三沢空港のメンチカツバーガー弁当
1コマ写真@三沢・八戸編・その2e


c0081462_21461181.jpg
「ファーストクラスは2個入りの豪華版!」


機材手配の影響で、「羽田空港」の出発が1時間ほど遅れました。
小雪がちらつく「三沢空港」に到着したのは約50分遅れの10:31。
1階の出口から出て、すぐに2階にある売店「スカイマートビードル」へと向かいます。
お目当てはここで売られている「MISAWAメンチカツバーガー弁当」です。

今年3月に訪ねたときに見たんですが、帰りでも買えるだろうな。
なんてタカをくくっていたら、見事に売り切れ!
今思えば最終便が19:00発なので、それまでに売り切れてしまうのは当然の流れでした。

今回は初便なので、ちゃんとありました。
メニューではバーガー2個の「ファーストクラスサイズ」850円と、1個の「エコノミークラスサイズ」600円の2種類があります。
ですがこの日は「ファースト」のみ空席があり、「エコノミー」は満席でした。
すでに売切だったのか?あるいは、この日は入荷なしだったのか?は定かではありません。
それはともかく・・・・・こうなれば迷うことなく「ファースト」を購入しましょう。

購入してすぐ、袋の底を触るとほんのりと温かい・・・・・。
このタイミングで食べれば最高においしいんでしょうね。
ですが、これから「三沢駅」「八戸駅」と移動して13:07発「はやぶさ20号」に乗車する予定になっています。
この間は食べる場所も時間もなさそう。
ただ、「はやぶさ」は贅沢にも「グランクラス」を予約していました。
こうなったら「ファーストクラス」で、「ファーストクラスサイズ」を食べるを実践するしかない!

この日の「三沢市」の気温は‐3℃で、雪がちらついていました。
当然のことながら、「バーガー弁当」は冷めてしまいます。
でも冷めてもおいしいようにと作られた「バンズ」のおかげか、おいしくいただけました(^^)
こんどは温かいうちに食べてみたいな~。
ということは、もう1回訪ねなきゃならないけど!


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-12-10 21:15 | 東北
フライト納めで三沢へ
1コマ写真@三沢・八戸編・その1


c0081462_21000141.jpg
「ミッキージェットがやってきた!」


今日12月8日(土)。
フライト納めとして、「羽田」から「三沢」までひとっ飛びしてきました。

この区間は、今年の3月31日に「マイル修行」のスタートとして乗ったところ。
そのときは「三沢市航空科学館」を訪ねたりしたんですが、1つだけやり残していたことがあったんです。
これを果たさずに年を越せるのか?と思ったので・・・・・と、少々こじつけ感がありますが。

フライトは定刻08:20発の「JL155便」
ところが前日の降雪の影響と思われる機材手配のため、1時間遅れの09:20発に変更となりました!
このことは事前に当日の00:10(!)にはスマホにメールが来ていたので知ってはいました。
また、そのあとの行程には影響が出ないのは幸い。
おまけにこの遅れのおかげで、「ミッキーマウス」をラッピングした特別塗装機を見ることができました!

名称は「JAL DREAM EXPRESS 90」で、「ミッキー」のスクリーンデビュー90周年を記念したもの。
そして1994年にデビューした初代の「ディズニー塗装機」から数えて、ちょうど10機目の節目にもあたるんだそう。
来年3月末までの運航予定とのことなのでまだ時間はありますが、ここで見られたのはほんとにラッキーでした。

ちなみに機材は「B767-300ER」で、レジ番号は「JA602J」
この機体には6月、「羽田」~「伊丹」間で乗ってました。
当時はノーマル塗装だったので、その後特別塗装機に抜擢されたんですね。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-12-08 22:00 | 飛行機
NIFREL-Ⅰ ~ いろにふれる
大阪の生きているミュージアム NIFRELに行こう!編・第2回


c0081462_22003437.jpg
「光の三原色で照らされるいろのゾーン」


「ニフレル」の最初のゾーン、「いろにふれる」の続きです。
このゾーンには、そのコンセプト通りにさまざまな色の生きものたちがいます。
ゾーンを照らす明かりも通常光のほか、赤、緑、青の「光の三原色」が周期的に変わります。
ちょっと不思議な空間なんですよ。


表紙の写真は、「いろにふれる」ゾーンの一部を切り取ったものです。
生きものたちは円形の水槽の中にいて、その真上から光が照らします。
さすがに水槽内が「光の三原色」そのものになってしまうと、中が見づらくなりますからね(^^;





めくるめくようないろの変化・・・
# by sampo_katze | 2018-12-06 22:30 | 水族館 | Comments(0)
大阪の生きているミュージアム NIFRELへ
大阪の生きているミュージアム NIFRELに行こう!編・第1回


c0081462_21460558.jpg
「モノレールのジャンクションと太陽の塔」


前回の「松江」遠征から2週間後の4月20日(金)。
「マイル修行」の第3弾として「大阪伊丹空港」へと飛びました。

ここは「羽田空港」からも近く、06:30から19:30まで1時間おきに出発する高頻度運航路線。
いつでも乗れるとまではいきませんが、搭乗回数を稼ぐには結構向いている路線です。
とはいえただ行って帰ってくるだけではもったいないので、せめて1泊ぐらいはしたいところ。
そこで航空券+宿泊がセットになった「JALダイナミックパッケージ」を調べてみました。
するとなんと、税込で21,600円というおトクなセットを発見!
連休前でやや時期外れということと「タイムセール」だったこともあってか、思った以上に割安だったので即決。
夕方発の便だったので、午後半休をとってのフライトです。

そして、翌21日(土)は夜のフライトで帰京。
結構あわただしいですが、格安に往復できるのですから仕方ありません。
ではどこに行こう?と考えたとき、頭に浮かんだのが「ニフレル」でした。
昨年の夏に「海遊館」を訪ねたとき、ポスターに写っていたのが「ホワイトタイガー」「アクア」
地元からほど近い「東武動物公園」生まれで、4きょうだいのお披露目の日にも訪ねています。
そんなこともあり、大きくなった「アクア」に会ってみたいというのもありました。


表紙の写真は、「大阪モノレール」「万博記念公園駅」付近の様子です。
この駅は「ニフレル」の最寄り駅で、「大阪空港駅」から乗り換えなしでアクセスできます。
「モノレール」ではめずらしい分岐駅でもあるため、レールが多くなかなかの見ごたえ。
その向こうには「万博記念公園」のシンボル、「太陽の塔」の姿を見ることができます。
日没から23時まで、目が発光するようになっているだそうですよ!





万博記念公園の向かいに・・・
# by sampo_katze | 2018-12-04 21:15 | 水族館 | Comments(0)
アサリから出てきた丸いオレンジ色の物体
Intermission


c0081462_21460101.jpg
「真珠かと思ったら」


「アサリ」を食べていたら、中に小さな丸いオレンジ色の物体があるのを発見。
だいぶ以前ですが、「フジ」で放映されていた「トリビアの泉」「真珠はあさりでもできる」と取り上げられたことがあり
その印象があったので、これももしや「真珠」か?と思ってしまいました。
たしかあのときは、スタッフが「真珠」を探して大量の「アサリ」を食べたものの見つからず。
大きさもせいぜい2mm程度にしかならないので、そもそも見つけるのが難しいらしいです。

それからすると、この物体は結構大きい。
とはいえ、目視で確認するには難しいサイズです。
あいにく手元には「ルーペ」などがないので、まずは「iPhone5S」で撮影も接写能力が足りません。
そこで手持ちの機材の中で、もっとも接写できる「Coolpix3100」に登場願いました。
これは2003年3月に発売された機種で、当方の手持ちではもっとも古いもの。
さすがに出番はほとんどありませんが、いまだ現役で稼働しています。

撮った画像を見てみると、周囲に白い管状のものが出ているのがわかります。
よく見るとまるで脚を折りたたんでいるようになっていて、これはどうやら「カニ」のよう。
ということは、何かの「幼生」が中に入り込んで成長したものなのかな?

確証がないのでさらに調べてみると、「カクレガニ」とわかりました。
別名「ピンノ」とも呼ばれる「寄生蟹」とのこと。
「シラス」などにはいろいろな生きものが入っているのをよく見ますが、「アサリ」にもこんな同居人?がいたんですね~。


Coolpix3100




# by sampo_katze | 2018-12-02 21:00 | マクロ
帰路の機体は特別塗装機!のはずが
1コマ写真@徳島出張の続編・その4e


c0081462_14255685.jpg
「普段着に衣替え??」


搭乗する「羽田」行きの飛行機は11:45発の「JL456便」です。
充当される機材は「B767-300」で、「Flightradar」によればレジ番号は「JA656J」
ということは派生型の「300ER」で、かつ「行こう!九州」の特別塗装機です。
「平成28年熊本地震」の復興と「九州」への応援の想いが込められているもので、2016年12月から運航されています。
乗ってしまえばほかの通常機材と変わりませんけど(たぶん)、なんとなく気分はいいものです。

そうこうするうち、折り返し「JL456便」となる「JL455便」の到着が10分ほど遅れるとのアナウンスが入ります。
飛行状況を見てみると、北上してきて空港上空で東に旋回し海に出るところを
1度西に旋回して内陸を飛んだ後に海に出ていました。
空港上空に「∞」を描くような感じですね。
「羽田」を離陸するのに時間がかかり、ほぼ同時間帯に出発する「ANA」「NH282便」との調整があったのかもしれません。

さて、「455便」が展望室の左手から進入してきます。
徐々に機体が大きくなり、ほぼ目の前で煙をあげてランディング!
機体の右側、「スターボードサイド」を見せながら通過していきます。
でもそこに見える姿は通常機と同じで、機体後部にあるはずの特別塗装がありません。
あれ?「ポートサイド」だけなのかなと思い、スポットに戻ってくるのを待ちます。

2500mの滑走路の端まで行って戻ってくるので、5分ほどかかります。
待つことしばし、「ポートサイド」を見せながらやってきた機体にはやはり何もなかった!
運航開始から約2年たつので、どうやら通常塗装に戻ってしまったようです。
まぁ「特別塗装機」は期間限定のものですから、仕方ないですね~。
ちなみに同時に始まった「JAL九州応援プロジェクト」のキャンペーンツアーは、来年6月まで継続されるようです。
今年は「福岡」経由で「宮崎」に出かけたので、来年は「熊本」にも行こうかな?


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-11-30 21:15 | 四国
徳島空港でご当地バーガー
1コマ写真@徳島出張の続編・その3


c0081462_14255166.jpg
「絶妙なバランスで倒れない?」


今回の出張は22日(木)に仕事は終わる予定ではあったものの、終わる時間が読めず。
おまけに翌日から3連休になるとあって、帰京するのは当日夜か?翌日朝か?で悩むところです。
かといってギリギリに飛行機を予約するとなると、満席で取れなくなるリスクも。
「マイレージ上級会員」は空席待ちでの優先がありますが、そもそもキャンセルが出なければ何の意味もありませんし。
そこで事前に23日の昼前の便を予約し、22日の夜も「美馬市」に滞在することにしました。
22日のうちに「徳島市」へと移動しておく手もありましたけどね。

で、23日(金)の8時前に「穴吹駅」を出発し「徳島空港」には10時前に到着しました。
予定していた列車より1本早く乗ってしまったので、「徳島駅」での待ち時間がかなり長くなってしまいましたが。
その後はお土産を買ったり、飛行機を眺めたりして10:30まで時間をつぶします。
その理由は、空港内にある「リッチバーガーファクトリー」の通常メニューが提供されるようになるから。
前回10月に来たときは朝2番の飛行機だったため、「モーニングメニュー」しかありません。
そのため、お目当てにしていた「ご当地バーガー」が食べられなかったんです。
でも今回は搭乗までも1時間以上あるので、余裕を持って食べることができます。

ここの「ご当地バーガー」のメニューは3種類(だったと思う・・・・・)。
今回はその中から「てりやき尾鶏バーガー」(650円)をいただきました。
名前からして地元産の「阿波尾鶏」を使用しているのかな~?
サイズはやや小ぶりですが、宿でしっかり朝ごはんを食べてからそれほど時間がたってないのでちょうどいい感じ。
てりやきにしてはややさっぱり味で、正直ご当地感は少々物足りないです(^^;

もう1つの「とくしまバーガー」には「自家製すだち塩ダレ」が使われているよう。
そちらのほうが、よりご当地感がアップしそうですね。

さらに激辛の「ハンバーギャー」もありました。
こちらは完食すると「認定書」がもらえ、さらに7枚集めると特製ステッカーももらえるんだそう。
って、どんだけ辛いんだよ!
話のタネに食べてみたい気もしますが、さすがにコワイですね~。
辛いのが平気なメンバーが同行したときに試してみるのがよさそうです。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-11-28 21:00 | 四国
山間にある美馬市脇町で海の幸を堪能
1コマ写真@徳島出張の続編・その2


c0081462_14254686.jpg
「瀬戸内産ホウボウの姿造り!」


今回も宿は「美馬市脇町」(みまし わきまち)に取りました。
最寄り駅は「JR徳島線」「穴吹駅」(あなぶき)で、「徳島駅」からは普通列車で1時間~1時間20分ほど。
単線なので途中駅での列車交換がありますが、その有無や停車時間によって所要時間が大きく変わります。
行きに乗った「徳島駅」07:21発の列車は、2駅目でいきなり14分も停車してましたから。
しかもこの列車、「穴吹駅」でさらに38分も停車するというのんびりさ!
なんでそんなに停まるのかと思って調べてみると、その間に普通列車と特急列車それぞれ1本と交換するようです。

「徳島線」は「吉野川」沿いに東西に延びる路線で、「穴吹駅」は河口から直線で約40kmの山間にあります。
駅のある南岸側はやや閑散としていますが、北岸側は江戸時代に「阿波藍」(あわあい)の生産地として栄えたこともあってか
飲食店やスーパーなども多く、今回のような長期出張ではありがたかったですね。

2回目の訪問となった今回、宿の近くにあったお店に2回お世話になりました。
結構内陸なのに、魚介がメインのお店だったのでちょっと意外。
でもまぁ、わたしも同じような場所に住んでいるので不思議でもないんですよね(^^;
それにメニューを見ると肉や麺類に串揚げなどなど、かなり豊富でビックリでした。

1回目は定食をいただきましたが、2回目は魚料理を堪能。
「ホウボウ」があったのはうれしかったですね!
食べるのはこれで2回目ですけど。
次は肉料理も試してみたいな~!
ただ、次があるかは今のところ未定なんですけどね~・・・・・。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-11-26 21:15 | 四国
1ヶ月ぶりにふたたび徳島へ
1コマ写真@徳島出張の続編・その1


c0081462_20534795.jpg
「3種の地ビール」


11月18日(日)から再び「徳島県美馬市」へと出張。
先月の訪問で積み残した案件を処理するための訪問です。
18日のうちに「美馬市」まで行ければよかったんですが、所用のため最終便で移動。
その夜は「徳島駅」近くに宿泊し、翌朝に「徳島線」で移動して同行者と合流しました。
ちょうど通学時間帯でしたが、「徳島駅」発車の時点では混んでなかったのはちょっと意外でしたね。
途中から続々と乗車してきましたが。

初日の仕事を終え、夕食の帰りに近くのスーパーに立ち寄ります。
そこで目にしたのが「地ビール」
「阿波麦酒」が製造しているもので、3種類置いてありました。
ラベルにはご当地らしく「阿波踊り」の笠が乗り、たらいに乗った「タヌキ」が描かれています。
なぜ「タヌキ」なのかは謎ですが(^^;

さて、買ったはいいものの「栓抜き」がないことにあとで気が付きます。
宿のフロントで借りることもできたかもしれませんが、結局最終日の22日(木)に同じスーパーで探して購入。
無事に飲むことができました。
待ったかいがあって?おいしくいただきました(^^)
「徳島駅」地下にある「お土産・駅バル横丁」には、「醸造所」併設のブリュワリーもあるとのこと。
次回訪問する機会があれば、そちらでできたてを堪能してみたいところです。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-11-24 21:00 | 四国
2機が重なって飛んでいる!?
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その6e


c0081462_21304533.jpg
「カメの親子みたい」


3日目の11月11日(日)。
帰りの便は予定より1本繰上げ、「那覇空港」11:20発の「JL904」便に搭乗します。
空港に着いてからの変更だったので少し時間の余裕がなくなってしまいました。
そのため「サクララウンジ」に入ったものの、「オリオンビール」を2杯飲んであわただしく退出。
ただ時間的なものなのかスペース的なものなのか、結構混んでました。
利用客数が多く、今後「第2滑走路」が供用されるようになるとさらに混みそうですね。
リニューアルしたばかりだそうですが、もう少し広い方がよかったのでは?と思います。
まぁ難しかったでしょうけど(^^;

帰りも機材は「B777-300」で、レジ番号は「JA751J」
「Fly to 2020」のスペシャルマーキング機でした。
席は真ん中の島の右通路側(H列)で、またもや機窓の風景を見ることができません。
となると楽しみは「機内誌」「機内エンターテイメント」となります。
また「機内WiFiサービス」も使えるので、「フライトレーダー」で飛行ルートや周辺を飛ぶ飛行機を追うこともできます。

到着まであと30分ほど、「愛知県」から「静岡県」にかけての沖合を飛行中のこと。
前方を飛ぶ機影が目に入りました。
なんと2機が重なるようにして飛んでいるんです!
下は「シンガポール」「成田」行き「ANA」「NH802便」、機材は「B777-300ER」で飛行高度は約35,000フィート(約10,700m)。
上は「那覇」発「成田」行き「ジェットスター」「GK300便」、機材は「A320-200」で飛行高度は39,000フィート(約11,900m)と出ました。
どちらも同じ「成田空港」に向かっていたんですね。

このあとどうなるのか気になりましたが、ずっとモニタしているわけにもいきません。
そこで帰宅後にPCでルートを確認すると、「ジェットスター」機が東方に迂回しているのがわかりました。
やはり遠距離を飛んできた「ANA」機を優先したようです。

こういう形で飛んでいることは結構あるそう。
でも実際に展開されているのを見たのはこれが初めてだったので、楽しめました。


iPhone5S画面キャプチャ



# by sampo_katze | 2018-11-22 21:00 | 沖縄