人気ブログランキング |
<   2019年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
首里城に入城
沖縄遠征2018秋編・第9回



c0081462_21250642.jpg
「急な階段の奥に」


「首里城」の最初の正門「歓会門」(かんかいもん)をくぐり、いよいよ城郭内へと入ります。
「ゆいレール」「首里駅」から歩いて来たんですが、ここまでゆるゆると上り坂が続きます。
それもそのはず、「首里城」あたりの標高は120~130mほどあるんだそう。
そのため、めぐるには結構体力がいります。
この日は11月半ばだったんですが、結構暑かったですし(^^;
でもせっかくここまで来たんですから、がんばって最後まで見ていきます。


表紙の写真は、「瑞泉門」(ずいせんもん)とそこに至る階段の様子です。
「瑞泉」の名は、門の近くにある泉が由来。
門の構造は、両側にある石垣の上に櫓が乗る形になっています。
「歓会門」が石のアーチの上に乗っていて、形が異なっているんですね。
門への道は急な階段になっていて、ここが城内でもっともキツイ場所になっています。
ちなみにスロープのあるバリアフリールートもあるので、一部の門は通りませんが
脚に自信のない方はそちらを通るといいかもしれません。

「龍樋・冊封七碑と瑞泉門(りゅうひ・さっぽうもん と ずいせんもん)
  石段途中の右手に泉があります。龍の口から水が湧き出ていることから、龍樋(りゅうひ)という名があります。
 龍の石彫刻は、王宮の飲み水として使われました。また、中国からの使者「冊封師」(さっぽうし)が
 琉球を訪れたとき、那覇港近くにあった宿舎「天使館」(てんしかん)まで毎日この水が運ばれたといいます。
  この周辺の石碑は、龍樋の水の清らかさを称賛した冊封使たちの書を刻んだもので、
 冊封七碑(さっぽうしちひ)を呼ばれています。沖縄戦でほとんどが破壊されましたが、拓本をもとに
 1996(平成8)年に復元されました。
  石段上の門は瑞泉門(ずいせんもん)で、その名は龍樋の水が瑞泉(りっぱな、めでたい泉の意味)と
 讃えられたことに由来します。別名「ひかわ御門(うじょう)」ともいいます。「ひ」は樋(とい)のことで、
 「かわ(川)」は沖縄では井戸や泉のことをさします。さきほどの歓会門(かんかいもん)とちがい、
 双璧の石門の上に櫓(やぐら)がのっています。この形式は日本本土の主な城の門と共通しています。
  創建は1470年頃。沖縄戦で焼失し、1992(平成4)年に復元されました。」
※説明板より引用、以下同じ


※「首里城」で火災が発生しましたが、
 以前の様子を少しでも記録に残せればと思いアップします。
 なお、取材日は2018年11月10日です。




階段を上った先に・・・
by sampo_katze | 2019-10-31 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海から世界遺産・首里城へ
沖縄遠征2018秋編・第8回



c0081462_21175092.jpg
「やや武骨な外観がカッコイイ!」


「美ら海水族館」を訪問したのは今回で3回目となります。
最初にここを訪ねたときは、わたしにとって初めての「沖縄」訪問でもありました。
そのため、ここは外せないけれどここだけというわけにはいかない!ということで、サラッと見て終わりに。
2回目はじっくりと見て回るつもりだったものの、夕方到着の翌朝になって体調不良に。
ちょっと無理をして足を運んではみましたが、とても見て回れる状況になく途中で断念。
今回は3度目の正直ということで?ようやく満足することができました。
いや~、長かった!

とはいえ、まだ時刻は12時半ばを過ぎたところ。
まだまだ時間は早いです。
もう1度見て回るのもいいんですが、昼ごはんのためにすでに1度出ています。
そうなると3回目の入場となり、さすがにマンネリかな?と。
そこで「那覇」の市内へと戻り、「首里城」を見に行くことにしました。
「首里城」も初回訪問時に行ってはいますが、やはりもう1度行ってみたいところだったので。
また、次の訪問場所のリサーチ不足だったこともありますが(^^;


表紙の写真は、「美ら海」の建物を海側から眺めたところです。
左側に見える三角形の屋根は、入口にあり「美ら海」の象徴の1つの「海人ゲート」
入場するときにここを通ると、その向こうに見える海や「伊江島」(いえじま)に目が向きます。
そして帰るとき、改めて見てみると結構な高低差があることにビックリ!
そういえば、館内をめぐるルートは常に下へ下へと向かっていましたね。





那覇市内行きのバス停を目指して・・・
by sampo_katze | 2019-10-29 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・黒潮への旅~サメ博士の部屋
沖縄遠征2018秋編・第7回



c0081462_21143182.jpg
「ちょっとコワイ入口だけど・・・・・」


「黒潮への旅」ゾーンの最大の見どころは、「ジンベエザメ」「ナンヨウマンタ」がいる大水槽。
国内最大級の水槽の大きさだけでなく、その中を悠然と泳ぐ巨大な魚たちの姿に圧倒されます。
このゾーンに入ると大水槽の方に目が向いて、引き寄せられるようにそちらへと進んでしまいます。

そこでスロープを下りずに奥へと進むと、「サメ博士の部屋」があります。
その名の通り、「サメ」に特化した展示がされているんですよ。
「サメ」というと、某映画の影響もあって「人食いザメ」のイメージがついていますね。
ですがそのような種類は数えられるほどしかなく、ほとんどはおとなしい性質をしています。
また、繁殖方法もほかの魚とはちがった一面があります。
魚の中ではちょっと変わった生態を持つ「サメ」たちの世界。
コワモテに臆することなく、その世界に飛び込んでみましょう。


表紙の写真は、「サメ博士の部屋」の入口上にある看板です。
「サメ」の側面をかたどった木のオブジェと、あごの骨格が飾られています。
あごのサイズはそれほど大きくありませんが、鋭い歯がたくさん並んでいて迫力がありますね。





サメの興味深い生態を知る・・・
by sampo_katze | 2019-10-27 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・黒潮への旅~黒潮の海の大水槽
沖縄遠征2018秋編・第6回



c0081462_21114211.jpg
「沖縄の海がまるごとやってきた!」


いよいよ「美ら海水族館」の最大の見どころ、「黒潮への旅」ゾーンへと入ります。
ここには館内最大、国内でも最大級となる大水槽「黒潮の海」がありますからね。
いずれも駆け足で巡ることになった過去2回の訪問でも、ここだけは外しませんでした。
この水槽を見ずして「美ら海」を語るなかれ、なんてことは言いませんが(^^;
でも、この大迫力のパノラマ水槽は一見の価値がありますよ。

ほかにも「サメ」に特化したコーナーや、ここの主役である「ジンベエザメ」「マンタ」について
詳しく説明するコーナーがあります。
このゾーンをより深く知るのであれば、こちらも見逃せません。

「黒潮への旅
 ここからは「黒潮への旅」ゾーンに入ります。
 ここは大水槽「黒潮の海」があり、沖縄の外洋に住む魚を観察することができます。
 「サメ博士の部屋」では古代のサメから色々な種類のサメまで、
 「ジンベエ・マンタコーナー」ではジンベエザメとマンタについて詳しく知ることができます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、大水槽「黒潮の海」の様子です。
ガラスのすぐ向こうを、2匹の「ジンベエザメ」が悠然と泳ぎまわります。
そのたびに歓声が上がり、人々が思い思いにカメラやスマホを向けています。
水槽の前は広場になっていて、少し離れたところからも見ることができますよ。
さらにそこまではゆるやかなスロープが続いているので、人垣ができていても安心。
この写真も、スロープの中段付近から撮っています。





大水槽の大きな魚たちに圧倒される・・・
by sampo_katze | 2019-10-25 21:30 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・サンゴ礁への旅~サンゴ礁の小型生物
沖縄遠征2018秋編・第5回



c0081462_21085519.jpg
「シルエットではありません」


「サンゴ礁への旅」ゾーンの最後は、「サンゴ礁の小型生物」です。
この前段は、淡水域の川から河口付近の「マングローブ」にかけての生きものたちでした。
今回はいよいよ海へと入り、浅い海に広がる「サンゴ礁」へと進みます。
「サンゴ礁」にはさまざまな生きものたちが集まってくるところ。
その中から、ちょっと個性的な生きものたちを見ていきます。


表紙の写真は、「ツバメウオ」の仲間である「アカククリ」の幼魚です。
黒っぽい体色で、胸びれをのぞく各ひれがオレンジ色に縁どられます。
これは説明にあるように、毒を持つ「ヒラムシ」という小動物に擬態しているとのこと。
「ヒラムシ」の中には、「フグ」と同じ「テトロドトキシン」を持つものがいるんだそうですね。
それを利用して捕食者から身を守っていると考えられています。

若魚になるとオレンジの縁取りはなくなり、代わりに体の中央付近に白いラインが現れます。
この子もうっすらとその傾向が見られますね。
さらに成魚になると体形は丸みを帯び、「スペード」を横向きにしたようなシルエットに変わります。
でも上下に長~く伸びるひれの部分を隠してみると、体形自体は丸みを帯びた三角形をしているのがわかります。
ということは、背びれと腹びれ、尻びれが成長とともに短くなっていく感じなのかな?

「赤い縁取り  アカククリ
 学名 Platax pinnatus  英名 Dusky batfish
 幼魚は黒い体色で、体の周縁が橙色で縁どられており、
 これは毒のあるヒラムシの仲間に擬態していると考えられています。
 成長につれて体色や体型は大きく変化していきます。」







個性的な面々・・・
by sampo_katze | 2019-10-23 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・サンゴ礁への旅~水辺の生き物たち
沖縄遠征2018秋編・第4回



c0081462_21062263.jpg
「ハゼの仲間だけど」


「熱帯魚の海」の水槽を横に見ながら、スロープを下りて2階へと進みます。
2階に入っても、最初のゾーンである「サンゴ礁への旅」が続きます。

「サンゴ礁」は、当然海にあります。
そこへと至る水は、川からも流れこんでいきますね。
でも「沖縄」の川って・・・・・あまり大きな川があるようなイメージがありません。

調べてみると、もっとも長いのが「西表島」(いりおもてじま)の「浦内川」(うらうちがわ)。
その長さはたったの18.8kmしかありません。
それでいて源流は標高312mの場所にあり、かつ満潮時は河口から約8kmまで海水がさかのぼるんだそう。
ということは、源流から約10kmで一気に流れ下るんですね。
これは極端な例でしょうが、基本的に長さは短く勾配がきつい川がほとんどのようです。
また、河口付近には「マングローブ」が広がるのも特徴の1つになっています。
今回は、淡水域や「マングローブ」で見られる生きものたちを見ていきます。

「水辺の生き物たち
 大小さまざまな島々からなる沖縄には300あまりの川があります。
 そのほとんどが長さ5~10kmほどの小さな川ですが、勾配がけわしく、滝が多く見られるのが特徴です。
 また、沖縄の川の河口域は広く、そこには亜熱帯特有のマングローブ林が密生します。
 このように本土では見られない特徴を持つ沖縄の川には、沖縄特有の淡水生物が生息しています。
 河口域には海の魚たちやシオマネキの仲間など、下流域にはメダカやギンブナなど、
 上流域にはボウズハゼやオオウナギ、テナガエビ類・カニ類などです。
 しかし、今では外国から持ち込まれた魚、ティラピアやオオクチバスなどが
 昔から沖縄にいた水辺の生物の生存を脅かしています。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は魚類最小級の卵から生まれる「タナゴモドキ」です。
淡水魚の「コイ科」の仲間に「タナゴ」がいますが、実は無関係。
こちらは「スズキ目ハゼ亜目カワアナゴ科」に属します。
細長い体形ですが成長とともに体高が高くなり、「タナゴ」のようなシルエットになるそう。
ということは、この子たちはまだ幼魚~若魚なのかな?
卵のサイズは説明にあるように、たったの直径0.3mm!
それでもここ、「美ら海」では繁殖に成功したとのこと。
この子たちもきっと「美ら海」生まれなんでしょうね。

「タナゴモドキ  学名 Hypseleotris cyprinoides  英名 Tropical carp-gudgeon
 環境省レッドリスト 絶滅危惧ⅠB類
 タナゴモドキは、環境省レッドリストに絶滅危惧ⅠB類
 (近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)として指定されています。
 当館では、繁殖を試みる種の一つとして、他の水族館と協力して繁殖に取り組んでいます。」


「魚類最小級
 タナゴモドキの卵のサイズは魚類の中では最少級の大きさ(0.3mm)で、
 生まれた仔魚も小さく、食べられる餌も限られます。
 当館では、いくつもの餌を試みた末、繁殖に成功しました。」






沖縄の淡水域での生きものたち・・・
by sampo_katze | 2019-10-21 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・サンゴ礁の旅のゾーン~熱帯魚の海
沖縄遠征2018秋編・第3回



c0081462_21023647.jpg
「ダイビング気分で」


3階にある「サンゴ礁への旅」ゾーンの続きです。
今回はこのゾーンの2つ目の水槽、「熱帯魚の海」を見ていきます。
「熱帯魚の海」の水槽はこのゾーンではもっとも大きく(といっても2つですが)、
正面~左側~2階へとつながる裏側の3面から見ることができます。
そして魚たちはそれぞれお気に入りの場所があるようで、各面からはちがう魚たちが見られますよ。


表紙の写真は、このゾーンでは最大級の体躯を持つ「メガネモチノウオ」です。
「ベラ科」の仲間で、体長2m前後にもなります。
目のところを通る黒いラインが特徴の1つで、これがメガネのように見えるのが名前の由来。
青緑色の体色が鮮やかですが、これは成長したオスに見られるものです。
さらに歳を重ねると、おでこの部分が膨らんで大きなコブ状になります。
その様子が「ナポレオン」のかぶる軍帽に見えることから、「ナポレオンフィッシュ」との呼び名も。
この子は目のラインがはっきりしていますし、おでこの膨らみもまだ小さいですね。
おそらく若いオスの個体かと。




サンゴ礁の色とりどりの魚たち・・・
by sampo_katze | 2019-10-19 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
日本最南端の水族館・美ら海水族館へ
沖縄遠征2018秋編・第2回



c0081462_20594222.jpg
「ジンベエザメがお出迎え」


早朝の「那覇空港」06:40発の「やんばる急行バス」第1便に乗って2時間10分(!)。
「美ら海水族館」最寄りの「記念公園前」に到着します。
到着したのは08:54と早いですが、開館時間が08:30と「水族館」としては早めですから。
そう考えると南部の「那覇」より、北部の「名護」「本部」(もとぶ)の泊まったほうがよかったかも?
もっとも行きの飛行機が午後発だったので、宿に入る時間が遅くなるから同じですね(^^;

そんなことはともかく、「美ら海水族館」の訪問は実はこれで3回目です。
でも1回目は初めての「沖縄」訪問だったこともあり、ざっと見ただけで終了。
2回目は体調不良を押して無理に来たため、ろくに見ることができず昼前に撤収して病院行き(汗)
そして今回は3度目の正直ですので、じっくり見ていきたいと思います。
今回は体調もバッチリですからね!

さて「記念公園前」バス停を下りたら少し戻り、海の方に伸びる階段を下りていきましょう。
右手に「総合案内所(ハイサイプラザ)」が見えたら、その裏手の道を右へ。
あとは道なりに進めば、本館に行くことができます。


表紙の写真は、「美ら海水族館」南側にある広場です。
中央には大きな「ジンベエザメ」のモニュメントがあり、お客さんを出迎えてくれます。
ここは左手の文字看板とともに、記念撮影スポットになっています。
前回の5月に来たときは連休中ということもあり、かなり多くのお客さんがいましたね。
この日は11月第2週ということと、早朝(といっても9時ですが)だからか少なめでした。

※2020年4月、「DMMかりゆし水族館」がオープンする予定になっています。
 場所は「那覇空港」の南にあたる「豊見城市豊崎」
 これがオープンすると、最南端の水族館はこちらに代わります。





水族館好きは1度は訪れたい場所・・・
by sampo_katze | 2019-10-17 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
2018年秋、2度目の沖縄へ(春のリベンジ)
沖縄遠征2018秋編・第1回



c0081462_20574741.jpg
「JALの飛行機では最大」


昨年2018年の11月9日(金)から11日(日)まで、2泊で「沖縄」に行ってきました。
この年の4月30日(月)から5月2日(水)までに出かけていたので、2回目です。
なぜたった半年で再訪となったかというと、5月に出かけたとき現地で体調不良になってしまったため。
今回はそのリベンジで行くことにしました。
この前の月に「マイル修行」を終え、ついに「サファイア会員」になっていたのもありましたし。
現地の天気もよさそうなので、楽しみです。


表紙の写真は、搭乗待合室から見た搭乗機です。
「JAL」機の中でもっとも搭乗人数が多い「ボーイング777-300」で、500人も乗ることができます。
内訳は「クラスJ」が12列78人、「普通席」が46列422人の2クラス。
「国内線」向けに使用されていて、この時点で4機のみという少数派です。
ほかに航続距離を伸ばしたタイプ「B777-300ER」もありますが、こちらは「国際線」に充当。
13機が飛んでいます。

なお、9月1日より新機種の「エアバスA350-900」が「国内線」に導入されました。
今後は順次「B777」を置き換えていくとのこと。
6年ほどかけて更新するとのことなので、当分の間は見られそうです。





秋の沖縄へ・・・
by sampo_katze | 2019-10-15 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
奥尻空港の送迎デッキから
1コマ写真@奥尻島遠征編・その10e


c0081462_20515650.jpg
「上を向いた尾翼がチャームポイント」


「奥尻島」からの帰路は、「奥尻空港」から「函館空港」へと飛びます。
搭乗するのは「JL2890便」で12:30に出発、到着は13:00の予定。
この便は、「函館」を11:25に出発する「JL2891便」の折り返しになります。
もし泊まらずにそのまま折り返すとなると、たった30分ほどしかありません。
「利尻島」のときもそうでしたが、やっぱり1泊はしておきたいですね。

使用機材はプロペラ機の「SAAB340B-WT」
運航する「北海道エアシステム」(HAC)に3機が所属しています。
この日は2号機の「JA02HC」が充当されました。

到着予定時刻の11:55が近づいたので、2階にある「送迎デッキ」に上がります。
小さな空港なので「送迎デッキ」も広くはありませんが、これでも十分。
上半分は左手の一部を除いてアクリル板がついていますが、下半分はやや幅広の柵。
そのためしゃがめば柵の間から撮影できそうです。

待つことしばし。
前日とはちがい、島の南を回り込むことなく西向きの「RWY31」に着陸。
定刻より少し早い11:51に到着しました。

海を背景にして、着陸するシーン。
手持ちの120mmでも十分その横顔を撮ることができたのですが、設定に失敗して見事にブレブレ!(笑)
無理を承知で、機体を追いかけて流し撮りをしておけばよかったのかも?
それでもまったく撮らないわけにはいきませんので、スポットに入ってくるところを撮影。
向きを変えるところで、ちょうど正面に見えるところも押さえることができました。
こうして改めて見ると、とても細い機体なんですね。
それでいて主翼はかなり長く、水平尾翼はやや上向きになっていてカッコいい!

でも、後継機の「ATR42-600」への交代~退役が決まっています。
初号機の就航は2020年4月予定ですが、「340」の保有機数が3機なので交代は早いでしょうね。
国内では同じ「JAL」グループの「日本エアコミューター」が保有していましたが、
11月30日のチャーターフライトを持って退役します。
旅客機として定期運航で飛ぶのは「HAC」の3機のみなので、あと1回は飛びたいところです。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2019-10-13 21:00 | 北海道