湾越しにぐるりと福岡市を一望でき、
 夕暮れ時もまた格別です。
 園内には、芝生広場などがあり、散策も楽しめます。
 春には「桜の丘」まで足を運んでみましょう。」


漢委奴国王印@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

日本一有名な(?)ハンコ・・・
by sampo_katze | 2012-09-11 21:00 | Brompton+九州 | Comments(0)