人気ブログランキング |
<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
東銀座の新名所からレインボーブリッジへ
東東京縦断ポタ+東京・東銀座の新名所めぐり編・第4回


c0081462_20242913.jpg
「New KABUKIZA」


「東京駅」から「大名小路」を通り南へと向かいます。
「東京国際フォーラム」「ビックカメラ」の西側を抜けて「有楽町駅」へ。
ガードをくぐった先で左折し「晴海通り」へ入ると、そこはもう「銀座」のエリア。
普段からにぎやかなところですが、連休中ということもあって人が多かったです。

そして駅から約700mにある「三原橋交差点」を越えると左手に見えるのが「歌舞伎座」です。
ここで「三原橋」という地名を聞いてピンと来る方もいらっしゃるでしょうか。
そう、今年3月31日を持って惜しまれつつ閉館となった名物(?)映画館「銀座シネパトス1, 2, 3」があるところです。
今回わたしもこの場所だけ「晴海通り」を外れて北側の入口前を通りましたが、中には入らず。
近くの「歌舞伎座」リニューアルも完成したことから、近々解体工事が始まるのではないかと思うので
見ておきたかったところですが。
この「三原橋地下街」については下記サイトが詳しいので、そちらをご覧ください。

地下鉄日比谷線の上に謎の映画館!? (1)三原橋地下街の謎@ハマちゃんのガラクタ箱


表紙の写真は、新しくなった「歌舞伎座」の正面です。
今年3月27日に「開場式」があり、4月2日から「歌舞伎座新開場?落興行」が行なわれています。
さらに連休中とあって、観劇や新しくなった「歌舞伎座」を一目見ようというお客さんでごった返していました。

歌舞伎座
歌舞伎座@Wiki



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

歌舞伎の殿堂・・・
by sampo_katze | 2013-06-29 20:30 | with Brompton | Comments(0)
赤レンガの東京駅と三菱1号館
東東京縦断ポタ+東京・東銀座の新名所めぐり編・第3回


c0081462_2037159.jpg
「新しくなった日本一の駅」


「日本橋」の次は新しくなった「東京駅丸の内口」の周辺です。
国内の「道路網」の始点が「日本橋」ならば、「鉄道網」の始点は「東京駅」といえるでしょう。
それぞれ始点としている「国道」および路線を列挙してみると次のようになります。

「日本橋」 ・・・・・ 「1号線」、「4号線」、「6号線」、「14号線」、「15号線」、「17号線」、「20号線」
「東京駅」 ・・・・・ 「東海道新幹線」、「東北新幹線」、「東海道本線」、「東北本線」、「総武本線」、「京葉線」(正式名称のみ)

こうして見ると、どちらも多くの路線の始点となっているんですね~。
ちなみに「東京駅」は出発するのがいずれの路線でも「下り列車」となるため、「東京駅=日本で最も高い駅」
そんなとんちみたいなことを聞いたことがあります(^^;

それはさておき。
1872年10月14日に日本初の鉄道が「新橋駅」「横浜駅」の間で開業。
その後の1889年に「神戸駅」まで開通し、後に「東海道線」と名づけられました。
また1883年7月28日、「日本鉄道」という「私鉄」によって建設された路線が「上野駅」「熊谷駅」との間で開業、
翌年に「前橋駅」まで、1891年に後の「東北本線」「青森駅」まで開通します。
これら2路線の始点を「高架鉄道」で接続し、その途中に「中央停車場」を設置する計画ができました(1896年に決定)。
そして1914年に開業したのが現在の「東京駅」です。

「赤レンガ」のこの建物は「関東大震災」ではビクともしなかったんですが、1945年5月25日の「東京大空襲」で罹災。
同年末から1947年にかけて修復工事が行なわれましたが、戦後間もないという事情から応急復元にとどまっていたんだそう。
その後は正式な復旧をなされないままでしたが、1999年に開業当時の姿に復原することが決定。
2007年から工事が開始され、2012年10月1日に全面開業となりました。
そして来年2014年には開業100周年を迎えます。


表紙の写真は、「行幸通り」の東端から眺めた「東京駅丸の内口」駅舎の"ほぼ全景"です。
"ほぼ"と書いたのは両翼のドームは入っているものの、端は見切れているため。
手持ちでは最広角の20mmですらこれですからね~。
また駅舎が西からやや北寄り向きになっているため、かなり長い時間逆光になってしまうのも難点。
だいたい14時くらいから順光気味にはなってくるんですけど、それはそれでまた別の問題が・・・・・(^^;


日本橋(東京都中央区)
東京駅
いずれも@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

今回は外観めぐり・・・
by sampo_katze | 2013-06-27 20:45 | with Brompton | Comments(0)
秋葉原・万世橋から日本橋へのレトロな街並みへ
東東京縦断ポタ+東京・東銀座の新名所めぐり編・第2回


c0081462_23112981.jpg
「旧万世橋駅と神田川」


「上野駅」から「中央通り」を通って南下していきます。
この日は連休中ということもあってか、比較的空いていたように感じます。
「Brompton」でも安心して走れましたからね。
ここを避けて路地を通ってもいいんですが、一方通行ばかりなのでかなりややこしいです。
一応自転車は適用外なんですが、さして広くない道で車と対峙するのはお互い気分がよくないでしょうし(^^;
ま、それを見極めつつ迷路を抜けるようにして走るのも楽しいかも?

なお、「上野公園」「湯島」方面には立ち寄っていません。
というのも西側は「武蔵野台地」の東端にあたるため、そちら方面に向かうとなると坂を上らないとならないから(笑)
峠道のように長いわけではないですが、結構標高差があるんですよ~これが!
高い建物が林立しているおかげでイメージしにくいですが、都心は意外と坂が多いですからね。
それに今回のポイントとなるところが「東京駅」「歌舞伎座」で、どちらも低地側というのもあります。


表紙の写真は、「JR中央線」「御茶ノ水駅」「神田駅」の間にある「万世橋駅」(まんせいばし)の跡です。
この駅は「中央本線」の起点として1912年(明治45年)4月に開業。
その当時は「東京駅」と同じく「辰野金吾」の設計による「赤レンガ」の駅舎でかなり豪華なものでした。
ですが1914年(大正3年)に「東京駅」が完成、1919年(同8年)3月に「中央本線」の起点が「東京駅」に変更となります。
ターミナルから中間駅となった同駅に追い討ちをかけるように1923年(同12年)「関東大震災」が発生、
豪華な駅舎は焼失してしまいます。
そして近隣に「御茶ノ水駅」「秋葉原駅」があることや「市電」のルート変更などもあって乗客数が減少、
ついに1943年(昭和18年)11月1日「休止」となります。
なんだか「悲劇のターミナル」といった感じですが、実はいまだに正式な「廃止」にはなってないんですね。
休止になったのが戦時中で混乱していたためでしょうかね?

さて、以前「地下鉄ポタ・日比谷線編」で訪れたときは川沿いの建物にお店が入っていました。
ですが今回訪ねてみるとどうやら内装を工事しているようですが、外観は残していくような感じですね。
夏にはオープンする予定だそうで、どんな風に変わるのかが楽しみです。


武蔵野台地
万世橋駅
いずれも@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

中央通りを南へ・・・
by sampo_katze | 2013-06-25 23:15 | with Brompton | Comments(0)
千住から浅草・上野界隈へ
東東京縦断ポタ+東京・東銀座の新名所めぐり編・第1回


c0081462_204752.jpg
「スカイツリー@汐入公園 2013春」


5月5日(日・祝)。
この日は久しぶりに「東京都区内」をポタリングしました。
目的としてはリニューアルオープンして新しい名所となった「東京駅」「歌舞伎座」がメイン。
もちろんそれだけでは物足りないので、「東京スカイツリー」「レインボーブリッジ」あたりもめぐり
最終的には「大井」の海沿い辺りまで足を伸ばすつもりです。

当初は「浅草駅」まで輪行するつもりでしたが、「北千住駅」到着を前に気が変わって下車。
そこから以前「スカイツリー」を訪ねたときのように「隅田川」沿いを南下して「浅草」界隈へと出ることにしました。
そのときは朝方は前夜の雨上がりで天気がイマイチでしたが、この日は晴れていたのもありますね。


表紙の写真は、「千住汐入大橋」の東側から眺めた「隅田川」と「都立汐入公園」です。
ここは蛇行する「隅田川」の中でもかなりの急カーブを描く場所で、地図で見ると「ヘアピンカーブ」のようです。
その内側は緑あふれる公園があり、早朝ランニングや散歩を楽しむ人たちがいました。
青いアーチ橋は「水神大橋」で、1989年(平成元年)3月に架けられたかなり新しい橋、
川の向こうには高層住宅が壁のように並んでそびえる「白鬚橋東アパート」があります。
もちろん「スカイツリー」の存在感はいうまでもありません。


前回の訪問記はこちら
2012年8月4日の記事 スカイツリーへGO!


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

春のうららの隅田川を下る・・・
by sampo_katze | 2013-06-23 20:10 | with Brompton | Comments(0)
4年目のBromptonを定期点検に
Intermission


c0081462_2155655.jpg
「ニュー・チェーンに」


先週の6月10日(月)。
「Brompton」の定期健診のため、会社帰りに「サイクルハウスしぶや二子玉川店」に立ち寄りました。
梅雨が明けていい天気が続いてしまうと持ち込むタイミングを失ってしまいそうですからね。

持ち込む前は特に気になる点はなかったので、各部の増し締めやワイヤのテンション調整程度と考えていました。
ですがスタッフとのやり取りするうち、やはり4年目に突入ということもあってあれこれ交換しました。
最初の2点は「そういえば気になってたポイント」だったんですけどね(^^;

「チェーン」が半コマほど伸びていたので新品に交換。
「ブレーキシュー」が磨り減っているのでこちらも新品に交換。
 ただし取り寄せとなったため、取り付けは後日実施。
・「しぶや」特製の「輪行袋」の一部に穴があいているので購入。
 袋をかぶせひもで下部を絞り込むんですが、締めすぎたのか「ハンドル」「バーエンド」が顔を出すようになっていたので(^^;

また、最新版(だったかな?)では「チェーンテンショナー」「プーリー」に使われている「ナット」
ゆるみ止めつきのタイプに変わっているんだそう。
全部で3個あるんですが、こちらは無償で交換していただきました。


さて、今年は消耗品の交換で終了。
次のカスタムは3段から多段への移行がありますが、これは来年に持ち越しです。
今のところは「予定」ですが、どうなることやら・・・・・?


Coolpix3100
by sampo_katze | 2013-06-21 21:10 | カメラ・自転車の機材 | Comments(0)
今年の夏ポタ対策は・・・・・
Intermission


c0081462_2052207.jpg
「これを買ってみた」


まだ「梅雨」の真っ只中ですが、「梅雨」が明けると暑~~い夏。
「ポタリング」にはちょっとつらい季節になりますね。

で、今年は「日焼け」への対策としてこれを買ってみました。
「パールイズミ」「コールドブラック(R)アームカバー」です。
当初は長袖の「アンダーシャツ」を考えていたんですが、合うサイズの在庫がなく代わりに購入したもの。
でも考えようによっては、こちらは不要となればさっと外してしまえるのでラクなのかも?ということで。

ちなみにこの製品は自転車雑誌「Bicycle Club」2012年8月号のインプレッション記事で紹介されていました。
なので指名買いができたわけですが。

サイズ確認もかねて試着したところ、少しですがヒンヤリとした感じがしました。
これは効果が期待できそうです。

もっとも、買ってはみたもののまだ試せていません。
今週末は日曜に晴れマークがついてはいますが、はてさて・・・・・。


パールイズミ
by sampo_katze | 2013-06-19 20:55 | カメラ・自転車の機材 | Comments(0)
西園の猛禽類と水鳥のいるバードドーム
東武動物公園へ行こう!2013春編・最終回


c0081462_2155567.jpg
「ワラのベッドに・・・」


「東武動物公園」は東西に長くて東は「遊園地」、西は「動物園」と大きく2つに分けられます。
入口は東西に2つあり、その間は直線距離で約1.6km!
今回は「東武動物公園駅」からバスを利用して「東ゲート」から入ったんですが、園内は歩いて移動しました。
「動物園」の端まで往復+園内めぐりで結構いい運動になりますね(^^;
ちなみに園内には「鉄道」と「バス」があるので、そちらも有効に使ったほうが疲れが少なくていいですよ(笑)

さて、その「動物園」のエリアも途中を横切る「姫宮落川」(ひめみやおとしかわ)を挟んで大きく東西2つに分かれます。
前回5月2日に訪ねたときは西のエリアに行くのを忘れていたので(ありえないけど・汗)、今回はそちらをメインにしています。
西のエリアは鳥たちが多くいるような感じですね。
ということで、今回はその鳥たちを紹介していきます。


表紙の写真は、「ヘビクイワシ」です。
「猛禽類」の1種ですが色や頭の後ろにある「飾り羽」、そしてこれではわかりませんがスラッとした長い脚を持っていて
なかなか優雅な雰囲気を持っています。

でもこの日はいつもとは様子がちょっとちがっていました。
エリアの端のほうにワラのようなものが敷きつめられたようなところがあり、その上に座るような体勢をとっています。
これってもしかして・・・・・?

「ヘビクイワシ Secretary bird

 学名 Sagittarius serpentarius
 分類 ワシタカ目 ヘビクイワシ科
 分布 アフリカのサバンナ

 他のワシタカ目と比べ、長い肢をもちます。
 ヘビのみを食べるのではなく、昆虫や小型脊椎動物なども食べる肉食です。
 長い肢を使い、獲物をリズミカルに踏み付け、弱った所を食べます。
 獲物の中には、毒を持つものもおり、体を咬まれないように羽を広げ、ガードします。

 なるほど!!Zoo
  飛んだりできるけど、あまり飛ぶのは好きじゃないみたいだね。
  それよりも、長いあしで歩きまわるほうが、多いみたいだよ。」

※説明板より引用、以下同じ


なお、「静岡県掛川市」にある「掛川花鳥園」では「ヘビクイワシ」のショーをやっています。
相手は本物の「ヘビ」ではなく「ルアー」ですが、どのような狩りをするのかを見ることができるんですよ。

その様子(ダイジェスト)はこちら。
2012年9月3日の記事 掛川限定!ヘビクイワシのショー


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

もしかして、が・・・
by sampo_katze | 2013-06-17 21:10 | 動物園 | Comments(0)
白つながり・ホワイトタイガーとシロフクロウ
東武動物公園へ行こう!2013春編・第8回


c0081462_2047562.jpg
「身だしなみを整えて」


前回の5月2日は「ホワイトタイガー」の赤ちゃんを初披露目する日で大混雑!
さすがに並んでまで見るのは時間がもったいないということであきらめました。
ほんとはそれが最大の目的だったんですけど、久しぶりの訪問なのでほかの動物たちも見たかったですから。

で、今回も開園時間から5分ほど遅れて入園したんですが、やはり天気のいい日曜日ということもあってか
「ホワイトタイガー」のエリアに着くとすでに行列ができていました。
前日の土曜は雨が降っていたので、わたしも含めて出かけられなかったという方も多かったかも?
また入ったのが「動物園エリア」からは遠い「東ゲート」なので、開園直後に入っても出遅れてしまうのは仕方ないですね。
だからといってわざわざ最寄りの「東武動物公園駅」からタクシーを利用するというのも、ちょっともったいないかと(^^;

ただ赤ちゃんを見ることはできませんでしたが、父親の「ロッキー」は見ることができました。
子育て中のためか母子とは分かれて生活している、といってもとなりあっているのですが
実は初日はさらにとなりの「ライオン舎」まで通路が設置されていて、「ロッキー」も「ライオン」たちも近くで見られなかったんです。
彼らだけ見たいのになんで列に並ばないとならないんだろう?という疑問があったんですけど(^^;
何はともあれ、今回はそのようなことがなくて安心しました。


表紙の写真は、身づくろいをしている「ロッキー」です。
寝小屋から出てきて間もないからなんでしょうか、かなり念入りにやってましたね。
この写真ではわかりづらいですが、「ネコ科」らしく舌の表面は「おろし金」のように小さな突起がいくつも並んでいました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

ある意味単身赴任かな・・・
by sampo_katze | 2013-06-15 20:55 | 動物園 | Comments(0)
タンチョウのけだまぁと日本産動物舎
東武動物公園へ行こう!2013春編・第7回


c0081462_21263814.jpg
「木漏れ日の中で・・・」


「東武動物公園」の続編です。
連休の谷間の5月2日(木)に訪ねましたが、その10日後の5月12日(日)に再訪問しました。
というのも・・・・・。
1回目の訪問後に公式サイトを改めて見てみたら、なんと「タンチョウ」のヒナが誕生したとあるではないですか!

確かに4年前に訪ねたときはいたのに、今回は見当たらなかったのでおかしいな?
それどころか前に見たはずの鳥たちがいないのはどうしてなんだろう?
と思っていたんですが、実は「サル山」よりも奥のエリアに行ってなかったんですね~。
あぁ何という、ありえない勘違い!
ということで、「タンチョウ」の「けだまぁ」(ヒナのこと)に会いに行くことにしたわけです。
あわよくば「ホワイトタイガー」の赤ちゃんも見てみたいところですが、はてさて?

で、「動物園」エリアの「西園」の一番奥にある「日本産動物舎」へ。
向かって右側から入ってすぐのところに「タンチョウ」はいます。
周囲を竹垣で囲まれているのでちょっと見づらいですが、その隙間からのぞいてみると・・・・・いました!


表紙の写真は、竹垣の隙間から見える「タンチョウ」の母鳥と「けだまぁ」です。
どちらもオヤスミ中でしたが。
4月16日産まれですでに約1ヶ月経っていたため、かなり大きくなってしまってました。
半月後くらいまでだったら親鳥の背中に乗ったり羽の中に隠れたりする様子が見られるらしいんですけどね。
ちょっとチェックが甘かったな~(^^;

「タンチョウ Manchurian crane

 学名 Grus japonensis
 分類 ツル目 ツル科
 分布 北海道東部・極東アジア

 乱獲によりほぼ絶滅したものと思われていましたが、各地で給餌が行われ、徐々に個体数が戻りつつあります。
 現在、特別天然記念物に指定され保護対象となっています。
 名前は「丹(赤い)頂(最も高い所)」と書き、赤い頭頂部から付きました。

 なるほど!!Zoo
  あたまの赤い所は、羽じゃないんだ。肌が変化したトサカなんだ。
  ニワトリさんの頭にあるやつと同じだね。」

※説明板より引用、以下同じ

タンチョウ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

大きなけだまぁ・・・
by sampo_katze | 2013-06-13 21:30 | 動物園 | Comments(0)
オウサマペンギンに注目してみた
東武動物公園へ行こう!2013春編・第6回


c0081462_20494754.jpg
「王の肖像」


今回は「オウサマペンギン」にスポットを当てます。
「東武動物公園」ではほかに「フンボルトペンギン」「ジェンツーペンギン」と3種がいます。
このうち「フンボルトペンギン」は暑さに強いので、基本的に年中屋外で見ることができます。
ですがほかの2種は生息地域が「南極」に近いため、気温が高くなってくると空調の効いた屋内へと移動します。

実はこの10日後の5月12日に再度訪問したんですが、このときは屋内にいました。
今年は秋になるまで外では見られないかもしれません。
それだけに今回(5月2日)の訪問で見ることができたのはラッキーでした。


表紙の写真は、「オウサマペンギン」の顔を真正面から撮ったものです。
実際には少々首を右に向けているので、厳密には真正面ではないんですけどね。
また手持ちの機材ではここまで寄れないため、横位置を縦位置にしてさらに小トリミングしています。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

涼しいうちだけ・・・
by sampo_katze | 2013-06-11 21:00 | 動物園 | Comments(0)