人気ブログランキング |
<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
国宝・犬山城を訪ねる
犬山訪問Ⅱ~犬山城編・後編


c0081462_21163577.jpg
「巨石がお出迎え」


「犬山城」へと登城する前に周辺を歩き、「木曽川」に架かる「ライン大橋」から遠景も眺めて偵察は万全?
いよいよ「天守」へと攻め上がります。
とはいえ、見てると結構な山の上にありますからね~(^^;
以前、「福井県」「大野城」だったかな?
城へと通じる道の入り口に「登山口」なんていう看板が立ってたところもありました。
ここはそれほどきつくはなさそうですけど、油断しないで行かないと返り討ちにあうかも?
なんてね。

ちなみにここ「犬山城」は、かつては「個人所有の国宝の城」でした。
城を個人所有しているだけでもすごいのにさらにそれが「国宝」ですからね。
ですが2004年(平成16年)に所有者が「財団法人」に変更となっています。


表紙の写真は、入り口付近にある巨石です。
その大きさはなかなかのインパクトがあり、表面には「国宝 犬山城」と刻まれています。
ただこの石は石垣に使われていたものかもしれませんが、出どころはよくわかりません。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

山の上の天守へ・・・
by sampo_katze | 2016-01-31 21:00 | 東海・中部 | Comments(0)
犬山城の周囲をめぐる
犬山訪問Ⅱ~犬山城編・前編


c0081462_11261349.jpg
「犬山駅西口」


年賀状のネタ作りにと訪ねた「モンキーセンター」
1日たっぷりかけて撮ることになるかな?と考えていましたが、柵が細かい場所が多く撮影には不向きなところも。
また動きも結構速かったりしたので思ったよりも種類は撮れませんでした。
とはいえ、大のお気に入りの「ワオキツネザル」を手が届かんばかりの近さで見られたし
いい感じに使えそうな写真も撮れたので満足して「モンキーセンター」を後にしました。

さて、予定よりも早く「犬山駅」に戻ってきたのはいいんですがまだ宿に戻るには早過ぎます。
ということで、「モンキーセンター」とは反対に駅の西側にある「犬山城」を訪ねることにしました。
ここは「国宝」に指定されている5つの城のうちの1つで、これまで訪問したことがないところ。
このエリアはだいぶ前に1度か2度、来たことがあったと思うんですが・・・・・。
まぁいずれにしても今回は訪ねるのにいい機会ですし、時間的にもちょうどいいかと思って。


表紙の写真は、「犬山駅」の西口の様子です。
改札は橋上にあり、東西口は連絡通路で結ばれています。
2階の窓は「火灯窓」のようなデザインになっていますね。

さて城はここから歩いて約15分の道のり。
「モンキーセンター」へはバスがありましたがこちらにはないので、歩くかタクシーを利用することになります。
15分程度なので余裕ですけどね。
で、遅い昼ご飯を近くの食堂で取ってから城へと向かいました。
余談ですが、「味噌カツ」を食べようと思ったら時間が遅かったようで品切れ(涙)
仕方ないので「エビフライ定食」にしました(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

城攻略の前に周囲を偵察・・・
by sampo_katze | 2016-01-29 21:00 | 東海・中部 | Comments(0)
内装ギアが低温で?不調に
Intermission


c0081462_21202644.png
「画像準備中・・・・・^^;」


ここ数日、厳しい寒さが続いていますね。
近隣の「さいたま市」では、週明けの最低気温が2日連続で‐5℃になっていたそう。
ただでさえ朝がつらいのに・・・・・。

通勤時の家と駅の間は自転車を利用していますが、最近異変が。
内装3段のギアなんですが、走り始めてしばらくすると2速で固定になってしまいます。
グリップの動きはというと1と2は入りますが、3速には入らず。
まだ買って1年経ってないのに壊れてしまったのか~・・・・・・orz
と、行きは少々凹んでましたが帰りに乗ってみるとなぜか3速とも正常に使えるように。

そんなことが3日ほどあって。
これってもしかして、低温すぎて変速機構がおかしくなってしまってるのかな?と(ようやく)思うようになりました(^^;
幸い道中は坂もないですし、風もないので2速固定でも全然問題ないんですが。

さすがにこれだけの寒さになると、こんなところにも異変が起きるんですね~(汗)
by sampo_katze | 2016-01-27 21:35 | 季節ものなど
「ヒヒの城」のアヌビスサル
犬山訪問Ⅰ~犬山モンキーセンター編・最終回


c0081462_20581413.jpg
「エジプト神話の守護神の名を持つサル」


「モンキースクランブル」から少し戻って「ヒヒの城」へ。
この2つのエリアの間にはやや深い谷につくられた「モンキーバレイ」があります。
ここには寒い時期にたき火にあたって暖を取るという「ヤクニホンザル」、あるいは「ヤクシマザル」がいますが、
かなり遠かったので見学だけで終わりにしました。
望遠端280mmをもってしても大きく撮れそうもなかったので(^^;

そこから入口方面へと戻ると、左手の高台に「ヒヒの城」があります。
高台ということで階段を上がっていくのでちょっと大変ですが、せっかくなので見ていくことにしました。
このままでは撮れ高が足りそうもないですからね(苦笑)


表紙の写真は、「ヒヒの城」にいる「アヌビスヒヒ」です。
「ヒヒ」の仲間では最大だそう。
鼻筋が長く、犬のような雰囲気をした顔をしています。
体色がオリーブ色のようであることから「オリーブヒヒ」とも。

「アヌビスヒヒ
 オナガザル科
 英名:Anubis baboon
 学名:Papio anubis
 ・赤道アフリカの乾燥した地帯に広く分布する。
 ・体重はオトナのオスで50kg以上になる、ヒヒの仲間でも最大の種。
 ・数頭から50頭以上の大きな集団を作り、岩山などを住みかとする。
 ・食性は雑食だが、時には大きな肉食動物も襲って食べることがある。
 ・種名のアヌビスは、頭が犬のようで体が人の姿をした古代エジプトの神アヌビス神から名付けられた。
 別名ドグエラヒヒといい、犬のように「ワン」と鳴くことがあります。」



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

たくさんのヒヒたち・・・
by sampo_katze | 2016-01-25 21:05 | 動物園 | Comments(0)
アフリカセンターのチンパンジー親子とモンキースクランブルのテナガザル
犬山訪問Ⅰ~犬山モンキーセンター編・第3回


c0081462_20435671.jpg
「雲梯の上でくつろぐ」


「Waoランド」からさらに南へと進みます。
その先には「アフリカセンター」「夜行性サルの世界」のエリアがあります。
ここは南側エリアの一番奥にあり、入口からは結構距離があり、歩きがいがありましたね(^^;

で、最初に目に入った「チンパンジー」を撮ることに。
ここには3頭いて、1組の夫婦と一昨年産まれた子どもを見ることができます。


表紙の写真は、雲梯(うんてい)の上でくつろぐ1頭の「チンパンジー」です。
父親の「ツトム」で1985年1月18日生まれです。
その奥に親子の姿もちらっと見えますね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

かわいい子どもが見られます・・・
by sampo_katze | 2016-01-23 20:50 | 動物園 | Comments(0)
ワオキツネザルが近くてたくさん!のエリアへ
犬山訪問Ⅰ~犬山モンキーセンター編・第2回


c0081462_2253866.jpg
「長いしっぽがトレードマークです」


「犬山モンキーセンター」に入園し、さっそく園内をめぐることにします。
なにしろ飼育展示数は公式サイトによれば60種以上約900頭で世界最多(!)なんだそう。
のんびりしていたらあっという間に日が暮れてしまいそうです。

さて、園内のエリアは左右に大きく分かれています。
そこでまずは入口から右手に進んで「アフリカゾーン」へと進みます。
最初に出迎えてくれるのは「アフリカ大陸」の南東海上に浮かぶ「マダガスカル島」「ワオキツネザル」です。
これより前に訪問した「上野動物園」にもいるんですが、ちょっと奥まったところにいたため姿がよく見えず。
好きな種の1つだけに残念でしたが、ここではその分しっかり鑑賞できそうでワクワクしてきます(^^)

「種名 ワオキツネザル
 英名 Ring-tailed lemur
 学名 Lemur catta
 住んでいるところ マダガスカル南部乾燥地帯
 CITES付属書Ⅰ類 レッドデータブック 絶滅可能種」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、屋外スペースにいた「ワオキツネザル」です。
横に渡された木の上に並んでひなたぼっこをしていました。
トレードマークでもある長いしっぽをだらんとたらしていますね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

白黒しっぽのかわいいやつ・・・
by sampo_katze | 2016-01-21 23:00 | 動物園 | Comments(2)
犬山のモンキーパークとモンキーセンター
犬山訪問Ⅰ~犬山モンキーセンター編・第1回


c0081462_21262276.jpg
「犬山にある遊園地の入口」


昨年の11月の第2週から第3週にかけて、長期休暇がありました。
その初めの4日間は「フォークリフト運転技能講習」を受けましたが、その後は遠征へ。
といっても連続して出かけっぱなしではなく、平日のみ遠征で週末は一時戻るというパターンにしました。
週末より平日の方がいろいろとめぐりやすいかな?と考えたからです。
長期連泊になると荷物も多くなってしまいますし(^^;

11月11日(水)は移動日で「岐阜駅」の近くの宿へ。
本当は「名古屋」近辺に止まりたかったんですが、この週はどこも満室だったので。
1か月くらい前でしたか?に予約しようとしたんですけどね。
で、その翌日の12日(木)は「名鉄各務原線」(かかみがはらせん)に乗って「犬山駅」へと移動。
「年賀状」のネタ探しも兼ねて「犬山モンキーセンター」を訪ねました。

ここは世界でもめずらしい「サル」専門の「動物園」
アクセスは「犬山駅」からバスで5分、歩いても20分ほどで到着できます。
バスの経由地は隣接する遊園地の「犬山モンキーパーク」となっているので、ちょっと注意が必要かも。


表紙の写真は、「犬山モンキーパーク」のバス停もある駐車場の様子です。
11月の平日でしかも開園前ということもあってか、閑散としていました。
その奥にある小高い丘が「モンキーパーク」で、本命の「モンキーセンター」は道をはさんだ向こう側にあります。
時間があったこともありますが、何より山の上に見える奇妙な形をしたオブジェが気になって。
あれはなんなんだろう?


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

モンキーセンターへ・・・
by sampo_katze | 2016-01-19 21:35 | 動物園 | Comments(0)
上海の2つのタワー
1コマ写真@中国出張・その4e


c0081462_1443839.jpg
「黄浦江の向こう側に」


1月15日(金)に仕事が終わったものの、移動は翌16日。
しかもなぜか17時過ぎに出る飛行機を利用するという、ちょっと困った行程です(^^;
幸い今回は現地のサービスマンが1人ついてくれているので、時間つぶしも兼ねて「上海市内」を少し散策することに。

市内への道は渋滞し、「古城公園」の西側にある地下駐車場へと向かう車も行列していました。
週末ということもあるみたいですが。
ちなみに公共交通なら「地下鉄10号線」「豫園駅」(ユーユェンヂャン)が最寄りです。

10時過ぎに「常熟」(チャンシュー)の宿を出て、市内に着いたのは12時半過ぎ。
ちょうど昼ごはん時なので、「小龍包」発祥の店として知られる「南翔饅頭店」へ。
有名店ということもあり、外のテイクアウトともども行列が。
でも10分も待たずに入れたのはラッキー?
後で調べたら、日本にも支店が5店舗あるんだそう。

その後は歩いて「黄浦江」沿いの遊歩道へ。
階段を上がると川の向こうに超高層ビルが立ち並ぶ「陸家嘴」(ルージャーズイ)の風景が広がります。
左端が1995年に完成した「東方明珠」(東方テレビタワー)で、高さは462mあります。
また右端は2014年完成の「上海中心大厦」(上海タワー)で、高さ632mは世界第3位。
ほかの建物とともになかなか壮観な景色をつくりあげています。
でもこちら「外灘」(ワイタン)側にも19世紀末から20世紀前半に建てられた高層建築が並んでいて、
あちらに負けない風景です。
時間があればこれらの建物をじっくりとめぐってみたいところですね。


iPhone5S
by sampo_katze | 2016-01-17 21:00 | 海外
滞在最後の夜は日本料理屋で
1コマ写真@中国出張・その3


c0081462_1313156.jpg
「すごい装飾!」


この日で仕事は(ひとまず)終了で、翌16日に帰国します。
で、同行した2人とともに宿にある日本料理屋で打ち上げとしました。
現地の方にも人気のお店のようで、金曜ということもあって店内は混んでいました。
でもスタッフの数は少ないのでかなり忙しそうでしたね。
味は日本の居酒屋と遜色なし。
長期滞在しているほかの会社の方もよく利用されているとのことでした。

それにしても、入口のこの装飾はすごいな~(^^;


iPhone5S
by sampo_katze | 2016-01-15 21:00 | 海外
初めての花火撮影@常熟市
1コマ写真@中国出張・その2


c0081462_13122289.jpg
「なんとか様になってる?」


昨日1月12日の夜のこと。
仕事から帰って夕食に出かけるまでの間、部屋で過ごしていると窓の外からドンという音が。
かなり近くで、しかも連続で鳴っています。
何事かと窓の外を見てみると、なんと花火が上がっていました!
こんな機会はめったにない、というわけで「iPhone5S」を持ち出して撮影に挑戦。
ただでさえ花火を撮るなんて初めてなのに、なんて無謀なんだ!(笑)
シャッターが切れるまでのタイムラグが大きいのが最大のネックでしたが、小さい画面で見る分にはいいかな?(^^;

この翌日、同行している現地スタッフに聞いてみました。
するとあの花火は結婚式に合わせて上げられたものなんだそう。
祝い事には花火がつきもの、ということなんでしょうね。



iPhone5S
by sampo_katze | 2016-01-13 21:00 | 海外