八甲田丸・遊歩甲板~車両甲板とエンジンルーム
夏の函館~青森訪問2017編・最終回


c0081462_22365632.jpg
「青森ベイブリッジからアスパムまで」


「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」の後半です。

「八甲田丸」は1964年(昭和39年)8月に「津軽丸型」の第2船として就航しました。
「津軽丸型」とは1961年(同36年)から計画された旧船の置き換えにより誕生したグループです。
戦後の「高度経済成長」に伴い増加する輸送力への対応と高速化、操船の自動化や遠隔化などが図られています。
それまでの「青森」「函館」間の所要時間を4時間30分から3時間50分へと大幅に短縮。
そのことから「海の新幹線」とも呼ばれました。

このグループのうち「八甲田丸」と第1船の「津軽丸」、第3船の「松前丸」は3~4か月ちがいで建造されました。
そのためか装備機器の仕様が異なっていたそう。
幸い「八甲田丸」に装備されていたものは第4船から第7船にも採用されました。
「津軽丸」と「松前丸」が耐用年数18年をもって引退したのに対し、「八甲田丸」は延命工事を受けて現役続行。
1988年(同63年)3月の「青函連絡船」の最終日まで運航に従事し、「青森」→「函館」の下り最終便を受け持ちました。
その期間は23年7ヶ月と歴代最長になっています。

同年7月から9月に開催された「青函トンネル開通記念博覧会」では、青森会場のパビリオンとして展示。
その翌年の1989年(平成元年)9月から翌年5月にかけて「三菱重工横浜製作所」「博物館船」への改造工事を受けました。
そして1990年(同2年)7月、展示施設として一般公開され現在に至ります。

「青森」はこれまで何度か訪ねているんですが、「八甲田丸」を訪問するのは今回が初。
特に前回だったかな?その存在を思い出したものの、すでに閉館間近の時間!
とてもじゃないけれど見回りきれないなと思って訪問を断念した記憶があります。
これは「函館」の「摩周丸」も同じで、今回両方を訪れることができました。


表紙の写真は、4階の「航海甲板」にある「展望プロムナード」からの眺めです。
右舷から後方を眺めると「青森ベイブリッジ」「青森県観光物産館アスパム」などが見えます。
空には雲が多かったですが、夏らしい青空ものぞいていて気持ちよかったです(^^)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





青函連絡船の歴史がわかる・・・
# by sampo_katze | 2018-03-13 21:30 | 東北 | Comments(0)
青森の青函連絡船メモリアルシップ・八甲田丸
夏の函館~青森訪問2017編・第8回


c0081462_22361415.jpg
「名前は青森を代表する山から」


「津軽海峡」をはさんで向かい合う「函館」「青森」
かつて、この2つの町を結んでいたのが「青函連絡船」です。
1908年(明治41年)に開設され、「本州」の北端と「北海道」とを結ぶ重要な航路として運航されてきました。
特に1970年代前半には最大で1日30往復もの便が運航されることもあったことも。
ですが、その後は様々な要因により利用客数や貨物数が減少して低迷。
1988年(昭和63年)3月の「青函トンネル」の開業に伴い、その任を終えました。
現在は「摩周丸」「函館」で、「八甲田丸」がここ「青森」でそれぞれ展示されています。
ということで、今回は「八甲田丸」の船内を見学していきます。


表紙の写真は、「青森駅」側にある「可動橋」と「八甲田丸」です。
「八甲田丸」は「函館」で展示されている「摩周丸」と同じく「津軽丸型」と呼ばれるタイプで、その2号船にあたります。
1964年(昭和39年)8月12日に就航し、途中延命工事を受けて1988年3月の終航まで活躍をつづけました。
その間23年7か月で、これは歴代の船の中で最長だそうです。
またこの場所はかつて3つあった岸壁のうち、第2岸壁があったところ。
駅からの線路と船内をつなぐ「可動橋」が残されています。
2011年(平成23年)7月に「摩周丸」、「八甲田丸」そして「函館」の「可動橋」とともに「機械遺産44番」に指定されました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





あのヒット曲が頭に流れる・・・
# by sampo_katze | 2018-03-11 21:00 | 東北 | Comments(0)
青森ねぶたがいつでも見られる!ねぶたの家 ワ・ラッセ
夏の函館~青森訪問2017編・第7回


c0081462_22293549.jpg
「青森の海を臨む架け橋」


7月29日(土)。
この日は「青森駅」の北東側にある「ねぶたの家 ワ・ラッセ」を訪ねました。
夏の「青森」といえば毎年8月2日から7日にかけて開催される「青森ねぶた」
「ワ・ラッセ」は「青森ねぶた」に関する歴史や資料、「ねぶた」本体などを展示する「ねぶた博物館」です。
開館したのは2011年(平成23年)1月5日で、「青森市」が主体となって管理しているとのこと。
真っ赤な外観をした建物なので、かなり目を引きますよ。


表紙の写真は、「ワ・ラッセ」横の広場から眺めた「青森ベイブリッジ」です。
1992年(平成4年)7月に2車線で暫定開業し、1994年(同6年)7月に4車線になりました。
全長は1219mで、県内第2位の長さがあります。
「青森駅」のホームの上も通っていて、ホームはもちろん跨線橋からもその姿を見ることができますよ。
橋の上は歩くことができますがエレベーターがないため、上へはもちろん階段のみ。
展望を楽しむのでしたら有料ですが「青森県観光物産館アスパム」の展望台の方がいいかも?(^^;
左手にあるのは商業施設の「A-Factory」、橋の向こうに見える船は「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」です。
「八甲田丸」については次回アップします。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





1週前でも町はすでに盛り上がっていた・・・
# by sampo_katze | 2018-03-09 23:00 | 東北 | Comments(0)
津山城へ登城するとアプリで
1コマ写真@津山出張・その8e


c0081462_21232790.jpg
「どこでも天守が!」


「津山城」のある「鶴山公園」(かくざんこうえん)。
入園すると高低差があって、攻略?は結構大変でした(^^;

かつての城の建物は「廃城令」によって破却されています。
ですが石垣などは残っていて、唯一「備中櫓」は2005年(平成17年)に復元されました。
近くに「天守台」があるんですが、そこでとある「アプリ」をダウンロードすると「天守」を撮ることができます。
そのような場所が園内には3か所あって、その全てで撮影をすると「スペシャルコンテンツ」をゲット可能に。
園内にあった地図では少々わかりづらいところにありましたので、残りの2か所は意外と苦労しました(汗)

その「スペシャルコンテンツ」とは、どこでも「津山城天守」を撮影できるというもの!
3Dモデルを自由に配置して撮れるというだけのものですが(^^;
拡大・縮小、回転も可能で、撮り方次第でおもしろいものができそうです。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-03-07 21:45 | 山陰・山陽
JR岡山支社のナビゲーター
1コマ写真@津山出張・その7


c0081462_22165590.jpg
「岡山の旅の助っ人たち」


「津山」への往復は「岡山駅」を経由しました。
「姫路駅」からも路線はつながっているので、行き帰りのどちらかはそちらを経由してもいいかな?
そんなことも考えたんですが、調べてみるとちょっとつながりがうまくいきそうもなかったので。

乗り継ぎの「岡山駅」ではめずらしく途中下車。
いつもなら食事は「駅弁」を買って車内でというパターンでしたが、今回は駅外に出向きました。
乗り継ぎの時間にかなり余裕がありましたから。
そしてご当地の名物に舌鼓を打ちました。
たまにはこうしてゆっくりするのもいいものですね。

コンコースには「JR岡山支社」のマスコットがお出迎え。
「くまなく」と「たびにゃん」のコンビです。
今度また「岡山」を訪ねるときは彼らをたよってみようかな?


iPhone5S



# by sampo_katze | 2018-03-05 21:00 | 山陰・山陽
津山では肉三昧!
1コマ写真@津山出張・その6


c0081462_21265528.jpg
「野菜もたっぷり入ったうれしい鍋」


「津山まなびの鉄道館」に置かれていた「津山ホルモンうどんマップ」
その中にはおススメの「津山の牛肉料理」が紹介されていました。
「干し肉」「そずり肉」「煮こごり」「よめなかせ」の4種です。

「干し肉」は「モモ肉」を中心とした部位を天日に干した保存食。
水分が少なく固いイメージですが、焼いたものを食べてみるとそれほど固くなく意外とジューシー。
生肉とちがって味が深くなっているように感じます。

「煮こごり」は「魚」を使って作るのは知られていますが、ご当地では「牛肉」で作ります。
「スジ」「アキレス」「テール」などを煮込んでいるとのこと。
寒い時期に作られていたものなので、夏は食べられないこともあるようですね。

「よめなかせ」は「心臓」につながる「大動脈」のこと。
一般には「ハツモト」「コリコリ」と呼ばれているようですね。
その呼び名は「下処理が大変」とか、「おいしいので嫁には食べさせない」とか諸説あるよう。
今回これは食べませんでしたが。

写真は「そずり肉」を使った「そずり鍋」です。
「そずり肉」とは「あばら骨」からそぎ落とした肉のことで、「そずる」は「削りとる」「こそぐ」という意味だそう。
焼いたり鍋にして提供されますが、ここの鍋は野菜がたっぷり入っていておいしかった!


でもこんなにいろいろとおいしいものがあると、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
正直、ご当地を訪れるまでそこまで期待してなかったのもあったのもありますが(^^;


iPhone5S



# by sampo_katze | 2018-03-03 21:30 | 山陰・山陽
津山のB級グルメ
1コマ写真@津山出張・その5


c0081462_21264903.jpg
「アツアツの鉄板の上に!」


移動日の夜。
さっそく「ホルモンうどん」を食べてみました。
こちらのお店ではアツアツの鉄板の上に乗って、湯気モウモウ&ジュージューで登場。
身もふたもない言い方をすると「焼うどん」なんですよね(^^;
でも、具の「ホルモン」がいいアクセントになっていておいしかったです。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-03-01 21:30 | 山陰・山陽
津山はホルモンの町だった
1コマ写真@津山出張・その4


c0081462_21105597.jpg
「ダジャレで推してます」


「津山」に来る前にちょっと調べものを。
するとご当地グルメの1つとして「ホルモンうどん」が出てきました。
2011年の「B-1グランプリ」でシルバーグランプリ(第2位)になっています。

ご当地では705年(慶雲2年)に「牛馬の市」が開かれた記録があるんだそう。
そんなに古くから肉とのつながりがあったんですね。
それだけに肉の処理もお手のもののようで、特に鮮度が命の「ホルモン」は爆速。
「津山ホルモンうどんマップ」の説明によれば、「牛」を処理ラインに入れて10分以内で完了するとのこと!
おかげでおいしい「ホルモン」が食べられるんですね。

そして「津山駅」の駅舎の壁にはこんなポスターが。
上半分は「津山」の名所や名物が、下半分にはおいしそうに焼きあがる「ホルモン」が載っています。
真ん中にはその2つをつなげるキャッチコピーが「ダジャレ」を交えて入っていました。
下には「幸せホルモンあふれる旅。津山市。」が。
確かにいろいろおいしいものが食べられて、幸せになりました(^^)
ただし、右にあるように「食べ過ぎ、禁モツ。」ですよ~!


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-02-27 21:30 | 山陰・山陽
日本三大平山城の1つ・津山城
1コマ写真@津山出張・その3


c0081462_21104848.jpg
「圧倒的な存在感で迫る石垣」


「津山まなびの鉄道館」を後にします。
2月になって日が伸びてきたこともあり、まだもう1歩きできそうな感じです。
そこで駅の北、「吉井川」(よしいがわ)の向こう側にある「津山城」を訪ねることにしました。
ここは「兵庫県姫路市」にある「姫路城」「愛媛県松山市」にある「松山城」とともに
「日本三大平山城」とされています。

現在残る石垣は1603年(慶長8年)から1616年(元和2年)まで13年をかけて築かれたときのもの。
往時は4重5階の「天守」を中心に77棟もの「櫓」を持っていたそう。
ですが1873年(明治6年)に「廃城令」が発令されると、翌年から2年かけて建物は破却されてしまいました。
1900年(同33年)には城跡が町のものとなり、「鶴山公園」(かくざんこうえん)として整備されます。
多くの「桜」の木が植えられたことで、桜の名所となっています。

この石垣、最も高いところでは地上からf45mもあるんだそう!
実は上に行こうかと思ったんですが、このときは1段上がったところで断念。
石段の段差が結構大きく、歩くのが大変なんですよ・・・・・(^^;
ですが、最終日にもう1度チャレンジできました。
もっとも高い「天守台」の石垣からの見晴らしはなかなかでしたよ。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2018-02-25 21:00 | 山陰・山陽
津山の扇形機関車庫の裏側に
1コマ写真@津山出張・その2


c0081462_21104193.jpg
「ギョロ目の赤ガエル!?」


「津山駅」の西側にある「津山まなびの鉄道館」
ここのメインは1936年(昭和11年)に建設された「扇形機関車庫」です。
17両の「機関車」を収容でき、奥行きは22.1mあります。
現存する中では、20両を収容できる「梅小路機関庫」に次いで国内2番目の大きさがあるそう。
「転車台」がある表側からは保存、展示されている13両をすべて見ることができます。
ですが、裏側は閉じられているので窓越しでの見学になります。
まぁあまり裏側に回ることはないと思いますが(^^;

そんな中、1両だけ裏側からも見ることができる車両があります。
「DD16形ディーゼル機関車」「除雪装置」です。
表側は本体が見られますが、本来は両端にこの「除雪装置」を取りつけて運転していました。
ですが、それだと車庫に収まりきらないためこのように片方だけになったとのこと。

前方を照らすライトが4つ、窓には4つの「旋回窓」も取りつけられています。
かなりユーモラスな見た目だったので、上半分だけ切り取ってみました。
まるで大きな赤い「大ガエル」のようですね。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2018-02-23 21:00 | 山陰・山陽