人気ブログランキング |
青島にある社と森
マイル修行で宮崎訪問編・第3回


c0081462_11035555.jpg
「雨上がりのお社」


「宮崎県」「青島」散策の続きです。
これまで「宮崎県」は何度か訪れているんですが、観光をするのは実は今回が初めて。
それにもかかわらず、ほぼ数時間で折り返してしまうという・・・・・。
今回は「福岡」往復のパッケージに「宮崎」往復を追加したので仕方ありません。
「宮崎」滞在で「福岡」経由とするとかなり割高になってしまうというのありました。
どうしても修行中はフライト数にこだわってしまいますし(^^;

さて、「青島」といって思い浮かぶのは前回紹介した「鬼の洗濯板」と呼ばれるもの。
それ以外は頭に浮かびませんでした(汗)
今回の訪問にあたり調べてみると、島の真ん中に「青島神社」があるのを知りました。

古来から「青島」はそれ自体が神聖な場所。
江戸時代半ばまで旧暦の3月後半にある祭日を除き、一般人が立ち入れなかったとのことです。
また、創建とともに「社殿」が整えられた時期もはっきりしません。
「飫肥藩」(おびはん)を治めていた「伊東氏」によって、1503年(文亀3年)に再興されたという伝承があるよう。
ということで、今回は「青島神社」から見ていくことにします。


表紙の写真は、「青島神社」の「拝殿」です。
こんなに立派な建物が島の中にあるとは思わず、ちょっとびっくり。
そして雨上がりだったからか?空の明るさとのギャップも大変でした(^^;


「青島神社 宮崎県宮崎市青島
 御由緒
  彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)が海宮からお帰りのときの御住居の跡として三神をお祀りしたと伝えられている。
  初めてお祀りした年代ははっきりしていないが、日向土産(ひゅうがみやげ)という国司巡視記(こくしじゅんしき)に
  嵯峨天皇の御宇(ぎょう 約1179年前)奉祟青島大明神(あがめまつるあおしまだいみょうじん)と書いてあったといわれる
  文亀(※ぶんき 室町時代約488年前)以後は藩主伊東家の崇敬が厚く御社殿の改築や境内の保護に万全を尽され、
  明治以後は国内絶無の熱帯植物繁茂の境内を訪ねる人が多く、縁結び、安産、航海、交通安全の神として、
  益々神威(じんい)が輝くようになった。
 御境内
  全島 449.3a 13,479坪 神社所有地
  昔から霊地として一般の入島は許されず藩の島奉行と神職だけが常に入島し一般は旧3月16日島開祭から
  島止祭(同月末日)まで入島を許されていたが元文2年(252年前)当時の宮司長友肥後が一般の参拝者にも入島を許されるよう
  藩主にお願いして許可され以後入島が自由になった。
  昔から聖域として保護されたので植物、岩石が自然のままに残り大正10年3月植物が、昭和9年5月岩石が天然記念物に指定され
  国の保護を受けることになったのである。
     平成元年11月 青島神社社務所」

※説明板より引用、以下同じ
 一部略 文亀:原文では糸へんに亀






神聖な島をめぐる・・・
# by sampo_katze | 2019-05-08 21:00 | 九州 | Comments(0)
宮崎南部のパワースポットへ
マイル修行で宮崎訪問編・第2回


c0081462_11005958.jpg
「787の並び」


「宮崎空港」を少しめぐったあとは、列車で「青島」へと向かいます。
「宮崎」「大分」方面への列車が発着する「宮崎空港駅」と直結しているので便利。
ですが、「青島」は反対方向になるので途中で乗り換えが必要です。
空港からは「宮崎交通」が運行するバスもあって、こちらは乗り換えなしで行けます。
また駅よりもバス停の方が近いので、実はバスの方が便利だったかもしれません。
もっともそれは後で調べて知ったことなんですけどね(^^;


表紙の写真は、改札口から見た「宮崎空港駅」のホームの様子です。
ホームは1本で、その両側に列車が停車します。
この時間(08:40頃)はその両方に特急車両の「787系」が入線しました。
左が「大分」行きの特急で、右はこれから乗る「宮崎」行きの普通列車です。
てっきり一般車両が来るものと思っていたのでちょっとビックリ。
そして「787」という数字を聞くと、つい別のものも想像してしまいます。
以前はそんなことはなかったんですが、ここ最近はすっかり飛行機ばかりなものですから余計にですね・・・・・。





たった一駅だけの特急気分・・・
# by sampo_katze | 2019-05-06 21:00 | 九州 | Comments(0)
福岡空港から宮崎ブーゲンビレア空港へ
マイル修行で宮崎訪問編・第1回


c0081462_10565103.jpg
「博多弁を学ぼう」


ずいぶん久しぶりですが、通常運転に戻します。

「掛川花鳥園」訪問から約1か月後の2018年6月26日(火)。
この日は「マイル修行」「福岡空港」「宮崎空港」との間を飛びました。
この区間は「JAL」だけでも1日に7便も飛んでいる高頻度路線。
しかも1か月前までであれば「先得」「特便割引」もほとんど同じ金額とおトク。
この付近に住んでる方がうらやましいなと思ってしまいました(^^;

さて6月は休日出張があったため、27日(水)との2日間で代休を取得。
25日(月)からでもよかったんですが、月末近くなので前日までの出張の事務処理などをしておく必要がありました。
そこで25日は定時の1時間前まで仕事をし、その後「羽田空港」へと移動。
19:50発「JL335便」で「福岡空港」へと飛び、市内の宿へと入りました。

翌26日は「福岡空港」07:10発の「JL3621便」に搭乗します。
初便を選択したのは、この次の第2便は「宮崎空港」到着が10:30とやや遅くなるので。
であれば、前日の移動はもう少し早くしておきたかったところですが仕方ありません。
幸い寝過ごすことなく、空港に着くことができましたし(^^;


表紙の写真は、搭乗待合室の壁にあった広告です。
そこに書かれているのは「博多弁」の数々。
見れば見るほど独特の言い回しだな、と感じます。




小雨模様の中を出発・・・
# by sampo_katze | 2019-05-04 21:00 | 九州 | Comments(0)
秋田ではいぬバスが走る?
1コマ写真@秋田遠征編・その4e


c0081462_10513071.jpg
「秋田の100円バス」


翌日の4月21日(日)。
「秋田空港」を09:45に出発する「伊丹空港」行き「JL2172便」に搭乗します。
これに接続する「空港リムジンバス」は宿最寄りの「川反入口」を07:50に発車し、空港には08:40に到着します。
ですが余裕を持っていきたいので、かなり早いですが07:03発を利用しました。
これですと、空港には07:50に到着します。

実際には少し早い07:43に着いたのですが、「JAL」のカウンターがオープンするのが07:50。
まさかまだ閉まっているとは思いもしませんでしたが、ほぼオープンするのと同時に着くバスでよかったです。

「川反入口」には「空港リムジンバス」のほか、市内を走るバスもとまります。
そのため「停留所」がいくつかあるんですが、そのうちの1つに「いぬバス」のようなものがありました。
正式には「中心市街地循環バス」、通称「ぐるる」で市街の主要スポットをめぐるそう。
1回の乗車は100円、1日乗車券は300円とかなりおトク。
市内観光にはうってつけですね。


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-05-02 21:00 | 東北
地元のお酒で乾杯しよう!
1コマ写真@秋田遠征編・その3


c0081462_21325282.jpg
「まさかそんな条例があるとは!」


夕食は「川反」(かわばた)にある「酒季亭 比内や」におじゃましました。
地元名産の「比内地鶏」(ひないじどり)が店名に入っているところに惹かれました。
宿から歩いてすぐのところというのも選んだポイントです。
もっとも「川反」は市内でもっとも栄えている繁華街だそうですね。
駅からは少し離れていますが、「空港リムジンバス」も停車するので利便性は高いですよ。

さて、お店は建物の2階にあります。
1階が「ラーメン屋」になっていて、ここでいいんだっけ?と思ってしまいましたが(^^;
建物の右手にある細い階段を上がって2階へ。
上がった先にはこんなものが掲示されていました。
「カンパイ あきた!」まではいいんですが、その下に朱色で「条例」とあります。
え、そんな条例あるの?

調べてみると、2013年1月に「京都市」で制定された「京都市清酒の普及の促進に関する条例」が最初らしいです。
それが各地に広がり、ここ「秋田」でも「秋田の酒による乾杯を推進する条例」が2014年7月に公布されました。
ということは、最初の一杯は地元の「日本酒」でなければダメ?ってそんなことはなく、あくまでも推奨とのこと。
ですので、わたしも最初は「生ビール」で乾杯!
3種の地酒が味わえる「飲みくらべセット」もオーダーし、「比内地鶏」などの料理に舌鼓を打ちました。
今回は「きりたんぽ鍋」を食べてないので、次回は必ず!


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-04-30 21:00 | 東北
秋田空港にある巨大なレリーフ
1コマ写真@秋田遠征編・その2


c0081462_21324605.jpg
「立体感と躍動感にあふれる!」


「秋田空港」のターミナルビル2階は「出発ロビー」
「セキュリティゲート」前に和・洋・中の各レストランが1軒ずつあり、売店や待合スペースがあります。
3軒のレストランの内、朝から営業しているのは洋食の「レストラン そら」1軒のみ。
おもしろいことに、10時までのモーニングメニューでは3種類の「そば」が出ます。
ほかに「トーストセット」があるので、パン党の方も安心?

さて、その入口の右手には大きな「レリーフ」が飾られています。
ご当地「秋田県横手市」出身の漫画家「矢口高雄」さんの代表作である「釣りキチ三平」がモチーフ。
タイトルは「釣りキチ三平・山女魚群泳」で、主人公「三平」とたくさんの「山女魚」(やまめ)が描かれています。
縦3.5m、横6.7mあり、全部で460ピースの「陶板」で造られているとのこと。
近くに立って横から眺めてみると、立体的になっているのがわかります。
特に「山女魚」は形も大きさもリアルな感じで、今にも飛び出してきそうですね。

「釣りキチ三平・山女魚群泳   2016 矢口高雄
 漫画「釣りキチ三平」は、秋田県横手市出身の漫画家・矢口高雄氏の代表作です。
 主人公「三平くん」は三度のメシより「釣り」が大好きという少年で、秋田の山村を舞台に魚を求めて駆けめぐり、
 やがてそのフィールドは日本各地から世界へと発展します。
 が、どこへ行っても、誰とでも秋田弁丸出しでコミュニケーションを図り、たちまち友達の輪を広げて行きます。
 秋田空港のパブリックアートとして、なんともぴったりのキャラクターではないでしょうか。
   陶板レリーフ製作:クレアーレ熱海ゆがわら工房」

※説明板より引用


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-04-28 21:00 | 東北
秋田犬となまはげがお出迎え
1コマ写真@秋田遠征編・その1


c0081462_21323961.jpg
「秋田の二大スターがそろい踏み」


「FLY ONポイント強化月間」でのフライト第3弾は「秋田空港」へと飛びました。
ここへは「羽田空港」から1日に「ANA」が5便、「JAL」が4便がそれぞれ結んでいます。
「秋田新幹線」が通っているものの、かなりの時間を要するのでこれだけ高頻度になっているんですね。

ですが、今回はあえて「伊丹空港」からの便を選択しました。
「羽田」~「伊丹」は「特便割引」を、「伊丹」~「秋田」間は「ダイナミックパッケージ」を利用。
後者はポイントが通常の半分以下になりますが、キャンペーンを利用すればトントンになります。
しかも宿泊費込みなのでトータルでは安くなりますからね。
ちなみに「伊丹」とを結ぶ便は「ANA」、「JAL」ともに3便ずつ。
「羽田」便同様にそれぞれ朝から夕方まで、まんべんなく飛んでいます。

さて、「伊丹空港」から「秋田空港」への搭乗便は第2便。
出発が少々遅れたため(といってもたった7分)、到着は14:18でした。
ここから「リムジンバス」に乗って市内へと移動しますが、本数はそこそこあるので1本見送り。
次の15:25発に乗ることにして、空港内を歩いてみることにします。

「手荷物受取所」の出口扉のすぐ横にあるこちら。
真ん中に大小の「秋田犬」のぬいぐるみが並び、脇を「なまはげ」の面が固めています。
どちらも「秋田」を代表するスターたちですね。
置かれている場所が2つある扉の間なので、気づかずに進んでしまいそう。
「秋田空港」に降りたったら、出口を出て振り返ることをお忘れなく。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-04-26 21:00 | 東北
南海の関西空港駅にある名画
1コマ写真@大阪・関空編・その3e


c0081462_22454036.jpg
「画材は切符!」


「関西空港駅」には定刻通り到着しました。
「難波駅」からは特急「ラピート」で37分、「空港急行」でも45分で着きます。
実はそれほど変わらないんですね(^^;
でも「ラピート」は快適ですし、大きな荷物を置けるスペースもありますから。

到着後、後寄りの「エスカレーター」で2階に上がります。
そこから左手に進むと、名画2点が飾られていました。
遠目には「モザイク画」のように見えますが、実は使用済みの「切符」を使って描かれているんです。
白いのは表の券面で、黒いのは裏側の磁気記録面です。
表の日付などの文字は、経年劣化で消えてしまっているみたいですが。
なお、こちらの「ミレー」「落穂拾い」はなんと131516枚も使われているとのこと!
製作にどれくらいの時間がかかったんでしょうね(^^;

ここにはもう1点、「ダ・ヴィンチ」「モナ・リザ」も飾られていました。
そして、このほかにあと2点あるようです。
ということで、「関西空港駅」にはぜひ「南海」を利用しましょう??


iPhone5S




# by sampo_katze | 2019-04-24 21:00 | 関西
南海の難波駅はレトロで豪華!
1コマ写真@大阪・関空編・その2


c0081462_22444203.jpg
「来年、米寿を迎えます」


「伊丹空港」から「関西空港」への移動はいくつもルートがあります。
もっとも簡単なのは「リムジンバス」で直接向かうパターンですね。
何しろ乗り換えがないからですが、それはそれでちょっとおもしろくない。

そこで「難波駅」(なんば)から「南海電鉄」を利用することにしました。
しかも特急の「ラピート」「スーパーシート」に乗ります。
「南海」ではキャンペーンを行っていて、「チケットレス」を利用すると「レギュラーシート」と同じ料金で
「スーパーシート」を利用できるようになっていました。
終了日は今のところ未定のそうですが、このまま定着してしまうんじゃないでしょうかね。

さて、「伊丹空港」からは「リムジンバス」で「難波駅」まで移動しました。
電車ですと乗換駅での移動がちょっと面倒そうな感じがしたので。
特に「梅田駅」は慣れてないからか、かなり迷うんですよね(^^;

で、到着した「南海」の「難波駅」の建物を見てビックリ!
なんともレトロで豪華な外観をしているではないですか。
後で調べると、1932年(昭和7年)7月に竣工した建物なんだそう。
じっくり眺めてみたかったところですが、乗車する「ラピート」の発車まであまり時間がなく断念。
ちょっともったいなかったですね。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-04-22 22:00 | 関西
DREAM EXPRESS 90と富士山
1コマ写真@大阪・関空編・その1


c0081462_22434476.jpg
「富士山を背景にして到着!」


4月は「FLY ONポイント強化月間」
ステータス会員限定で、指定した1か月間は「FLY ONポイント」が2倍になるキャンペーンがあります。
わたしは4月をその月間にしています。
で、第2週の4月13日(土)は「関西空港」へと出かけました。

ここは「羽田空港」から1日3便飛んでいるんですが、7時、13時、21時とばらついています。
第1便に乗れればいいんですが、さすがに前泊しないと無理。
ということで、行きは09:30発の「伊丹空港」行きを利用しました。

この日は朝からいい天気。
しかも、搭乗機に「JAL DREAM EXPRESS 90」の特別塗装機「JA602J」が充当されるとのこと。
となれば、到着するところも目の前で見たいところ。
「サクララウンジ」に入り、到着する「15番ゲート」がよく見えるところに座ります。
奥にはちょっとモヤってますが、「国際線ターミナル」越しに「富士山」も見えてなかなかいいシチュエーション。
手前に、工事によるものと思われる黒土の小山がちょっと残念ですが(^^;

しばらくすると早朝に「福岡空港」を発った「JA602J」が「RWY34L」に着陸。
折り返し誘導路を戻ってくるところをとらえました。
これまで何度か見たことはありましたが、今回はこれに搭乗できる!
この機は見た目だけでなく、機内も特別仕様になってますからね。
そう思うとテンションが上がりました。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-04-20 21:00 | 関西