人気ブログランキング |
<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
沖縄Day3-2・浜比嘉島
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第11回


c0081462_20175845.jpg
「海を越えるまっすぐな道」


「海中道路」を渡りきった先は「平安座島」(へんざじま)です。
この島は大部分が「沖縄石油基地」で占められているため、ほとんど見るところはないといっていいでしょう。
細かく調べたわけではないんですが、地図を見るとそんな雰囲気だったので(^^;

「海中道路」から続く「県道10号線」をそのまま進むと北東側に連なる「宮城島」(みやぎじま)へ。
さらに進むと最果ての(?)「伊計島」(いけいじま)に渡ることができます。
ここには県内最大の竪穴式住居跡の「仲原遺跡」(なかばるいせき)があり、いくつかの住居は復元されていて
「イチの里 仲原遺跡」と呼ばれているそうです。

でもそちらまではちょっと距離があるため、時間が少ないわたしたちは見送り。
体力もある意味足りないかも・・・・・?(苦笑)
ということで「平安座島」の南にある「浜比嘉島」(はまひがじま)へ行くことにしました。
上陸してから1kmほど進んだところで、右手に見える島へと続く「浜比嘉大橋」があります。
1.4kmの長さの橋を渡れば島はすぐそこです。


表紙の写真は、「浜比嘉大橋」の中央付近から「平安座島」方面を眺めたところです。
島の海岸線近くは住居、高台には「沖縄ターミナル」のオイルタンクが並んでいますね。
そしてこの橋はほかの橋と同様、船舶航行のために中央が盛り上がった形をしていて、最も高いところから撮っています。
それほど勾配はキツクないんですけどね。

「光輝く海とやすらぎの島へ 浜比嘉大橋
 本橋は、沖縄県離島振興開発計画で位置付けられた橋梁整備事業であり、
 勝連町浜比嘉島と与那城町平安座島を結ぶ海洋架橋です。
 浜比嘉島、平安座島を始め多くの島々が浮かぶ周辺海域は、風光明媚な海洋景観を呈し、
 沖縄リゾートマスタープランにおいて重点整備地区に指定されています。
 また、本橋の航路部は各島々に点在する多くの港湾・漁港施設を結ぶ主要な航路となっています。
 計画整備にあたっては、周辺環境・港湾計画等との調和、整合を図り海上交通を確保しながら進めてきました。
 また、本橋では、架橋地点の地域特性、自然環境を調査し、橋が生活空間の一部として関与するように、
 周辺への存在感を考慮した景観検討を行ない、平安座島、浜比嘉島周辺の自然環境、
 歴史・文化や生活・産業から見た景観特性から、橋梁景観形成のイメージテーマを
 「光輝く安らぎの島(コバルトブルーの海と緑の島々)」と設定しました。
 本橋は、浜比嘉島の離島苦を解消し、地域産業の形成・発展に大きく寄与するものとして期待されています。」



浜比嘉島~神々が住んだ島@AllAbout


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

静かな島・・・
by sampo_katze | 2013-01-30 20:25 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
沖縄Day3-1・海中道路へ
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第10回


c0081462_2062974.jpg
「朝日に染まる部瀬名岬」


3日目の10月27日(土)。
この日は「喜瀬ビーチパレス」をチェックアウト、宿泊先は「那覇」の市内に替わります。
帰りの飛行機の時間によるものですが、せっかく「沖縄本島」に来たのですから「那覇」を素通りするのはもったいないですよね。
ただ、一気に移動して市街地周辺をめぐるというのもそれはそれで物足りない。
ということで、南下しつつ要所に立ち寄りつつ進むことにしました。

具体的には「沖縄自動車道」を通って「沖縄北IC」で下り、南東に突き出す「勝連半島」(かつれん)へ。
そこから先端から伸びる「海中道路」「Brompton」で走ります。
距離はそれほど長くないのでちょうどいいですし、何より海を突っ切るようにして走るのは最高ですからね。
その後は「勝連城」「中城城」(なかぐすくじょう)~「首里城」「世界遺産」をハシゴ。
途中の適当なタイミングで昼ご飯を食べることに。
3日連続になりますが、もちろんこの日も「沖縄そば」にするつもりです(^^)


表紙の写真は、部屋から眺めた朝の海です。
前回は北の「本部半島」(もとぶはんとう)方面でしたが、今回は西にある「部瀬名岬」(ぶせな)です。
半島に並んだ建物はリゾートホテルの「ザ・テラスホテルズ」
左が「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」、右の小高い丘の上にあるのが「ザ・ブセナテラス」です。
敷居がちょっと高いけど、1度は泊まってみたい高級リゾートですね。
また、向こう側の西岸には「ブセナ海中公園」があります。


ザ・テラスホテルズ
ブセナ海中公園


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

今日もいい天気~☆
by sampo_katze | 2013-01-28 20:10 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
昨年末のNikon1 V2導入は勇み足?
Intermission


c0081462_2057411.jpg
「V2+FT1で"諭吉さん"が・・・・・」


半月ほど前の1月8日(火)、1通のメールが「ニコン」から届きました。
タイトルは「新世代プレミアムカメラ Nikon 1 J3 / S1登場!」
昨年12月27日時点で「価格.com」の口コミにはすでにその旨が書き込まれていましたね。
なので予定通りという感じで見てました。

でも、驚いたのはそのリリース間隔の短さ。
先代「Nikon1 J2」が出たのが昨年9月なので、半年も経過していないうちに次の「J3」が出ることになったんですからね。
一時は「J2」に食指が動いたこともあったので、そういう意味ではちょっとヒヤッとしましたが(^^;

でも、よく「2度あることは3度ある」といいますよね。
「J2」から「J3」が短かったように「V2」から「V3」でもそんなことが起きるかも・・・・・?
なんて思ってたら、意外な方向からカウンターが!!


Nikon 1 V2 + マウントアダプターFT1 キャッシュバックキャンペーン


おいおい、昨年末に両方とも買ったばかりだよ・・・・・il| orz |li
まさに絵に描いたようなハマりパターンですね(苦笑)


また、超広角ズームレンズが3月にリリースされることになりました。
「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」で、35mm換算すると18-35mm相当。
予定価格を見るとなかなか結構なお値段です。
でも、純正のフルサイズ用では2002年発売の「Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED」が近い感じ。
大きさも重さも段違いですけどね。
しかも現在手持ちの最広角が20mm単焦点なので、これは気にならないわけがない。
手の平サイズのレンズ3本で18mmから300mmまでカバーできちゃうんですからね~。

う~~~ん、悩ましい・・・・・(^^;


ここで、Nikon1製品をリリース順に並べてみます。
こうして見ると、新しい規格にもかかわらず1年半足らずの間でずいぶん出ているのがわかります。
次はどんな手を繰り出してくるのかな?

2011年10月20日 Nikon1 J1
2011年10月20日 Nikon1 V1
2011年10月20日 1 NIKKOR 10mm f/2.8
2011年10月20日 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM
2011年10月20日 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
2011年10月20日 スピードライト SB-N5
2011年12月22日 1 NIKKOR VR 10- 30mm f/3.5-5.6

2012年09月06日 Nikon1 J2
2012年09月06日 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
2012年11月01日 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
2012年11月15日 Nikon1 V2

2013年01月(予定) スピードライト SB-N7
2013年02月(予定) Nikon1 J3
2013年02月(予定) Nikon1 S1
2013年02月(予定) 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6
2013年03月(予定) 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6


Coolpix3100


次回は、沖縄編3日目のスタートです。
by sampo_katze | 2013-01-26 21:00 | カメラ・自転車の機材 | Comments(0)
沖縄Day2-5e・宿にある居酒屋で夕食
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第9回


c0081462_2046899.jpg
「乾杯はやっぱりオリオンビール☆」


2日目の夕食です。
この日は泊まった「喜瀬ビーチパレス」の1階にある居酒屋「ちんぼーら」でいただきます。
「ちんぼーら」とは沖縄の言葉で「ちん」=「小さい」「ぼーら」=「巻き貝」という意味なんだそう。
かわいらしいネーミングですね。

さて、いざお店に行ってみるとなんだか混んでる?
聞いてみるとこの日はいっぱいで、少し待つ必要があるとのこと。
そこで部屋にいったん戻ることにし、空きができたら連絡してもらうことにしました。
ちょっと行くのが遅かったのかもしれませんね。
で、入れたのは21時過ぎになってしまいました(^^;
その間に部屋で次の日のプランを考えたりしていたので、待ち時間も有効に使うことができましたが。


表紙の写真は、「オリオンビール」の生中です。
沖縄に来たら1杯目はこれで決まりですよね~?
この日は少し走って汗をかいたあとなのでさらにおいしく感じました(^^)


喜瀬ビーチパレス


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

今宵も琉球料理に舌鼓・・・
by sampo_katze | 2013-01-24 20:50 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
沖縄Day2-4・古宇利島一周ポタ
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第8回


c0081462_22415216.jpg
「古宇利大橋の中心で、海と島を眺める」


いよいよ「古宇利大橋」(こうりおおはし)を「Brompton」で渡り「古宇利島」へと入ります。
「古宇利大橋」の横断は今回の旅でもっとも楽しみにしていたところなので、ワクワク感が止まりません(^^)
以前「宮古島」に行ったときにも「来間大橋」(くるま)と「池間大橋」(いけま)を「Brompton」で渡りましたが、
風を感じながら青空の下、美しいエメラルドグリーンの海の上を自転車で駆け抜けるというのはほんとに最高の気分ですから☆

さて、「古宇利大橋」は2005年(平成17年)2月に開業した、全長1.96kmの橋です。
「沖縄」で離島間に架かる橋としては最長ですが、自転車でも歩いても渡れます。
ただ歩くとなると往復4kmの道のりはちょっとハードかもしれないですけどね(^^;

なお、「宮古島」と「伊良部島」を結ぶ「伊良部大橋」が完成すると「沖縄」最長の座はこちらに移ることになります。
今のところ2015年度中に開通する予定とのことでした。


表紙の写真は、「古宇利大橋」のほぼ中心にある展望スペース(?)から「古宇利島」方面を眺めたところです。
ここは「本部半島」「屋我地島」に囲まれたところにある「運天港」(うんてんこう)に近いためか、
橋の下を船舶が通行できるように一段高く造られています。
徒歩や自転車ではちょっとだけアクセスに苦労しますが、そこからの眺めはやはり最高☆

沖縄県道247号古宇利屋我地線@Wiki
沖縄 古宇利島へ 古宇利大橋ドライブ@All About


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

海の上を飛んでいく感覚・・・
by sampo_katze | 2013-01-22 22:45 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
沖縄Day2-3・山原そばと羽地内海
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第7回


c0081462_20471477.jpg
「伊豆見の人気店」


「今帰仁城」(なきじんじょう)を出たのが11:30頃と、昼ご飯にはちょうどいいタイミングです。
目指すのは「長太郎」さんの情報で、オススメとなっていた「山原そば」(やんばる)。
結構有名なところらしいですね。

「今帰仁城」を出たら海に向かって北へ約1km進み、「国道505号線」に出ます。
そこを右折して東へ約5km、左の角に「今帰仁郵便局」がある「仲宗根(西)交差点」を左折し「県道72号線」へ。
さらに3kmほどの「呉我山交差点」を右折、川沿いの道を2kmほど進むと丁字路の「伊豆見交差点」があります。
そこを左折するとすぐ右手に「山原そば」があります。

タイミングがよかったのか、お昼にも関わらず駐車場に空きがありすぐに止めることができました。
お店の中は満席でちょっと待ちましたけどね。
口コミを見ると30分も待ったなんていう話もあるようなので、ずいぶんマシでしょう(^^;


表紙の写真は、「山原そば」の外観です。
出入口のドアはアルミサッシに取り替えられていますが、ほかは建てた当時のままといった感じでしょうか。
ちなみに撮ったのは店を出た後の12:20頃のこと。
外で待っているお客さんはいませんでした。
この日は金曜日だから比較的空いていたというのもあるかもしれませんね。

山原そば@食べログ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

山間にあるお店・・・
by sampo_katze | 2013-01-20 20:55 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
沖縄Day2-2・今帰仁城跡
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第6回


c0081462_2125182.jpg
「青空に映える琉球赤瓦」


「美ら海水族館」を後にし、「本部半島」(もとぶはんとう)を時計回りに進んで次の目的地「今帰仁城跡」(なきじんじょうあと)を目指します。
余裕があればもっとじっくり見学したかったところですが、今回はできるだけまんべんなくめぐるのが目的。
それに「黒潮の海」の大水槽が見られたので満足です。
いずれは「美ら海~」だけを見学しに飛んでいくかもしれませんけどね(^^;

さて水族館前を通る「県道114号線」を左に出て、道なりに3.5kmほど行くと「国道505号線」に出るのでそこを左折。
2kmほど走った「今泊交差点」を右折、あるいはさらに300mほど先「今帰仁城跡」への看板があるところを右折します。
後者のほうがやや距離が短くてわかりやすいですが、このときは前者のルートを通りました。

駐車場に車を止めて外に出ると日差しがキツイ!
そしてあちこちからちょっと不思議な音が聞こえてきました。
鳥の鳴き声のようにも聞こえますが、それにしては金属音のような独特の響きがあります。
その正体についてはまた後で・・・・・。


表紙の写真は、券売所を兼ねた「今帰仁村グスク交流センター」です。
休憩所や売店も併設されています。
中では映像による様々な解説もされているそうなので、城跡に入る前に見ておくといいかもしれません。
わたしたちはささっと入ってしまいましたが(^^;

「今帰仁城跡
 かつて琉球に統一王国が樹立する以前の三山時代(北山、中山、南山)北山王の居城として「今帰仁城」が築かれ、
 沖縄本島北部(やんばる)の政治、経済、文化の拠点となったグスクである。
 今帰仁城は15世紀初頭まで隆盛を極めるが、北山最後の王、攀安知が1416年に尚巴志の率いる連合軍によって滅ぼされてしまう。
 その後、監守制度(1422年~1665年)がしかれ首里王府から派遣された監守によって北部地域が統治された。」

※説明板より引用、以下同じ
 攀安知=はんあんち 尚巴志=しょうはし

今帰仁城跡公式サイト
今帰仁城@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

1か所目のグスク訪問・・・
by sampo_katze | 2013-01-18 21:00 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
沖縄Day2-1・あこがれの美ら海水族館をたずねる☆
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第5回


c0081462_2044122.jpg
「朝の名護湾」


2日目の10月26日(金)。
この日はまず「美ら海水族館」(以下「美ら海」と略記)と「今帰仁城跡」(なきじん ぐすく あと)を訪ねます。
その後「古宇利島」(こうりじま)近くまで車で移動し、「Brompton」でポタリング。
終了後に宿へ車で戻ります。

最初の計画では「美ら海」まで車で移動、そこから走ってめぐるということを考えていました。
でも「今帰仁城」付近は高低差が結構ありますし、気温などのことを考えるとちょっとキビシイ?ということで変更しました。
まさか真夏日になってるとは思いませんでしたからね(^^;


表紙の写真は、昨日は夕闇で見えなかった部屋からの眺めです。
目の前に「名護湾」が広がり、その向こうに「本部半島」(もとぶはんとう)が見えます。
風もなく波も穏やかで、今日もいい1日になりそうです。


沖縄美ら海水族館@Wiki
※公式サイトへは検索するか、上記の文末にあるリンクからどうぞ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

朝食の前にひと歩き・・・
by sampo_katze | 2013-01-16 21:00 | Brompton+沖縄 | Comments(0)
7年ぶりの大雪!
Intermission


c0081462_20272673.jpg
「雪やこんこ~♪」


「沖縄編」の途中ですが、雰囲気をガラッと変えて。

今日は「関東地方」でまさかの大雪になりました。
わたしの家の前では14:00頃に9cm(実測)ほど積もってました。
天気が悪くなるとは聞いてましたが、まさかこれほどとは!

「成人の日」なので各地で「成人式」が行われたようですが、昨日行ったところもあるようですね。
昨日は朝から抜けるような青空だったのでよかったですが、今日はちょっと大変だったでしょう。
でもニュースのインタビューで「ホワイト成人式☆」なんて答えていた子もいました。
これはこれでめったにないことなので、いい思い出になるんでしょうね。

さて雪は降った日はともかく、その翌日からが厄介。
路面が凍結しますからね~。
しかも明日は展示会の搬入作業が・・・・・ちょっと心配(^^;

みなさんも怪我のないように気をつけましょう!


Coolpix3100


次回は、沖縄編2日目のスタートです。
by sampo_katze | 2013-01-14 20:45 | 季節ものなど
沖縄Day1-4e・夕食は「美ら花」で
沖縄本島ドライブ&ポタリング編・第4回


c0081462_2035668.jpg
「地元でも人気のお店」


1日目の夕食です。
宿泊したのは「喜瀬ビーチパレス」というホテルで、その1階にも食事どころがあります。
ですが初日のこの日は「国道58号線」「名護」の方に500mほど戻ったところにある「美ら花」(ちゅらはな)へおじゃましました。

宿が市街地から離れているので、食事はどうしよう?と思って検索してみたらここがヒット。
さらに調べてみるとなかなか人気があって評判もよさそうです。
500mほどなら歩いても苦になりませんし、帰りは海からの夜風に当たりながらのんびり酔い覚ましもできそうですし(^^)


表紙の写真は、「美ら花」の外観です。
11:00からランチの営業が始まり、17:00を境に「居酒屋」へと替わります。
ラストオーダーは22:30なのでゆっくり沖縄の味を楽しむことができますね。
背後にあるのは「沖縄サンコーストホテル」、向かいには「AJ幸喜リゾートホテル」「ファミリーマート」があります。
この辺りは市街地ではないですが、意外と利便性は高そうです。


沖縄そばと琉球料理 泡盛の店 美ら花


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

琉球料理に舌鼓・・・
by sampo_katze | 2013-01-12 20:50 | Brompton+沖縄 | Comments(0)