<   2018年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
帰路の機体は特別塗装機!のはずが
1コマ写真@徳島出張の続編・その4e


c0081462_14255685.jpg
「普段着に衣替え??」


搭乗する「羽田」行きの飛行機は11:45発の「JL456便」です。
充当される機材は「B767-300」で、「Flightradar」によればレジ番号は「JA656J」
ということは派生型の「300ER」で、かつ「行こう!九州」の特別塗装機です。
「平成28年熊本地震」の復興と「九州」への応援の想いが込められているもので、2016年12月から運航されています。
乗ってしまえばほかの通常機材と変わりませんけど(たぶん)、なんとなく気分はいいものです。

そうこうするうち、折り返し「JL456便」となる「JL455便」の到着が10分ほど遅れるとのアナウンスが入ります。
飛行状況を見てみると、北上してきて空港上空で東に旋回し海に出るところを
1度西に旋回して内陸を飛んだ後に海に出ていました。
空港上空に「∞」を描くような感じですね。
「羽田」を離陸するのに時間がかかり、ほぼ同時間帯に出発する「ANA」「NH282便」との調整があったのかもしれません。

さて、「455便」が展望室の左手から進入してきます。
徐々に機体が大きくなり、ほぼ目の前で煙をあげてランディング!
機体の右側、「スターボードサイド」を見せながら通過していきます。
でもそこに見える姿は通常機と同じで、機体後部にあるはずの特別塗装がありません。
あれ?「ポートサイド」だけなのかなと思い、スポットに戻ってくるのを待ちます。

2500mの滑走路の端まで行って戻ってくるので、5分ほどかかります。
待つことしばし、「ポートサイド」を見せながらやってきた機体にはやはり何もなかった!
運航開始から約2年たつので、どうやら通常塗装に戻ってしまったようです。
まぁ「特別塗装機」は期間限定のものですから、仕方ないですね~。
ちなみに同時に始まった「JAL九州応援プロジェクト」のキャンペーンツアーは、来年6月まで継続されるようです。
今年は「福岡」経由で「宮崎」に出かけたので、来年は「熊本」にも行こうかな?


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-30 21:15 | 四国
徳島空港でご当地バーガー
1コマ写真@徳島出張の続編・その3


c0081462_14255166.jpg
「絶妙なバランスで倒れない?」


今回の出張は22日(木)に仕事は終わる予定ではあったものの、終わる時間が読めず。
おまけに翌日から3連休になるとあって、帰京するのは当日夜か?翌日朝か?で悩むところです。
かといってギリギリに飛行機を予約するとなると、満席で取れなくなるリスクも。
「マイレージ上級会員」は空席待ちでの優先がありますが、そもそもキャンセルが出なければ何の意味もありませんし。
そこで事前に23日の昼前の便を予約し、22日の夜も「美馬市」に滞在することにしました。
22日のうちに「徳島市」へと移動しておく手もありましたけどね。

で、23日(金)の8時前に「穴吹駅」を出発し「徳島空港」には10時前に到着しました。
予定していた列車より1本早く乗ってしまったので、「徳島駅」での待ち時間がかなり長くなってしまいましたが。
その後はお土産を買ったり、飛行機を眺めたりして10:30まで時間をつぶします。
その理由は、空港内にある「リッチバーガーファクトリー」の通常メニューが提供されるようになるから。
前回10月に来たときは朝2番の飛行機だったため、「モーニングメニュー」しかありません。
そのため、お目当てにしていた「ご当地バーガー」が食べられなかったんです。
でも今回は搭乗までも1時間以上あるので、余裕を持って食べることができます。

ここの「ご当地バーガー」のメニューは3種類(だったと思う・・・・・)。
今回はその中から「てりやき尾鶏バーガー」(650円)をいただきました。
名前からして地元産の「阿波尾鶏」を使用しているのかな~?
サイズはやや小ぶりですが、宿でしっかり朝ごはんを食べてからそれほど時間がたってないのでちょうどいい感じ。
てりやきにしてはややさっぱり味で、正直ご当地感は少々物足りないです(^^;

もう1つの「とくしまバーガー」には「自家製すだち塩ダレ」が使われているよう。
そちらのほうが、よりご当地感がアップしそうですね。

さらに激辛の「ハンバーギャー」もありました。
こちらは完食すると「認定書」がもらえ、さらに7枚集めると特製ステッカーももらえるんだそう。
って、どんだけ辛いんだよ!
話のタネに食べてみたい気もしますが、さすがにコワイですね~。
辛いのが平気なメンバーが同行したときに試してみるのがよさそうです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-28 21:00 | 四国
山間にある美馬市脇町で海の幸を堪能
1コマ写真@徳島出張の続編・その2


c0081462_14254686.jpg
「瀬戸内産ホウボウの姿造り!」


今回も宿は「美馬市脇町」(みまし わきまち)に取りました。
最寄り駅は「JR徳島線」「穴吹駅」(あなぶき)で、「徳島駅」からは普通列車で1時間~1時間20分ほど。
単線なので途中駅での列車交換がありますが、その有無や停車時間によって所要時間が大きく変わります。
行きに乗った「徳島駅」07:21発の列車は、2駅目でいきなり14分も停車してましたから。
しかもこの列車、「穴吹駅」でさらに38分も停車するというのんびりさ!
なんでそんなに停まるのかと思って調べてみると、その間に普通列車と特急列車それぞれ1本と交換するようです。

「徳島線」は「吉野川」沿いに東西に延びる路線で、「穴吹駅」は河口から直線で約40kmの山間にあります。
駅のある南岸側はやや閑散としていますが、北岸側は江戸時代に「阿波藍」(あわあい)の生産地として栄えたこともあってか
飲食店やスーパーなども多く、今回のような長期出張ではありがたかったですね。

2回目の訪問となった今回、宿の近くにあったお店に2回お世話になりました。
結構内陸なのに、魚介がメインのお店だったのでちょっと意外。
でもまぁ、わたしも同じような場所に住んでいるので不思議でもないんですよね(^^;
それにメニューを見ると肉や麺類に串揚げなどなど、かなり豊富でビックリでした。

1回目は定食をいただきましたが、2回目は魚料理を堪能。
「ホウボウ」があったのはうれしかったですね!
食べるのはこれで2回目ですけど。
次は肉料理も試してみたいな~!
ただ、次があるかは今のところ未定なんですけどね~・・・・・。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-26 21:15 | 四国
1ヶ月ぶりにふたたび徳島へ
1コマ写真@徳島出張の続編・その1


c0081462_20534795.jpg
「3種の地ビール」


11月18日(日)から再び「徳島県美馬市」へと出張。
先月の訪問で積み残した案件を処理するための訪問です。
18日のうちに「美馬市」まで行ければよかったんですが、所用のため最終便で移動。
その夜は「徳島駅」近くに宿泊し、翌朝に「徳島線」で移動して同行者と合流しました。
ちょうど通学時間帯でしたが、「徳島駅」発車の時点では混んでなかったのはちょっと意外でしたね。
途中から続々と乗車してきましたが。

初日の仕事を終え、夕食の帰りに近くのスーパーに立ち寄ります。
そこで目にしたのが「地ビール」
「阿波麦酒」が製造しているもので、3種類置いてありました。
ラベルにはご当地らしく「阿波踊り」の笠が乗り、たらいに乗った「タヌキ」が描かれています。
なぜ「タヌキ」なのかは謎ですが(^^;

さて、買ったはいいものの「栓抜き」がないことにあとで気が付きます。
宿のフロントで借りることもできたかもしれませんが、結局最終日の22日(木)に同じスーパーで探して購入。
無事に飲むことができました。
待ったかいがあって?おいしくいただきました(^^)
「徳島駅」地下にある「お土産・駅バル横丁」には、「醸造所」併設のブリュワリーもあるとのこと。
次回訪問する機会があれば、そちらでできたてを堪能してみたいところです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-24 21:00 | 四国
2機が重なって飛んでいる!?
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その6e


c0081462_21304533.jpg
「カメの親子みたい」


3日目の11月11日(日)。
帰りの便は予定より1本繰上げ、「那覇空港」11:20発の「JL904」便に搭乗します。
空港に着いてからの変更だったので少し時間の余裕がなくなってしまいました。
そのため「サクララウンジ」に入ったものの、「オリオンビール」を2杯飲んであわただしく退出。
ただ時間的なものなのかスペース的なものなのか、結構混んでました。
利用客数が多く、今後「第2滑走路」が供用されるようになるとさらに混みそうですね。
リニューアルしたばかりだそうですが、もう少し広い方がよかったのでは?と思います。
まぁ難しかったでしょうけど(^^;

帰りも機材は「B777-300」で、レジ番号は「JA751J」
「Fly to 2020」のスペシャルマーキング機でした。
席は真ん中の島の右通路側(H列)で、またもや機窓の風景を見ることができません。
となると楽しみは「機内誌」「機内エンターテイメント」となります。
また「機内WiFiサービス」も使えるので、「フライトレーダー」で飛行ルートや周辺を飛ぶ飛行機を追うこともできます。

到着まであと30分ほど、「愛知県」から「静岡県」にかけての沖合を飛行中のこと。
前方を飛ぶ機影が目に入りました。
なんと2機が重なるようにして飛んでいるんです!
下は「シンガポール」「成田」行き「ANA」「NH802便」、機材は「B777-300ER」で飛行高度は約35,000フィート(約10,700m)。
上は「那覇」発「成田」行き「ジェットスター」「GK300便」、機材は「A320-200」で飛行高度は39,000フィート(約11,900m)と出ました。
どちらも同じ「成田空港」に向かっていたんですね。

このあとどうなるのか気になりましたが、ずっとモニタしているわけにもいきません。
そこで帰宅後にPCでルートを確認すると、「ジェットスター」機が東方に迂回しているのがわかりました。
やはり遠距離を飛んできた「ANA」機を優先したようです。

こういう形で飛んでいることは結構あるそう。
でも実際に展開されているのを見たのはこれが初めてだったので、楽しめました。


iPhone5S画面キャプチャ



by sampo_katze | 2018-11-22 21:00 | 沖縄
沖縄名物の苦い味を意外な形で堪能
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その5


c0081462_21062843.jpg
「ゴーヤーのサラダは苦味がクセになる?」


2日目の夕食は同じく宿の近くにある「吉崎食堂」「おもろまち店」へ。
こちらも前日に予約を入れての訪問です。
これは先日の某出張での苦い経験があってのこと。
金曜の夜にもかかわらず予約をせずにお店をめぐったら、ことごとく一杯だったからなんです(^^;
せっかくここまで来たのに、お店がいっぱいで放浪するのはしんどいですからね。

こちらのお店は120席とかなりの大型店ですが、入ったときはそれほどの規模は感じられません。
「Google Map」を見ると東西に長い建物になっているので、奥行きがあるんでしょう。
靴を脱いで板の間に上がり、カウンターへと通されます。
掘りごたつのような感じになっているのはありがたいですね~。
この日は結構歩いたのでなおさらです。

飲み物はこの夜も「オリオンビール」ですが、こちらは生。
そして料理は6品いただきました。
ほとんどのメニューはハーフができるようで、おひとり様でもいろいろ食べられるのがうれしいポイント。

写真はそのうちの1つの「ゴーヤーのサラダ」です。
「ゴーヤー」は関東でもスーパーなどで普通に売られていますが、加熱して食べます。
ですが、こちらのお店ではサラダでの提供もあり。
当然「ゴーヤー」は生で、食べてみると和名?の「ニガウリ」(苦瓜)そのままにほんとに苦い!
う~ん、これ食べられるのかな~(汗)と心配になりました。
でも食べ進めていくうちに慣れてきて、苦味もあまり感じなくなりおいしくいただきました。

ほかの料理もおいしかったし、ハーフだったので意外と安上がりに。
「沖縄料理」以外のメニューも充実しているので、地元の方にも人気のような感じ。
前日の「ぱいかじ」ともども、「沖縄」に来たらぜひ再訪したいです。


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-11-20 21:00 | 沖縄
日本三大ガッカリ名所から世界遺産へ華麗なる転身
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その4


c0081462_21000395.jpg
「正殿が修復工事中でプチガッカリ(笑)」


「美ら海水族館」からの帰り。
「高速バス」を途中下車して「古島駅」から「ゆいレール」に乗り換え。
終点の「首里駅」で下り、そこから歩いて15分ほどの「首里城」を訪ねました。

「首里城」の創建年代は定かではなく、13世紀末から14世紀とされています。
1429年に「尚 巴志王」(しょう はしおう)が「琉球王国」を成立させると、「王宮」として使用することに。
これは1879年(明治12年)の「琉球処分」まで、約450年間も続きました。

「王宮」としての役目を終えた「首里城」は荒廃し、一部の建物は取り壊されました。
メインの建物である「正殿」も取り壊される予定でしたが、関係者たちの努力により保存が決定。
1925年(大正14年)に「特別保護建物」(旧国宝)に指定、昭和初期には修復工事も施されました。
しかし「太平洋戦争」での「沖縄戦」で城下も含めて灰燼に帰してしまいます。
1958年(昭和33年)に「守礼門」などが再建されたものの、ほかの建物は未着手。
そのため「日本三大ガッカリ名所」の1つに数えられていました。

それでも1980年代になると本格的な復元が始まり、1989年(平成元年)には「正殿」再建に着手。
1992年(同4年)11月には「首里城公園」として開園しました。
この時点で「ガッカリ~」の汚名は返上されたといえます。
とはいえ、個人的には実際に行ってなかったこともあってそのイメージは消えてませんでした。
なので2012年10月に初めて訪ねたときは、「ここのどこがガッカリなんだ??」と思ったものです(^^;
そして、2000年(同12年)には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として「世界遺産」に登録されています。

ただ、訪問したときは曇り空。
しかも「正殿」の正面が漆の塗り替え工事が行われていて、シートが掛けられていました。
と言っても無機質なシートではなく、「正殿」をプリントしたものだったので最初は気づかなかったんですが。
まさかここでプチガッカリすることになるとは!
でも内部は見学可能になっていて、こちらは楽しめましたよ(^^)


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-11-18 21:00 | 沖縄
美ら海水族館へやんばる急行バスで行く
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その3


c0081462_20570131.jpg
「バスの番号は888!」


翌10日(土)。
今回の遠征は2泊3日ですが、前後が移動日扱いなので動けるのは実質この日1日だけ(^^;
まぁ前回の今年5月に来たときも同じだったんですけどね。
で、遠征の最大の目的地である「美ら海水族館」へと向かいます。
「那覇空港」から「高速バス」を使って2時間20分とかなりの距離がありますが、「水族館」好きとしては外せません。

「おもろまち」からですと、最寄りのバス停は「おもろまち一丁目」
ですが混雑するかもしれないと思い、「ゆいレール」「那覇空港駅」に移動し始発に乗車します。
もっとも「那覇空港」を06:40に出発する第1便ですし、時期的なものもあってか
その後のバス停でも半分くらいしか席は埋まりませんでしたが(^^;

やってきたのは「今帰仁城跡」(なきじんぐすくあと)のラッピングが施された車体。
「やんばる急行バス」が運行しています。
車体正面には「888」のゾロ目番号が書かれていて、なんだか縁起がいいな~。
なんて思っていたら、帰りに乗った別のバスにも書かれていました。
それってどういうこと??
後で調べると、この番号は「やんばる急行バス」に割り当てられた「系統番号」でした。
「車体番号」ではなかったんですね~。

ちなみに帰りは「那覇空港」でも「おもろまち一丁目」でもなく、「古島駅前バス停」(ふるじま)で下車しました。
ここはその名の通り、「ゆいレール」の「古島駅」のすぐそばにあります。
市内の交通事情によっては「那覇空港」への到着が遅れるため、ここで乗り換えた方が早いこともあるよう。
アナウンスでもその旨が流れていました。
わたしは逆方向の「首里駅」に向かうためにここで乗り換えたんですが。
そう、次の目的地は「首里城」です。


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-11-16 21:15 | 沖縄
沖縄に来たら1杯目はこれ
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その2


c0081462_20483061.jpg
「中ビンもまたよし」


「那覇空港」に到着したのは定刻より4分遅れの17:44。
前回の今年5月に来たときは「那覇空港」到着が19:00近くの便だったので、今回は1本早い便にしました。
そこからモノレールの「ゆいレール」に乗って、宿のある「おもろまち駅」へと移動します。
所要時間は20分とやや離れていますが、このあたりは「那覇新都心」と呼ばれるエリア。
大型のショッピングセンターがいくつかあり、飲食店も多くあります。

宿にチェックインし、荷物を置いて身軽になったら近くの店で夕食。
訪ねたのは「沖縄の台所 ぱいかじ」「沖縄本店」です。
「ぱいかじ」とは「八重山地方」の言葉で、「南風」のこと。
県内に7軒のほか「新宿」「新橋」「さいたま市」「長野市」にも店舗があるようです。
「沖縄の台所」とうたうだけに「沖縄料理」が豊富で、「三線」(さんしん)を弾き語るスタッフもいます。
各テーブルを回って演奏してくれるんですよ。

そして、飲むのはやっぱり「オリオンビール」ですよね~。
「ジョッキ」ではなく「中ビン」なのですが、これはこれでラベルが撮れるのでうれしいところ。
また「泡盛」も多く取り揃えているんですが、翌日は朝早いので自粛(^^;
でも「オリオンビール」とおいしい「沖縄料理」に舌つづみ。
この日は移動だけですが、大満足の旅のスタートとなりました。


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-11-14 21:00 | 沖縄
マイル修行解脱後の初フライトは沖縄へ
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その1


c0081462_21343741.jpg
「機内モニタが分厚い!」


11月9日(金)から11日(日)まで、2泊で「沖縄」に行ってきました。
今年の連休にも2泊で出かけたんですが、現地で体調を崩してしまうというあってはならない展開に。
ですので、今回はそのリベンジということで。

予約は9月早々にしていて、その時点では「マイル修行」がどうなっているかは読めず。
もしかしたらこの遠征で目標達成か?と思っていたんですが、その1つ前で到達。
今回は解脱後の初フライトとなりました。

搭乗機材は「B777-300」で、レジ番号は「JA8944」
1999年4月に登録された古参機です。
機内は「JAL SKY NEXT」仕様に換装されているので、他の機材と雰囲気は変わらず。
ただ、シートに座って見上げた「モニタ」はちょっと違和感というか?を感じましたね~。
まさか「CRT」が使われているとは思わなかった・・・・・(^^;

ただ修行中の搭乗機を振り返ると、19xx年代に登録された機材に搭乗したのは7機ありました。
ということはどれか、あるいは全部同じ内装だった可能性はあったんですね。



iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-12 21:15 | 沖縄