石川県立航空プラザの屋外展示機
小松出張のオフタイム編・第2回


c0081462_10254471.jpg
「日本海側唯一の航空博物館」


「小松空港」に到着したのは定刻より少し早い10:22。
ここから宿のある「小松駅」までは「小松バス」が運行する路線バスで12分と、とても近いところにあります。
バスの運転間隔は飛行機の到着にかかわらず20~30分。
19時より遅い便のみ、飛行機の到着に合わせてダイヤが変更される運用になっています。
時間を気にせずにいられるのはうれしいですね。
ほかに「金沢」「福井」方面に「リムジンバス」が、「加賀温泉」方面には周遊バスがそれぞれ運航されていますよ。

さて、この時間から宿に行ってもチェックインはできません。
そこでまずは空港から歩いて3分のところにある「石川県立航空プラザ」へと向かいます。
ここは1995年11月に開設された「航空博物館」で、「日本海」側にあるものとしては唯一のものだそう。
屋内外に18機もの実機が展示され、「飛行機」の構造や歴史について模型で説明する展示が充実しています。
これらに加えて大型遊具施設なども完備しながら、入場料がなんと無料なんです。

そして有料ではあるものの、「セスナ」や大型旅客機、ジェット戦闘機の「フライトシミュレータ」もあります。
さらに「ANA」で実際に使用されていた「YS-11」のシミュレータまで置いてあるというのですからすごい!
館内や周辺に飲食施設はありませんが、空港も駅も近くなので問題ないでしょう。


表紙の写真は、「航空プラザ」の入口付近の様子です。
建物は2階建てで南北に約110m、東西に約50mとかなりの大きさ。
入口にあるロータリーからは1日4本、「EVバス」による「小松駅」行きが運転されています。
「飛行機」に関する見学のあとに「EV」体験するのも面白そうですね。





屋外展示は2種の実機・・・
# by sampo_katze | 2019-02-17 21:00 | 北陸 | Comments(0)
石川県小松市を初訪問
小松出張のオフタイム編・第1回


c0081462_21320847.jpg
「雪化粧の北アルプスを越えて」


「沖縄」への遠征から4日後の5月6日(日)。
翌日からの出張の前移動で「石川県小松市」へと飛びました。
「北陸新幹線」で行くか?それとも「飛行機」で行くか?
普通なら迷うところですが、昨年は「マイル修行」に入っていたので「飛行機」一択。
もし「金沢市」だったら「新幹線」でしたけどね。

当初は連休明け1週間後の週末、「マイル修行」「九州」方面に行く計画を立てていました。
予約も入れてあったんですが、「小松市」での出張作業のサポートをすることになったので取り消しに。
ただ、ギリギリでキャンセル料が発生する前だったので助かりました。

そして5月6日(日)は連休最終日で混みそうだったので、出張が決まってすぐ予約を入れています。
幸い「羽田」09:30発の第2便だったためか席には余裕があり、窓側をおさえることができました。
定刻より少し早く出発し、上昇していきます。
しばらくすると「富士山がきれいに見えます」とのアナウンスが。
ですが見えるのは左側(A列側)の席で、わたしの座る右側(K列側)は残念ながら逆。
まぁ距離があるからあまり大きく見えないよね~、と言い聞かせました(^^;


表紙の写真は、「北アルプス」付近を上空から見た様子です。
離陸から約20分後のこと。
きれいに雪化粧した山々が間近に見えて、とてもきれいでしたね。
最初は午後の便を予約していただけに、変更しておいてよかった~と思いました。
せっかくの日曜日なので、「小松空港」周辺や市内を少しめぐってみたかったですし。





小松空港をめぐる・・・
# by sampo_katze | 2019-02-15 21:00 | 北陸 | Comments(0)
新千歳空港の展望デッキは冬季閉鎖!
1コマ写真@札幌遠征編・その6e


c0081462_21303670.jpg
「ちょっとガッカリ・・・・・だけど?」


帰路は「新千歳空港」15:00発の「JL514」を利用します。
ここで昼ごはんを食べたり「サクララウンジ」に行ってみたかったので、昼過ぎには空港に到着してしまいます。
そしてごはんの前に、空港でのお楽しみの「展望デッキ」にも足を運びます。
ところが、3階の「展望デッキ」入口への通路には無常の看板が~!
あとで調べてみると、12月から3月までの冬期間は閉鎖になるんだそう。
この日は風もなく天気もよかったので大丈夫だろう、と思ってただけにちょっとガッカリしました(^^;

ただ、この3階にある「フードーコート」エリアは「展望デッキ」のように外が見られるようになっていました。
それもそのはず、「展望デッキ」の真下にあるんですから。
窓も大きくてなかなか見やすかったですね。

もっとも「iPhone5S」は望遠が弱いので、目の前のスポットに止まる機材以外は撮るのが難しい。
「D700」も持ってくればよかったな~と、相当後悔しました。
このあと、「ANA」「C3-PO」「スターアライアンス」(しかも2機!)の特別塗装機が見られただけに・・・・・(苦笑)。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-13 21:00 | 北海道
札幌散策の締めくくりは赤レンガへ
1コマ写真@札幌遠征編・その5


c0081462_21303053.jpg
「雪景色に映える赤煉瓦」


「札幌市時計台」の次は「北海道庁旧本庁舎」へと立ち寄ります。
「雪まつり」の準備が進む「大通公園」から「札幌駅」へと向かう道すがらにありますからね。

「旧本庁舎」が建てられたのは1888年(明治21年)のこと。
赤レンガで造られていることから「道庁赤レンガ庁舎」、あるいは単に「赤レンガ」と呼ばれることもあるそう。
館内は無料で公開されていて、「北海道」の歴史などの展示がされています。
ただ、この日は正面玄関付近で工事が行われていました。
おそらく修復に関するものと思われますが、向かって右側の入口から中に入れましたよ。

日差しがあって青空ものぞき、さらに雪も積もっていてとてもいい雰囲気。
短い時間でしたが、「札幌」の市街散策を堪能できました。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-11 21:00 | 北海道
日本三大ガッカリ名所、でも北海道のアイコン
1コマ写真@札幌遠征編・その4


c0081462_12470665.jpg
「意外と大きな建物です」


「さっぽろテレビ塔」を後にして、次は「札幌市時計台」へと向かいます。
お約束のコースですが、やっぱり外せないポイントですからね。

「札幌時計台」や単に「時計台」などとも呼ばれますが、正式な名前は「旧札幌農学校演武場」
現在の「北海道大学」の前身にあたる「札幌農学校」の施設の1つで、1878年(明治11年)10月に建てられました。
このときはシンボルの「時計」はなく、1881年(同14年)8月に設置されたんだそう。

この日は南側からアクセスしたんですが、おかげで初めて建物の側面から見ることができました。
南側のブロックは「札幌市役所」があり、写真手前は駐車場になっているようです。
しかも一段低くなっているため、きれいに側面が見える&撮れるんですね。
また、西側の2階には「時計台」を正面から見ることができる「時計台テラス」もありました。
今回は意外な見学ポイントを見ることができてラッキーでしたね。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-09 21:00 | 北海道
さっぽろテレビ塔にある”コワ~い”ポイント
1コマ写真@札幌遠征編・その3


c0081462_12465985.jpg
「床にあるよりコワいかも」


「さっぽろ雪まつり」に向けて準備中の「大通会場」を一通り見てきました。
大きな「雪像」は製作中のものがほとんどだったので、歩道からチラ見といった感じ。
でも雰囲気は味わうことができたのでよかったです。
天候がよかったこともあり、思ったよりも寒くなかったのもあるかもしれません。
期間中、今年は2月11日(月・祝)までは夜間にライトアップもされるそう。
その様子も見てみたいところですけどね。

そのあとは、「大通公園」の東端にそびえる「さっぽろテレビ塔」へと向かいます。
「東京タワー」や2代目「通天閣」などを手掛けた「内藤多仲」(ないとう たちゅう)による設計で、高さは147.2m。
高さ90mのところに「展望台」があり、3階からエレベーターで上がります。
この日は晴れ間も見えていて、雪に覆われた「札幌」の街並みを楽しむことができました。

その中で目を引いたスポットがこれ。
斜めになった壁一面がガラス張りになったここは、その名も「怖窓」(こわそう~汗)。
2013年3月から6月にかけて塔全体の塗装を行ったのですが、これに合わせて造られたものだそう。
「ガラスにもたれかかっても大丈夫!!」とありますが、さすがにこれはコワいですね~!
わたしは「高所恐怖症」の気があるんですが、「東京タワー」などにある床に開いた窓は平気。
でもここのは足元までガラスがあるせいか、もたれかかれませんでした(^^;


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-07 21:00 | 北海道
さっぽろ雪まつりは準備中でした
1コマ写真@札幌遠征編・その2


c0081462_12465368.jpg
「氷像もあります(こちらは完成済み)」


2日目の2月2日(土)は、まず「大通公園」を散策します。

前日の移動の機中、ほかのお客さんが「雪まつり」の話をしていました。
「え、そうなの?」
そんなこと全然考えていなかったので、宿でさっそく調べてみます。
すると、週明けの2月4日(月)から11日(月・祝)まで開催されることが判明。
であれば、開催直前の様子を見ることができるかな?と思ったので。

実際行ってみてわかったのは、「大通会場」横の歩道が反時計回りの一方通行になるということ。
この処理は期間中のみなんですが、かなり狭かったですからね。
また思ったよりも道が滑らないというのは意外でした。
アイスバーンのようなところがなかったからかもしれません。
雪質がちがうからなのかな?

さて、会場のほとんどの「雪像」はまだ製作作業が進められていました。
この週末で仕上げ、月曜からの開催に合わせるといった感じ。
そんな中、「5丁目西」エリアのこちらは完成していました。
唯一の「氷像」で、テーマは「台湾-玉山と高雄駅」
高さ10m、幅18mもあり、氷だけで造られた像としては歴代最大規模だそう。
天気予報ではこの日は曇りでしたが、ご覧のように青空が見えていて美しい姿を見せてくれました。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-05 21:30 | 北海道
冬の北海道を初訪問
1コマ写真@札幌遠征編・その1


c0081462_10005067.jpg
「午前9時の気温は‐6℃」


2月1日(金)の午後から1泊2日で「札幌」に行ってきました。

1月の半ばに「JAL」のHPを見ていたら、「ダイナミックパッケージ」のタイムセールを実施中。
そこでたわむれに「北海道」方面はどうかな?と見た(見てしまった)のがきっかけ。
あれ、これは思ったよりも安い?これは行きますか~。
と、そんな軽い気持ちで(^^;
でも、真冬の「北海道」は初めてだったんですよね。

さて、2日目の朝。
「大通り」に出てみると、ビルの側面に「気温計」が表示されているのが見えました。
その数値は‐6℃!
ですが、この日は風もなく「ダウン」と厚手の「フリース」の重ね着で大丈夫でした。
あと、手と耳の防寒は必須でしたね。

この「気温計」があるビルは「明治安田生命ビル」
前身となる建物が1971年(昭和46年)に竣工したとき、「気温計」と「時計」がつけられていたそう。
2015年1月に竣工した現在の建物にも、「気温計」が引き継がれました。
最低は‐12℃、最高は35℃まで表示されます。
よく見ると5℃刻みに白点が打たれているんですが、それに気づかず数えてしまいました(笑)
 

iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-03 21:00 | 北海道
出国・帰国手続きが簡単に!しかも手続き不要だった
Intermisson


c0081462_14404345.jpg
「事前登録は必要なし!」


昨年の「台湾出張」のときのこと。
行きは08:35発の飛行機だったので、「羽田空港」からほど近いところで前泊。
さらに早起きして6時過ぎという早朝に「羽田空港国際線ターミナル」に入りました。
そのおかげでか、「出国手続き」はガラガラで待ち時間なし。
いつもこんなだったらな~、と思わずにいられませんでした。

そして帰国。
同じ飛行機だけでなく同時間帯に到着する方々もいて混雑します。
こんなとき、「自動化ゲート」が通れるように登録しておけばよかったな~って思うんですよね。
同行した営業担当者は、当然海外出張が多いですからすでに登録済み。
並んでいる人数は何倍、下手すると10倍以上?くらいでしたが、スムーズに進んでいきます。
結局、わたしのほうが手続きに時間がかかってお待たせしてしまうことになりました。

ということで、先月の「下関」「北九州」の遠征の前に「国際線ターミナル」に立ち寄り。
「自動化ゲート」利用のための登録をしていこうと「登録カウンター」へと向かいます。
海外にいくわけでもないのに、「パスポート」を持って「国際線ターミナル」に降りたつのは違和感がありましたが(^^;

さて、カウンターで用紙を取ると係員の方が出てきます。
そしてなんと、「手続きをしなくても自動化ゲートが使えますよ~」と(いう趣旨を)おっしゃるではありませんか!
これは「パスポート」に登録されている顔写真と、その場で撮影した写真を「顔認証」で照合するというもの。
なので事前登録は一切必要ありません。
「成田空港」「羽田空港」では昨年10月から使用できるようになっているようです。
ということは、わたしが「台湾」に出張したときも使えたんですね~。
ほかに「中部国際空港」「関西空港」「福岡空港」でも使えるようになっています。

ただ「羽田空港 自動化ゲート」でググっても、この件についてはトップに出てきません。
「顔認証ゲート」と入れなければならなかったんですね。
できれば「自動化ゲート」でも結果が出てくれるとありがたいかな?


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-02-01 21:00 | 海外
初めてのゴーアラウンド(着陸やり直し)
1コマ写真@松山出張・その5e


c0081462_21401007.png
「着陸復行後のルート」


2日目は午前中で仕事が終わり。
当初は17:40発の「JL438」便を予約していたのですが、次の日は出勤しなければならないので予約を変更。
1本早い14:50発の「JL436」便に振り替えました。
これですと「羽田空港」の到着が16:10となり、明るいうちに着くことができますので。
予約を変更せずに「松山城」に立ち寄ってからでもよかったんですけどね。

「松山空港」には13時前に到着。
空港内にある「鯛めしかどや」で少し遅い昼食をいただきます。
もちろん前菜にはあの「ちりめんじゃこ天」をつけました。
そしてメインは「宇和島鯛めし」で決まり!
もう1つの名物郷土料理の「さつまめし」がセットになった御膳もありましたが、ご飯が2つになるのでちょっと多いかなと(^^;

さて出発は機材の到着遅れのため、10分遅れの15時ちょうどに変更となりました。
まぁ5~10分程度なら途中の航路にもよりますが、十分取り返せるので気にならないところ。
実際、「羽田空港」の着陸は定刻の16:10少し前になるはずでした。
ですがあともう少しで左手に「浮島公園」が見えてくるか、というところでエンジン音が高まります。
え?と思っていると、今度は機体が上昇を始めるではないですか!
これはもしやの「ゴーアラウンド」!?

その後は「都心」から「船橋」付近、「房総半島」上空を通って大きく1周。
予定の「A滑走路」ではなく、東側の「C滑走路」に約35分遅れで着陸しました。
途中の機内アナウンスによれば、「A滑走路」上に物が落ちている可能性があったためとのことでした。
安全第一ですから遅れるのは問題ないですが、着陸直前で急に上昇するというのは初めてなだけに少々不安でしたね(^^;
ここ数年は飛行機に興味が出てきていて、「ゴーアラウンド」についても知ってはいましたけど。
それにしても、1本早い便に乗ったことでこんな体験ができるとは思いもしませんでした。


PC画面キャプチャ




# by sampo_katze | 2019-01-30 21:30 | 四国